累計経営者579人に取材、掲載社数300ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを紹介

コンサルティング業界の起業家インタビュー

株式会社キカガク 代表取締役社長 吉崎 亮介

コンサルティングビジネスを一変させる「機械学習」の可能性を伝えたい

株式会社キカガク 代表取締役社長 吉崎 亮介

「機械学習」とは、人工知能(AI)の一分野であり、人間がもつ学習能力と同じく、コンピュータに人間の経験を学習させ、将来予測や意思決定を可能にさせる技術や手法を指す。この機械学習の成果をビジネスの現場に活かそうとする試みが昨今、盛んにみられている。そうした動きに対し、「現場導入には、そのための教育やコンサルティングこそが重要」と説くのが、株式会社キカガクの吉崎代表だ。機械学習を実践で活かすことを重視し、「ビジネス目線での機械学習」を分かりやすく教えることに定評のある吉崎氏に、キカガクが展開する事業の中身について聞いた。

―御社の事業内容から教えてください。

 機械学習について、初学者でもビジネス現場で応用できる力を身に付けてもらうための支援を行っています。具体的には、コンサルティングやシステム開発に加え、現在は「教育」を事業の主軸に据えています。いわば「ビジネス目線で機械学習を教える教育」です。

 というのも、機械学習はビジネスとの相性が良く、学べば現場でその効果を発揮することができます。ビジネスパーソンやエンジニアこそ、機械学習の可能性を最も活かせるポテンシャルを持っていると思っています。

 ただし、機械学習を理解するためには数学の素養が必要です。とはいえ、大学に入り直し、腰を据えて数学を学び直すことは現実的ではありません。そこで、「数学は難しい」という心理的なハードルをなくし、自ら勉強するモチベーションを高めてもらえるよう、ビジネスパーソンのための「ビジネス目線による機械学習」教育がまずは必要と考え、この事業を始めました。

 機械学習はとかく高尚なものに思われがちですが、決してそんなことはありません。真剣に勉強すれば身に付けることはできます。当社では、ビジネスパーソンのニーズに合わせて2日間の講習を実施し、機械学習を習得するためのきっかけづくりを行っています。当社が提供したいのは、「難しい」という先入観を払拭してもらうための「学びの場」なんです。

―「ビジネス目線の機械学習」とは、学校で教わる学習とどこが違うのですか。

 たとえば学校で学ぶのはボトムアップ型で、教科書を順番にこなしながら、現場で活かせる使い方を見つける方法です。

 それに対しビジネス目線とは、先に課題ありきで、それを解決するために何が必要であるかを見つけていこうとするトップダウン型のアプローチを意味します。だから、必要なことだけを身につけていくビジネス目線の学びは、とても効率的なものになるんですよ。

 機械学習はデータ解析によって課題を解決するスキルですが、すでに社会で活躍するエンジニアは、課題の設定と解析データはすでにもっているけど、知識がないだけ。ですから、課題に合わせた知識を得るための効果的な機械学習を、2日間の集合形式の授業(セミナー)で徹底的に学び、課題の解決法を見つけ出してもらいます。セミナーでは厳密な正解を教えてあげるよりも、学びのモチベーションを高めることが重要だと考えており、本当に学びたいと思っている人がずっとモチベーションを持ち続けられるセミナーのあり方を追求しています。

―どんな方々をターゲットにしているのですか。

 大きく2つに分けられ、経営者層を中心としたビジネスパーソン、そして実際にプログラミングなどを行うエンジニアの方ですね。

 経営者層をターゲットにする理由は、経営トップ自らが機械学習を学ぶことで、その価値を理解し、ビジネスにその成果を導入しようとする意思決定に導くためです。いくら現場サイドが機械学習の価値を理解していても、現場に導入するという経営判断を下す経営者を動かすのは時間がかかる。経営者がトップダウンで導入を決める方が、時間も早く効果的ですよね。

 一方、エンジニアは、その経営判断が下った時、実際に手を動かして現場への機械学習の導入を支える存在です。そのため、この層が機械学習を学ぶことも経営者と同様、重要なターゲットとしているのです。

 機械学習はまだ新しい技術です。ですから、プロジェクトを推進するためには、「機械学習をどう現場で活かすか」というビジネスサイドの問題設定への理解と、エンジニアサイドの技術への理解の両方が不可欠だと当社では考えているのです。

その他のコンサルティング起業家の記事

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

ベンチャー通信

ベンチャー通信
ベンチャー情報雑誌

「ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを取材」をコンセプトに編集している、2000年創刊のベンチャー情報雑誌です。

ベンチャー通信への掲載・取材希望の方

ベンチャー企業の採用力強化、自社の成長性・知名度アップのため、ベンチャー通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

  • ベストベンチャー100
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • 人財力100 人材採用と育成に力を入れている100社
  • 活躍しているエンジニアの職場を取材!Tech通信ONLINE
  • INOUZ Times

ベンチャー通信メールマガジン

ベンチャー通信注目の企業や、ビジネスニュースなどの情報をお知らせします。

ご登録はこちら

pagetop