累計経営者579人に取材、掲載社数311ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを紹介

スマホ・ソーシャル業界の起業家インタビュー

株式会社エイチーム 代表取締役社長 林 高生

スマホ・ソーシャルニッポンの「チーム力×開発力」で名古屋から世界市場を席巻してみせる

株式会社エイチーム 代表取締役社長 林 高生

リリースから1年3ヵ月で全世界のダウンロード数が700万を超えた『ダークサマナー』を開発。マザーズ上場から史上最短の233日で東証一部へ昇格――。名古屋市に本社を構えるエイチームは、いまもっとも注目を集めるITベンチャーのひとつだ。しかし、創業から6年間は業績低迷が続き、先が見えない状態であったという。どのようにして会社を立て直し、ヒット作品を生むことができたのか。代表の林氏に聞いた。

※下記はベンチャー通信53号(2013年7月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

―御社は2012年4月にマザーズへ上場し、わずか7ヵ月後には東証一部へと市場変更しました。なぜ、これほど急成長できたのでしょう。

林:高い組織力を発揮できるからです。当社は個人よりもチームで活躍することをうながしています。そのために、部署ごとにチームを細分化し、収支に責任を持たせています。また、定期的にグループ勉強会を開催。社外研修に参加したメンバーが、学んだ知識をチームにフィードバックしています。

―なぜ、そこまでチーム力を高める必要があるのですか。

林:「みんなで幸せになれる会社」を目指しているからです。そのため、当社は人物重視の採用を行っています。スキルがあっても性格が問題では、チームでの活躍は見込めませんから。それに、スキルは入社後に身につきます。

―採用では工夫した取り組みもありますね。

林:当社は「エイチームキャンプ」というITエンジニア養成プログラムを実施。未経験者を時給800円のアルバイトで募集し、3ヵ月間でプログラミングを学んでもらうものです。優秀な人は契約社員として採用し、現在15名が現場で活躍しています。彼らを教えるのは、当社の中堅プログラマー。スキルはもちろん、チームワークを大切にする私たちの姿勢を同時に指導できます。

―そのほかに、成長の要因はありますか。

林:創業以来、挑戦を続けてきたことです。たとえ失敗しても、そこから学んで次に活かせばいい。『ダークサマナー』も、100本以上のソーシャルゲームの失敗を糧に生まれたんです。私自身、高い数値目標を掲げ、つねに挑戦してきました。中期経営計画を5年スパンで設定し、2009年に掲げた目標も達成のメドがついています。いずれも、簡単に達成できない数値目標でした。しかし、普通の目標では急成長できないと思ったんです。

―目標が高すぎると、スタッフが不安になりませんか。 

林:確かに、スタッフも「年商100億円」という目標を聞いた直後は戸惑ったかもしれませんね。でも、理にかなった目標であれば、金額は関係ありません。当時は、スマートフォン(以下、スマホ)が普及しはじめたとき。フィーチャーフォン向けゲーム開発がメインの当社には逆風でした。でも、スマホ市場へ経営資源を集中投資すれば、5年後の年商100億円が見えてくる。それを実現する戦略を具体的に話すと、スタッフは納得してくれました。大切なのは、合理的かつ高い目標を掲げること。そして、全社で共有すること。それをクリアすれば、成長の壁を突破できます。成長市場を見極める大切さは、日本を代表するITベンチャーの傾向でもわかります。Yahoo!JAPANや楽天など、大手ITベンチャーの経営者は技術者出身ではありません。でも、彼らにはIT時代の到来を予測する洞察力があった。サービスは、市場を見極めたあとでも形にできます。「まず、どの市場に一番将来性があるのかを考えてね」。社員が新しい企画や事業に挑戦するときには、つねにこう話しています。

―チームワークを強化する仕組み、合理的かつ高い目標へのチャレンジ、成長市場への集中投資。この3つの要因が、現在の成長につながっているのですね。創業時から経営は順調だったのですか。

林:いえ。これまでは厳しい道のりでした。とくに、創業から6年間は本当に大変でしたね。  当時のエイチームは、知名度もなければアピールすべき経営理念もない。集まってくれたのは、社会人として未熟な人材でした。たとえば、始業時間は10時なのに、16時に出社してくるんです。当時、事業は携帯サイトの受託制作がメインでしたが、納期が非常に短かった。「クレームを受けたくないから」と、スタッフが電話に出ない。組織も事業も負のスパイラルに陥り、スタッフが疲弊してしまいました。このままではいけないと一念発起したんです。

―どのようにして会社を変えたのですか。

林:きっかけは2冊の本との出会いでした。1冊目は『非常識な成功法則』という本。「夢は紙に書くことで実現できる」といった内容で、実際にそれを実践しました。書いた内容は「2年以内に売上を10倍にする」「下請けをやめて、自社のサービスを作る」のふたつです。その目標をどうしたら実現できるのか――。その当時に思いついたアイデアを具体的に紙に書いて、目標を細分化しました。そのなかのひとつにあった「携帯電話向けゲームを開発する」が、無事に成功して下請けから脱却できました。

2冊目は、『「仕事ごころ」にスイッチを!』というビジネス書。事業面では軌道に乗り始めたのですが、社内の雰囲気はそれほど良いわけではなく、私自身マネジメント経験もなかった。組織づくりについて、非常に悩んでいた時期に出会った本です。内容は「必ず打ち上げをやる」「相手をねぎらう」「相手の良いところをほめる」といったものでしたが、すがるような思いで書かれていることを徹底的に実践したんです。最初は、スタッフのみんなも恥ずかしそうでしたが、雰囲気も徐々に良くなり、現在のエイチームの「お互いを認め合う」という風土の元となっています。

その他のスマホ・ソーシャル起業家の記事

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

ベンチャー通信

ベンチャー通信
ベンチャー情報雑誌

「ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを取材」をコンセプトに編集している、2000年創刊のベンチャー情報雑誌です。

ベンチャー通信への掲載・取材希望の方

ベンチャー企業の採用力強化、自社の成長性・知名度アップのため、ベンチャー通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

  • ベストベンチャー100
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • 人財力100 人材採用と育成に力を入れている100社
  • 活躍しているエンジニアの職場を取材!Tech通信ONLINE
  • INOUZ Times

ベンチャー通信メールマガジン

ベンチャー通信注目の企業や、ビジネスニュースなどの情報をお知らせします。

ご登録はこちら

pagetop