累計経営者579人に取材、掲載社数287ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを紹介

ベンチャー通信編集部注目の起業家インタビュー

注目生涯を懸ける夢を20代で見つけ出し、最短距離で成長を目指せ

株式会社ハイパーインターネッツ 代表取締役 家入 一真

※下記はベンチャー通信47号(2012年5月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

―ここからは、家入さんのベンチャー論を聞いていきたいと思います。「日本は起業を目指す人が少ない」と言われていますが、そういう実感はありますか。

家入:僕は日本しか知りませんが、そんなことはないと思います。特に昨年くらいから、学生や新卒で起業する人が増えている印象があります。だから、スタートアップ投資を行う会社が増えているし、上場準備企業も増えている。バブルと言われることもありますが、悪いことじゃないと思います。就職しても一生保障されるわけじゃないし、高い給料をもらえるわけじゃない。だから、みんな将来に悩んでいると思うんですよね。その中で「起業」という道は、「就職」と同じように選択肢の中に入ってきている。ここ数年で起業のハードルが下がってきたと思いますね。

―家入さんは別会社でベンチャーキャピタル事業も行っていますよね。

家入:もともと個人で※エンジェルのようなことをやっていたんですが、本格化するために会社を設立しました。現在は30社くらいのアーリーベンチャーに投資しています。正直に言って、すべての企業がうまくいくとは思っていません。でも300万円くらいあれば、チャレンジはできる。その機会を与えてあげたいんです。当然、投資するからにはリターンも欲しいですが、それは目的じゃないですね。

※ エンジェル:ベンチャー企業への資金提供や事業支援を行う個人投資家のこと。

―ベンチャー企業に投資する際、どのような点を重視していますか。

家入:事業そのものには、あまり興味がありません。それよりも、どういう人がやるのかに興味がある。どんな性格なのか、どんな想いでこのサービスを始めるのか。たとえば、「会社が倒産しても、いつか立ち直って成功する」と思える人だったら、ビジネスの内容は関係ない。やはり、人間が一番大事です。ただし、事業は個人向けサービスに絞っています。その分野なら、デザインやインターフェースのアドバイスができますから。スタートアップ支援の会社はたくさんあるので、僕だからできることをしたいですね。

―起業家に必要な資質は何ですか。

家入:いろいろな人がいるので、難しいですね。僕が好きなのは、自分の欲望に素直な人。社会貢献など理想が高いのは素晴らしいのですが、話がふわふわしていることが多い。だから、個人的にはおもしろみを感じません。それよりは「モテたい」とか、「金持ちになりたい」とか、自分の欲望をモチベーションにしている人が好き。そして、負けん気が強い人も起業家向きだと思います。

―家入さんが憧れている起業家はいますか?

家入:思い浮かびません。憧れた時点でその人に負けた気がするので、あまり認めたくないんです。たとえばGMOインターネットの熊谷さんは尊敬していますが、憧れているわけじゃない。僕は熊谷さんのようになれないし、ならないと思います。ムカつく起業家だったら、グリーの田中君(笑)。いや、仲良いんですよ。よく飲むし、毎年誕生会も開いています。僕と田中君だけじゃなくて、内藤君(ドリコム代表取締役社長)、杉本君(エスグラントコーポレーション創業者)、西澤さん(ネオキャリア代表取締役)など、5~6人のメンバーで誕生日を祝っています。笠原さん(ミクシィ代表取締役社長)は最近会っていませんが、近藤さん(はてな代表取締役社長)はたまに参加していますね。

―みなさん同世代の起業家ですよね。

家入:そうですね。厳密には、内藤君だけが僕と同い年で78年生まれ。他はもう少し上で、76世代と言われています。でも下の世代がどんどん成長しているので、常に焦りを感じています。僕は33歳なんですが、決して若くない。たとえば、堀江さん(元ライブドア代表取締役社長CEO)が33歳の時はニッポン放送買収騒動が終わり、国会議員に立候補していました。そういうことを考えると焦りますね。

―最後に、若者へのメッセージをお願いします。

家入:やりたいことをやればいいと思います。大変な時代かもしれませんが、いま踏ん張った人が未来の日本を変える気がします。就職も悪いことじゃありませんが、やりたいことがあるなら一度チャレンジすればいい。「何かを始める」ということにおいて、今はチャンスです。だから、自分のやりたいこと、自分だからできることを改めて見つめ直すべき。おもしろいことは応援するので、Facebookで連絡してください。

家入 一真(いえいり かずま)プロフィール

1978年、福岡県生まれ。デザイン会社、コンピューターシステム会社にてウェブデザインの技術を習得。2001年に合資会社マダメ企画を設立し、自宅で低価格レンタルサーバー「ロリポップ!」を立ち上げる。2003年に有限会社paperboy&co.を設立し、代表取締役に就任。2004年3月に株式会社化し、本社を福岡から東京に移す。2008年12月にジャスダック証券取引所に上場し、当時、同市場の最年少社長となる。その後、代表取締役CCOを経て、2010年3月に取締役に就任。同年4月にカフェ・レストラン事業を手がける株式会社パーティカンパニーを設立し、代表取締役に就任。2011年1月に株式会社ハイパーインターネッツを設立し、代表取締役に就任。クラウドファンディング型のプラットフォーム「CAMPFIRE」を立ち上げ、話題に。著書に『こんな僕でも社長になれた』(ワニブックス)など。

企業情報

設立 2011年1月
資本金 2,600万円
従業員数 5名
事業内容 Webサービス企画・開発・運営
URL http://hiinc.jp/

その他の注目起業家の記事

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

ベンチャー通信メールマガジン

ベンチャー通信注目の企業や、ビジネスニュースなどの情報をお知らせします。

ご登録はこちら
  • ベストベンチャー100
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • 人財力100 人材採用と育成に力を入れている100社
  • 活躍しているエンジニアの職場を取材!Tech通信ONLINE
  • INOUZ Times
  • 高知リフレッシュオフィス

ベンチャー通信

ベンチャー通信
ベンチャー情報雑誌

「ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを取材」をコンセプトに編集している、2000年創刊のベンチャー情報雑誌です。

ベンチャー通信への掲載・取材希望の方

ベンチャー企業の採用力強化、自社の成長性・知名度アップのため、ベンチャー通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

pagetop