累計経営者579人に取材、掲載社数311ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを紹介

IT業界の起業家インタビュー

有限会社コロン CEO 代表取締役社長 浜田 研史

IT常に進化を続けるモバイルコミュニティサイトのパイオニア

有限会社コロン CEO 代表取締役社長 浜田 研史

従業員数45人のベンチャーでありながら、10年連続増収増益、年商39億円を誇る企業がある。モバイルを活用したコミュニティサイトを企画・運営しているコロンだ。同社は大手モバイル企業に先駆けて、モバイルコミュニティサイトを立ち上げたパイオニア。同社代表の浜田研史氏は、「売上の成長は、ユーザーのニーズに応えてきた結果に過ぎない」と話す。250万人ものユーザーの心をつかんだ秘密や今後のビジョンを聞いた。

※下記はベンチャー通信43号(2011年3月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

―まず御社の事業内容を教えてください。

浜田:携帯電話やスマートフォンなどモバイル向けのコミュニティサイトやクイズ配信サイト等を運営しています。主要事業であるコミュニティサイトは開設以来10年の歴史があり、会員数はのべ250万人、月間アクセス数は数億件に達しています。当社が事業をスタートした頃は、まだブログもSNSも誕生していませんでした。そんな中で、最初はモバイル向けの掲示板から始めて、ブログ、SNSへとメディアを進化させてきました。そして今後はサイトのオープンプラットフォーム化を進め、よりユーザーに支持されるコミュニティサイトを目指していきます。

―御社は2001年から連続で増収を続けています。その成長の理由は何ですか。

浜田:正直なところ、最大の要因はモバイル端末の台数が伸びたことです。携帯電話を持つ人の増加に比例するように、当社の会員数も急速に伸びました。つまり、時代の流れに乗ることができたわけです。もちろん市場の拡大に伴い、コミュニティサイトビジネスに参入する業者も増えました。その中で当社がリーディングカンパニーの一つとして成長を続けることができたのは、モバイルサイトに特化していたことが大きいと思っています。あえてPCの分野には参入せずモバイルに経営資源を集中させた。だからこそ、ユーザーの細かなニーズに応えるサービスが実現できたのだと思います。

―250万人ものユーザー数を獲得しているのはすごいことだと思います。サイト運営において、どのようなことを重視しているのでしょうか。

浜田:大切なのは、ユーザーの心をつかむことです。「ユーザーの声を聞く」とも言えますが、ここは非常に難しいところです。単にユーザーの要望を聞けば、サイトの価値向上につながるわけではないからです。むしろユーザーがまだ声にしていない本質的なニーズをくみ取り、時代の半歩先を行くサイトをつくる。ただ、時代の先を行きすぎて、ユーザーが想像してもいない最新技術を導入してもダメ。そのバランスが大事ですね。繰り返しになりますが、やはりビジネスの基本はユーザーの目線に立つことです。たとえばサイト内で使う用語、一つとってみてもそうです。社内では当たり前のように使っている言葉も、ユーザーに理解できるか徹底的に考える必要があります。徹底した顧客視点を持てば、どんなビジネスでもうまくいくと思います。

―御社の今後のビジョンについて教えてください。

浜田:まずモバイルコミュニティサイトで国内ナンバーワンを目指したいと考えています。競合には、「GREE(グリー)」、「モバゲータウン」、「mixi(ミクシィ)」など、いわゆる3大SNSもありますが、当社にはこれらの企業が誕生する前からサービスを提供してきた経験とノウハウがあります。今後はさらにマッチングを重視したユーザー同士のコミュニケーションをさらに深化させ、ユーザーに選ばれるサイトを目指します。また、これから入社する社員には、ぜひ会社を引っ張っていってほしいですね。若い感性に期待しています。私もモバイルツールには詳しいつもりですが、新入社員の皆さんのほうがユーザーの年齢に近い。ですから、ユーザーの視点で、新しいサービス、さらには新しい事業を積極的に提案してほしいと思っています。

浜田 研史(はまだ けんし)プロフィール

1962年、鹿児島県生まれ。学生時代からいくつものビジネスの立ち上げを経験。1998年に有限会社コロンを設立し、CEO代表取締役社長に就任。

企業情報

設立 1998年8月3日
資本金 300万円
売上高 39億円(2010年5月期)
従業員数 45名
事業内容 Webコンテンツ(PC・モバイル)の企画、制作、運営管理 通信事業のシステム開発、インターネット広告、宣伝、販促に関する企画、制作
URL http://www.colon.ne.jp/

その他のIT起業家の記事

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

ベンチャー通信

ベンチャー通信
ベンチャー情報雑誌

「ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを取材」をコンセプトに編集している、2000年創刊のベンチャー情報雑誌です。

ベンチャー通信への掲載・取材希望の方

ベンチャー企業の採用力強化、自社の成長性・知名度アップのため、ベンチャー通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

  • ベストベンチャー100
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • 人財力100 人材採用と育成に力を入れている100社
  • 活躍しているエンジニアの職場を取材!Tech通信ONLINE
  • INOUZ Times

ベンチャー通信メールマガジン

ベンチャー通信注目の企業や、ビジネスニュースなどの情報をお知らせします。

ご登録はこちら

pagetop