累計経営者579人に取材、掲載社数298ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを紹介

著名起業家インタビュー

株式会社エイチ・アイ・エス 代表取締役会長 澤田 秀雄

著名起業家西郷隆盛がそこにいた!

株式会社エイチ・アイ・エス 代表取締役会長 澤田 秀雄

※下記はベンチャー通信3号(2001年5月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

―話はもとに戻りますが、澤田社長の頃の大学生と今の大学生の違いは何かありますか。

澤田:旅行の話で言えば、今は簡単に海外旅行ができますよね。だから昔のようなバックパッカ―みたいにリュックサックを背負って1ヶ月も2ヶ月も旅行する人が減ったように思えます。頑張ってアルバイトで貯めたお金で貧乏旅行をするような気概が薄れたような気がします。

―それはH.I.S.が安くしたのが原因じゃないのですか(笑)。

澤田:そうですね(笑)。それも原因の一つです。でも大学生の気質が変わっているのも原因だと思います。チャレンジする人が減ったのではないでしょうか。世代的に安全志向で、チャレンジ精神が落ちてきているような気がします。何かチャレンジしたら、失敗するのではないだろうか。失敗したら白い目で見られるのではないだろうか。そんなことをみんな感じているように思えます。豊かな社会になって、ハングリー精神がなくなったのかもしれません。

―もし澤田さんが現在大学生だったら、何をしていますか。

澤田:やはり世界をもう一度この目で見てみたいです。僕が大学生の頃の世界と、今の世界では明らかに違っていると思うので、もう一度世界自由旅行をしてみたいですね。その旅行というのも、1ヶ月や2ヶ月の長期で行く向こうの文化に溶け込むような旅行です。やはり私は今でも好奇心が強いです。

―でも普通は好奇心というのは年齢とともに徐々に薄れてきますよね。どうして澤田さんは少年のような純粋な好奇心を持ち続けられるのですか。

澤田:それはマンネリするような状況に自らを置かないということです。つまり絶えず挑戦的で創造的なことをやり続けていくのです。そうすれば好奇心はずっと持ち続けられます。私のビジネス人生もそうです。毎年毎年新しいことをチャレンジし続けてきました。だからマンネリはしないし、毎日がエキサイティングです。ベンチャー企業は事業領域を広げ過ぎるのはよくないのですが、私は今まで色々な事業に挑戦してきました。

―最後に起業家を目指す大学生にアドバイスをお願いします。

澤田:大事なのは、起業したいという気持ちを強く持つことです。そして何よりも実践すること。実践して何が何でもそれを継続していくことです。途中で諦めてはいけません。辛い時も継続して、事業をやり続けるのが大事です。途中でやめるから、みんな成功しないのです。10年もやり続ければ、きっと成功します。あとは運に強くなることですね。運は先天的な要素もあると思いますが、後天的な要素もあると思います。例えば運の悪い人は、運の強い人と一緒にやればいいのです。また果敢にチャレンジして身をもって事業の勉強をしたら良いのではないでしょうか。いくら本をたくさん読んでも、実践を積んできた人には勝てません。以上をまとめると、チャレンジ精神を持って実践に移し、どんなに辛い時でも継続してやり続ける。そして自らが運を引き寄せて、事業を切り開いていくのです。事業も冒険です。勇気を出して、頑張って下さい。

澤田 秀雄(さわだ ひだお)プロフィール

1951年、大阪府生まれ。73年に旧西ドイツ・マインツ大学経済学部に留学。在学中、世界50カ国以上を旅行する。76年に帰国し、貿易事業の準備をするが、断念。その後、旅行会社インターナショナルツアーズを新宿で開業。90年に社名をエイチ・アイ・エス(H.I.S.)に変更し、事業を成長させる。95年3月に店頭公開。96年、オーストラリアのゴールドコーストにホテルをオープン。98年には航空会社スカイマークエアラインズ(現:スカイマーク)を就航させる。99年、協立証券の株式を取得し、エイチ・アイ・エス協立証券(現:エイチ・エス証券)の代表取締役社長に就任。2003年にはモンゴルAG銀行(現:ハーン銀行)の取締役会長に就任。2004年に、エイチ・エス証券を大証ヘラクレスに上場させる。現在は、澤田ホールディングス株式会社の代表の他、経団連理事、経済同友会幹事も務める。

企業情報

設立 1980年12月
資本金 68億8,200万円(2007年10月31日現在)
売上高 3,175億円(2007年10月期)
従業員数 3,352名(正社員数:2007年10 月31日現在)
URL http://www.his-j.com

その他の著名起業家の記事

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

ベンチャー通信

ベンチャー通信
ベンチャー情報雑誌

「ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを取材」をコンセプトに編集している、2000年創刊のベンチャー情報雑誌です。

ベンチャー通信への掲載・取材希望の方

ベンチャー企業の採用力強化、自社の成長性・知名度アップのため、ベンチャー通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

  • ベストベンチャー100
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • 人財力100 人材採用と育成に力を入れている100社
  • 活躍しているエンジニアの職場を取材!Tech通信ONLINE
  • INOUZ Times

ベンチャー通信メールマガジン

ベンチャー通信注目の企業や、ビジネスニュースなどの情報をお知らせします。

ご登録はこちら

pagetop