累計経営者579人に取材、掲載社数319ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを紹介

人材・研修業界の起業家インタビュー

人材・研修短期の人材サービ ス事業で必ず「No.1」を獲る

株式会社ネクストレベル 代表取締役 河原 由次

※下記はベンチャー通信63号(2016年4月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

―現在の仕事内容を教えてください。

 大阪本社で、管理業務を担当。具体的には、お客さまからの依頼と登録スタッフをマッチングするコーディネート業務や、新規・既存顧客への営業などですね。いわば現場と本社の橋渡し役でもあるのですが、現場では想像もしないようなことが起きるケースも多く、つねに臨機応変に対応するように心がけています。

―前職も同業他社で働いていたそうですね。

 ええ。前の職場は、イベントに特化した小規模な会社でした。一方、当社ではイベント以外にも、さまざまな分野・業界の仕事が経験できます。この点は大きな刺激になりますし、個人としての成長も実感しやすい環境ですね。

 また転職を決めるにあたっては、ベンチャーならではの勢いも魅力的でした。なにより、全社員が組織の拡大を楽しみながら、目標である「業界No.1」に向けて一丸となっている姿に心を打たれたことをいまでも覚えています。

―仕事をするうえでのやりがいはなんでしょう。

 努力やがんばりをきちんと認めてもらえる点ですね。私の場合、入社1年ほどで大阪本社の責任者を任され、さらに1年後には取締役に抜擢されました。年齢やキャリアに関係なく、入社後の実績が給料やポストにしっかり反映されるので、それがなによりのモチベーションになっています。

 これからもお客さまの困りごとをサポートして、業界No.1を目指します。

―入社した経緯を教えてください。

 じつは昔から「起業」に強い関心をもっていたのですが、ある日たまたま社長の河原と知り合う機会があって。少し話をするうちに河原が私のなかの独立心に気づいたようで、「やる気があるなら仕事を任せるので一緒に働いてみないか」と声をかけてくれたんです。そこで、まずは現場を学ぶところから始めました。

―それから、ひとりで名古屋支店の立ち上げをゼロから任されたそうですね。

 はい。社員になって半年ぐらいたったころ、社長から「名古屋に行ってくれ」と言われて。事務所を探して、2トントラックを借りて夜中に搬入し、その日の朝からスタッフの登録会を始めてって、もうとにかく目まぐるしいスピードでした(笑)。

 もちろんひとりですべてやらなければならないという不安はありましたが、それ以上に「やってやろう!」と思いました。すべて自分で意思決定して業務ができる。そんな役割を任せていただいて、いまは本当に感謝のひと言です。

―松尾さんが感じる、ネクストレベルで働く魅力はなんでしょう。

 やはり、入社してすぐに支店開設に携わるなど、他社ではなかなか経験できないことだと思います。年齢や経験に関係なく、ある程度の責任感をもって物事に挑戦してみたいという方にとっては、まさに理想的な環境ではないでしょうか。

―社内での役割を教えてください。

 東京支店のトップとして、営業兼管理を担当しています。2年半前に立ち上げから任され、現在は1日のスタッフ稼働数、1000名規模の体制まで構築しました。

 じつは、東京は初めての支店出店。お客さまはゼロの状態でしたから、最初はとても苦労しました。それでも1件1件電話でアポイントを取って出向くことをコツコツ繰り返し、地道に顧客を開拓してきました。成果も出さないといけないのでプレッシャーはありましたが、この経験を通して個人的に大きく成長したと感じています。

―加集さんからみた、河原さんの魅力とはなんでしょう。

 河原は話の内容にすごく一貫性があってブレない。そのため、多少の難題でも「この人についていけばなんとかなる」と思わせてくれるところがすごいですね。そのぶん部下に対する無茶ブリもすごいですが(笑)。

 また「全国No.1」というしっかりとした目標を掲げ、そこに向かって着実に前進していく。そんな仕事への姿勢は非常に勉強になります。

―学生に対してメッセージをお願いします。

 ネクストレベルには、やる気しだいでなんでもやれる土壌があり、自分の特色を思う存分に発揮して勝負できる会社だと思います。社風も和気あいあいとしていますし、居心地はとてもいいですよ。ぜひ一緒に自分の「特色」を見つけてみませんか。

―「エリアマネージャー」としての役割を教えてください。

 各支店の管理・運営全般を担っています。現在担当しているのは、横浜・金沢・福岡・京都・広島の5支店。毎月これらの支店を均等に回りながら、営業や運営の方法を指導するのが私の役割です。

 支店の開設にも携わるのですが、なにも知らない完全アウェーの地で、人材を採用して、支店長に育て上げ、3ヵ月をメドに黒字化にまでもっていく。これが私のミッションです。言うだけなら簡単ですが、これが大変で(笑)。ただ、自分がつくり上げた支店が黒字化するのを目の当たりにすると、思わずガッツポーズしたくなります。

―職場には20代から50代まで幅広い年齢層の方がいらっしゃいますね。

 そうですね。基本的に当社は20代が中心で、社内は非常に活気があります。その一方で、50代の私も自然と打ち解けてコミュニケーションが取れるような風通しのいい環境でもあります。新人もきっと馴染みやすいと思います。

―どんな人材なら活躍できるでしょう。

 いちばんは「やる気」ですね。支店の出店が加速しているので、重要なポストにも人が足りない状態。「上に、上に」という上昇志向が強い方にとっては、すぐにでも活躍できる環境があります。新入社員でも1年以内に支店長になったりしますからね。やる気があれば絶対にチャンスが与えられます。

河原 由次(かわはら よしつぐ)プロフィール

1986年、大阪府生まれ。10代の頃から起業を志し、通信会社やイベント施工会社など、さまざまな分野での業務を経験する。2008年、短期人材サービス事業に特化した株式会社ネクストレベルを設立し、代表取締役に就任。創業から「業界No.1」を目指し、全国展開を推し進めている。

企業情報

設立 2008年7月
資本金 1億円
従業員数 130名
事業内容 短期人材サービス事業
URL http://www.nextlevel2008.com/

その他の人材・研修起業家の記事

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

ベンチャー通信

ベンチャー通信
ベンチャー情報雑誌

「ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを取材」をコンセプトに編集している、2000年創刊のベンチャー情報雑誌です。

ベンチャー通信への掲載・取材希望の方

ベンチャー企業の採用力強化、自社の成長性・知名度アップのため、ベンチャー通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

  • ベストベンチャー100
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • 人財力100 人材採用と育成に力を入れている100社
  • 活躍しているエンジニアの職場を取材!Tech通信ONLINE
  • INOUZ Times

ベンチャー通信メールマガジン

ベンチャー通信注目の企業や、ビジネスニュースなどの情報をお知らせします。

ご登録はこちら

pagetop