累計経営者579人に取材、掲載社数311ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを紹介

IT業界の起業家インタビュー

株式会社エイ・エヌ・エス 代表取締役 赤澤 博史

IT初期コストゼロでフルオーダーメイドの業務システムを構築

株式会社エイ・エヌ・エス 代表取締役 赤澤 博史

創業から21年連続で黒字経営を果たしているソフトハウスがある。過去300社のシステム構築の実績を誇るエイ・エヌ・エスだ。そして、同社は2010年に革新的なシステム構築サービス「IT-Agent」をリリースし、ベンチャー企業から高い支持を集めている。今回は代表の赤澤氏に、「IT-Agent」誕生の背景、今後のビジョンなどについて聞いた。

※下記はベンチャー通信43号(2011年3月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

―御社の事業の中で、特に力を入れている事業を教えてください。

赤澤:「IT-Agent」という業務システムの構築・運用サービスです。クライアントの業務内容に合わせてフルオーダーメイドで業務システムを構築し、その運用までを行っています。このサービスの最大の特徴は、「初期コストゼロ」という点。これは業界の常識を覆すサービスです。従来、業務システムをフルオーダーメイドで構築すると、最低でも500万円以上かかりました。大規模なシステムになれば、数億円かかることもザラです。そのため初期コストがネックになり、業務システムの構築を断念する企業も多かったんです。そこで、当社は初期コストを「ゼロ」にして、月額最低10万円の運用費のみを頂いています。もちろん運用費を頂くので、運用サポートにも力を入れています。専任のエンジニアがシステムを管理し、セキュリティ対策やデータのバックアップ、万一のトラブルサポートにも対応しています。

―フルオーダーメイドにもかかわらず、「初期コストゼロ」というのはすごいですね。なぜこのようなサービスを提供しているのですか。

赤澤:顧客の役に立つためです。クライアントがシステムを導入する目的は、あくまでも「自社の利益向上」です。具体的には、業務を仕組み化して人件費を削減するため、財務情報をリアルタイムで把握して経営のスピード化を図るため、新サービスを立ち上げて売上を伸ばすためなど。そういった目的を実現するために、システムを導入するわけです。しかし、従来のシステム開発サービスでは、「システムを納品する」ことばかりが重視され、「システムが稼働して現場で利益を生み出すこと」がおざなりになっていたんです。

―なぜクライアントの利益向上がおざなりになっていたのでしょうか。

赤澤:その原因はソフトハウスのビジネスモデルにあると思います。一般的にソフトハウスはシステム納品後に費用を一括請求しています。このビジネスモデルだと、ソフトハウスは「クライアントの言う通りにシステムを構築し、納品したら自分たちの仕事は終わり」という発想に陥りがちです。つまり、納品後の成果には責任を負わなくなるんです。その結果、納品されたシステムが、自社の業務と適合せずに使えなかったというケースは非常に多い。「日本のITシステムの7割近くの機能が使われていない」と言われているくらいです。しかし他の業界ならば、こんなことは許されませんよね。使えないサービスを提供してお金を頂くなんて、ありえません。

―システムの納品が目的化し、顧客の利益を考えなくなるわけですね。

赤澤:その通りです。そこで、当社は徹底的に顧客視点に立ったサービスを提供したいと考えました。だから、業界の常識を覆し、システム構築の初期コストを「ゼロ」にしたんです。さらに「IT-Agent」は月額サービスなので、クライアントと長期にわたってお付き合いすることを前提にしています。だから、無責任に「使えないシステム」を構築することはありえません。クライアントが現場でシステムを使うことを想定し、「本当に使えるシステム」だけを構築しています。

その他のIT起業家の記事

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

ベンチャー通信

ベンチャー通信
ベンチャー情報雑誌

「ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを取材」をコンセプトに編集している、2000年創刊のベンチャー情報雑誌です。

ベンチャー通信への掲載・取材希望の方

ベンチャー企業の採用力強化、自社の成長性・知名度アップのため、ベンチャー通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

  • ベストベンチャー100
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • 人財力100 人材採用と育成に力を入れている100社
  • 活躍しているエンジニアの職場を取材!Tech通信ONLINE
  • INOUZ Times

ベンチャー通信メールマガジン

ベンチャー通信注目の企業や、ビジネスニュースなどの情報をお知らせします。

ご登録はこちら

pagetop