累計経営者579人に取材、掲載社数305ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを紹介

IT業界の起業家インタビュー

イーファクター株式会社 代表取締役社長 佐藤 航陽

IT最先端のWebマーケティングを武器に、グローバルカンパニーを目指す

イーファクター株式会社 代表取締役社長 佐藤 航陽

※下記はベンチャー通信42号(2010年12月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

―どのような人材が「優秀」と言えるのでしょうか。

佐藤:優秀な人材には、3つの条件があると考えています。1つ目は、強い向上心を持っていること。高い目標を掲げ、その目標に向かって邁進する。向上心こそ、あらゆるエネルギーの源ですから。2つ目は、問題解決能力が高いこと。仕事は問題解決の連続です。特にベンチャー企業では前例のない仕事が多く、常に問題が山積しています。だから当社で活躍するためには、いち早く問題を発見し、解決できる力が必要なんです。3つ目は、仕組みを構築できること。すでにできあがった仕組みの中でルーチンワークをこなすのではなく、誰でも同じクオリティの業務ができる仕組みを構築し、オペレーションに落とし込む力が必要です。

―一般的にベンチャー企業は優秀な人材の採用が難しいと思います。御社では、どのようにして優秀な人材を集めているのですか。

佐藤:たしかに、当社はまだまだ小さなベンチャー企業です。大企業に比べれば不十分な点もあるでしょう。しかし、当社には大きなビジョンがあります。それは日本発のグローバルカンパニーになること。ですから、採用面談ではこのビジョンを私が熱く語っています。このビジョンに共鳴し、当社の可能性を信じてくれた人が当社に入社してくれるわけです。また、当社のメンバーも積極的に採用活動に取り組んでくれています。大きなビジョンを実現するため、彼らも知り合いづてに優秀な人材を集めてくれているんです。おかげで、優秀な人材が優秀な人材を呼ぶ好循環が生まれています。

―最後に、御社の今後のビジョンを聞かせてください。

佐藤:まずフラッシュマーケティング事業で国内圧倒的No.1を目指します。フラッシュマーケティングは、数年後には国内で2,000億円の市場規模が見込まれています。当社は、このマーケットに草創期から参入し、実績とノウハウを蓄積してきました。その実績とノウハウを活かし、圧倒的なシェアを獲得したいと思っています。  さらに、2013年までにIPOを果たしたいと考えています。そしてIPO得た資金をもとに、物販、金融、不動産などの分野にも進出していきたいですね。その際は、国内だけでなく、アジア諸国にも事業を展開していくつもりです。そして将来はアジアを軸に、世界中にビジネスを展開するグローバルカンパニーになりたいと思います。

佐藤 航陽(さとう かつあき)プロフィール

1986年、福島県生まれ。2007年9月にイーファクター株式会社を設立し、代表取締役社長に就任。不況下でも、同社を400%超の成長に導いている。

企業情報

設立 2007年9月
資本金 1,090万円
従業員数 35名
事業内容 検索エンジンマーケティング、フラッシュマーケティング
URL http://e-factor.jp/
お問い合わせ電話番号 03-5155-6733
お問い合わせメールアドレス recruit@e-factor.jp

その他のIT起業家の記事

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

ベンチャー通信

ベンチャー通信
ベンチャー情報雑誌

「ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを取材」をコンセプトに編集している、2000年創刊のベンチャー情報雑誌です。

ベンチャー通信への掲載・取材希望の方

ベンチャー企業の採用力強化、自社の成長性・知名度アップのため、ベンチャー通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

  • ベストベンチャー100
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • 人財力100 人材採用と育成に力を入れている100社
  • 活躍しているエンジニアの職場を取材!Tech通信ONLINE
  • INOUZ Times

ベンチャー通信メールマガジン

ベンチャー通信注目の企業や、ビジネスニュースなどの情報をお知らせします。

ご登録はこちら

pagetop