累計経営者579人に取材、掲載社数311ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを紹介

著名起業家インタビュー

株式会社オールアバウト 代表取締役社長 江幡 哲也

著名起業家リクルート出身のITベンチャー社長

株式会社オールアバウト 代表取締役社長 江幡 哲也

リクルートで次々と新規事業を立ち上げ、オールアバウトを起業した江幡哲也。彼は、10年前に10年後の世の中の変化を予想し、その変化の本質を見極め、 5年前に事業を興した。最初の2年は、社会に理解されず売上げも伸びなかったが、江幡の想いがブレることはなかった。来たるべき未来を見つめ、本質的に正しいことをしているという自信があったのだ。10年後、彼の予想は現実となり、今年オールアバウトはジャスダック市場に上場。しかし、これも彼にとってはただの通過点に過ぎず、彼は世の中の変化を自らで加速させていっている。

※下記はベンチャー通信16号(2005年12月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

―まず、簡単に御社の事業内容を教えてください。

江幡:インターネット上で専門家がガイドする総合情報サイト「All About」を運営しています。300を越えるテーマでその道のプロである専門家が、自分のプロフィールを公開して、信頼できる情報を提供したりナビゲートを行う総合情報サイトになります。今では、月間に約 1,200万人の方に利用していただいています。

―大学卒業後、リクルートに入社された理由って何ですか?

江幡:リクルートなら、普通の会社の2倍、3倍の経験ができると思ったからです。と言うのも、私の父が中小企業の経営者で、父が引退したら後を継がなくてはならないかもしれないと思っていた。父が60才のときに、私は35才になる。そう考えたら、ビジネスマンとしては10年ぐらいしか期間がない。だから、短期間でいろいろな経験ができそうなリクルートを選びました。

―リクルートに入ってみて、どうでしたか?

江幡:周りが向上心の高い優秀な人ばかりだったので、最初は不安でしたね(笑)。しかし、そんな中、最初から情報通信系の新規事業に関われたのは大きかったですね。新規事業ですから、先輩も新人も経験に差がなく、いろいろな仕事を任せてもらえました。しかも、情報通信系の事業でしたから、仕事の経験を培うとともにITの素養も身につけることができました。その後、FNXというFAXネットワーク事業で営業を経験したことも大きかったですね。様々な業界、企業に対して営業をする中で「なんて世の中って不便なのだろう、不条理なのだろう」という感情を強く持てましたから。そのような意味で、リクルートでの経験は、現在の自分の力のベースを作ったと言えますね。

その他の著名起業家の記事

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

ベンチャー通信

ベンチャー通信
ベンチャー情報雑誌

「ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを取材」をコンセプトに編集している、2000年創刊のベンチャー情報雑誌です。

ベンチャー通信への掲載・取材希望の方

ベンチャー企業の採用力強化、自社の成長性・知名度アップのため、ベンチャー通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

  • ベストベンチャー100
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • 人財力100 人材採用と育成に力を入れている100社
  • 活躍しているエンジニアの職場を取材!Tech通信ONLINE
  • INOUZ Times

ベンチャー通信メールマガジン

ベンチャー通信注目の企業や、ビジネスニュースなどの情報をお知らせします。

ご登録はこちら

pagetop