累計経営者579人に取材、掲載社数292ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを紹介

コンサルティング業界の起業家インタビュー

株式会社キカガク 代表取締役社長 吉崎 亮介

コンサルティングビジネスを一変させる「機械学習」の可能性を伝えたい

株式会社キカガク 代表取締役社長 吉崎 亮介

―ビジネス目線で機械学習を学ぶことの必要性を感じたのはいつですか。

 大学院で機械学習を学んだあと、新卒で入った会社で最初に研究開発職に配属してもらいました。その社長はビジネスマンとしての感性を備えたエンジニアであり、私自身影響を受けた部分は大きかったんですね。

 そして社会に新たな価値を生み出すには、課題からプロダクトにつなげていく、ビジネス目線を備えたエンジニアの役割が重要であり、自分自身その立ち位置で起業したいと考えたのが最初でした。

―そしていま、経営者としてどんなことを大切にしていますか。

 エンジニアというドライに見える関係性のなかでも、何かを生み出すときには人を動かさなければ進まないと感じます。ましてや、ビジネスの現場に機械学習という新しい技術を導入しようとするなら、経営者にしろ、エンジニアにしろ、周囲との相互理解と協働作業が不可欠であり、その前提となる人と人とのつながりが重要なのは、なおさらです。だから人と人とのつながりを大切にしながら、目の前のお客様のために何ができるかを常に考えたいという思いがあります。

 ですから、セミナーの集客にしても、たとえばFacebook広告で「機械学習を教えます」といっても、きっと胡散臭い。講義の内容も講師の質も分からないでしょうし、言いたいことも伝わりません。口コミによる広がりのほうが大切ですし、人と人とのつながりをベースに輪を広げていきたいんですね。

 だから私は、セミナーを受講してもらった皆さんとで月に1回、飲み会を開催しているんですよ。そこに教科書を持ってきてもいいし、僕や他の受講生と話したいだけでもいい。もちろんお酒を飲みたいだけでも構いません。みんなで集まって、疑問や悩みを共有しながら解決していく場にしています。他にもさまざま機会を企画し、セミナー受講の後に定期的に学び合える場を作って交流を深めているんです。

―今後のビジョンについて教えてください。

 機械学習が本格的にビジネス現場に導入されるために必要な施策を徹底して推進していきます。具体的には、教育事業を通じて知識の習得を支援するとともに、現場に導入する際、ビジネス課題をいかに設定するかを指南するコンサルティング事業などにも力を入れていきます。

 機械学習を使えば、コスト削減といったかたちで企業価値向上に貢献することができるのは間違いありません。ただし、その効果を享受するためには、必要なエンジニアやデータ解析コンサルタントを雇用するなど、少なくない経費が必要となります。その経費をねん出するためには、効果の証明が必要であり、導入と費用はまさに鶏と卵の関係にあります。この費用の壁という本質的な課題を解決し、機械学習という新しい技術を普及させる取り組みも、私の今後の重要なミッションだと考えています。

吉崎 亮介(よしざき りょうすけ)プロフィール

1991年、京都府出身。京都大学大学院で機械学習を学び、卒業後にエンジニアとして活躍。その後、機械学習を活かしたビジネスでの起業を考え、2017年1月に、機械学習の教育事業を中心にコンサルティングやシステム開発も手掛ける株式会社キカガクを創業。代表取締役社長に就任した。機械学習・人工知能(AI)・ディープラーニングの初心者向け入門セミナーや、機械学習のオンライン家庭教師などの教育事業を推進しながら、機械学習を現場に導入するためのあらゆるプロセスに関わっていく事業展開を目指している。

企業情報

事業内容 機械学習の教育およびコンサルティング
URL http://www.kikagaku.co.jp/

その他のコンサルティング起業家の記事

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

ベンチャー通信

ベンチャー通信
ベンチャー情報雑誌

「ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを取材」をコンセプトに編集している、2000年創刊のベンチャー情報雑誌です。

ベンチャー通信への掲載・取材希望の方

ベンチャー企業の採用力強化、自社の成長性・知名度アップのため、ベンチャー通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

  • ベストベンチャー100
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • 人財力100 人材採用と育成に力を入れている100社
  • 活躍しているエンジニアの職場を取材!Tech通信ONLINE
  • INOUZ Times

ベンチャー通信メールマガジン

ベンチャー通信注目の企業や、ビジネスニュースなどの情報をお知らせします。

ご登録はこちら

pagetop