累計経営者579人に取材、掲載社数316ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを紹介

環境・エネルギー業界の起業家インタビュー

株式会社Looop 代表取締役社長 中村 創一郎

環境・エネルギー太陽光、風力、水力発電ビジネスで「日本再生」に向けて旋風を巻き起こす

株式会社Looop 代表取締役社長 中村 創一郎

※下記はベンチャー通信50号(2012年12月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

―御社の事業は、日本経済にどのような一石を投じると思いますか。

中村:今後の日本はGDPが大幅に成長することは難しいし、ビジネスも縮小傾向。人を減らして効率化させるのが大手企業の基本路線です。だから社会で突出するには、新しい分野に向かうしかありません。当社は旧来型の経済市場に風穴を開けるつもりで、自然エネルギー事業を行っています。この分野はリーディングカンパニーが決まっていなくて、ルールを整備しているところなので、当社のような創業2年目のベンチャー企業でも、業界内で認知されています。これは新しい分野で新しい仕組みをつくることで、世の中の流れに上手に乗ることができたからだと思います。

―今後、自然エネルギーは日本でどのように普及すると思いますか。

中村:自然エネルギーが本格的に普及するには、コストが課題です。しかし先ほどお話ししたように、当社は太陽光発電システムを安価で提供しています。また、FIT制度(全量買取制度)が施行され、電力会社による電気の買取りが義務付けられたことが追い風になり、急速に普及が広がっています。発電所の建設ニーズも高く、当社では今年度中に200ヵ所で発電所の設置を予定。売上高は30億円になります。

 さらに、現在は太陽光発電が話題ですが、今後は風力発電も大きな可能性を秘めています。再生可能エネルギーの買取価格は、メガソーラーが1kWhあたり42円。風力は20kW以上では23.1円ですが、20kW未満では57.75円と最も高値です。水力発電では、河川法が改正されれば「マイクロ水力」と呼ばれる小型の水力発電が身近になるはずです。

 日本で自然エネルギーの普及をさらに進めるには、若い世代の祖父母や親が、子や孫のために地方の空いている土地に発電所をつくり、残すこともひとつの方法。それを若い世代が引き継ぎ、普及活動を進めることができれば、自然エネルギーは急速に浸透すると思いますし、売電収入で経済的にも豊かになるという好循環が生まれるでしょう。

―今後さらに事業を拡大していくために、多くの人材を求めているということですが、どのような人材に期待していますか。

中村:まず大切なのが「行動力」。これがなければ始まりません。そのうえで総合的な視野を広げ、普遍的なスキルを磨く。そして社会で抜きん出ようと考え、新しい分野に向かう人に期待しています。当社は太陽光発電所をつくる会社ですが、メーカーというよりもサービス業に近いです。そこで、高いコミュニケーション能力が求められます。お客さまはもちろん、行政や地域住民とのやりとり、業者への指示も必要。発電所設置の部材は海外からも調達するので、現地交渉もしなければなりません。そして、これらを支えるのはすべて行動力です。最近は「東京~中国~台湾~大阪~韓国~北海道」というムチャな行程の出張もありましたが、担当者は遊び心があるので、楽しんでいました。

―御社の従業員は、難しい仕事も楽しめるバイタリティがあるのですね。

中村:ええ。当社で働くには、語学ができればなおいいのですが、遊び心があるほうが大切かも。好奇心旺盛っていったほうがいいかな?業務に前向きな人は社内を明るくするし、お客さまも喜んでくれます。遊びから生まれるヒラメキも大事だし、何より仕事を楽しんでいるから、本人の成長が早いんです。Looopの事業はまだまだ伸びる分野なので、思いきり情熱をぶつけてほしいですね。

―近年の若者は、おとなしいという指摘もあります。中村さんから若者へメッセージはありますか。

中村:飽和状態の分野ではいくらがんばっても注目されません。これはボクが最初に就職した、日系企業をサポートする北京のコンサルティング会社で痛感しました。当時の北京は、オリンピック開催を控えた開発ラッシュ。日本語ができる中国系企業などの参入が相次ぎ、市場は飽和状態でした。サービスで勝負! とがんばったものの、なかなか大変で(笑)。しかも、どうにか仕事をもらって人間関係をつくり、大きなビジネスにしようとした矢先に、担当者が日本に帰国。思い直せば、コンサルティングというよりも便利屋のような会社でした。

 いまの日本も、こんなビジネス環境に近いと思います。飽和した市場では、仕事を取っても競合他社が出てきて価格競争に巻き込まれる。がんばって開発した新製品も、外国企業に模倣される。安定したビジネスも新技術で陳腐化してしまう。だからといって新分野へ転換する決断は、今の日本ではなかなかできません。

―ビジネス環境が厳しい今の時代、市場は硬直化しがちです。

中村:はい。また、個人としても30歳ぐらいになれば容易に動けません。ガチガチに組織化された会社を変えるには破壊しかないので、パワーがいる。普通は挫折しちゃいます。でも、居場所を失って会社を飛び出しても、辞めた理由が悪いから普通の企業には採用されないのがオチです。その結果、キャリアダウンした会社に勤め、能力のない人が上司になることってよくあるんですね。そこで人間関係を考えて立ち回るうちに、自分のスケールが小さくなって...。ボクは何百人も面接してきたので、そんな人生の転機が履歴書から見えちゃいます。そうならないためにも、世の中を俯瞰的に見る力と普遍的スキルを養ってほしい。そうすれば分野の変更も可能だし、絞り込むことも難しくありません。

―最後に、今後のビジョンを教えてください。

中村:まずは太陽光発電を中心に普及をはかり、風力、水力などの自然エネルギーの普及へと広げていくこと。そこで土台をつくり、収益を確保したら優秀な人材を採用し、研究開発を加速します。そこで仕組みをつくり、その成果を海外へ発展させることが、2013~2015年の短期計画です。今の状況を考えると、決して難しいことではありません。現在、当社の産業用マーケットシェアは10kW以上50kW以下で約10%ですが、目指すのはマーケットシェアNo.1。自然エネルギーのトータル・グローバルソリューション企業です。Looopを世界でも日本と同様の地位で製品を提供できる会社にしたい。できれば将来は、月や宇宙にも当社の太陽光発電所を設置したいと思っているんですよ(笑)。

中村 創一郎(なかむら そういちろう)プロフィール

1978年、京都府生まれ。北京語言文化大学(現 北京語言大学)在学中にネットビジネスを始め、中国の製品を日本で販売。2002年、北京康茂商務諮詢服務有限公司に入社し、日系企業と中国企業との橋渡しを行うコンサルティング業務に携わる。2007年、株式会社UMCでレアメタルの調達と販売業務に携わる。2011年4月、東日本大震災被災地への太陽光発電所の設置を契機に日本での起業を決意。株式会社Looopを設立し、代表取締役社長に就任。

企業情報

設立 2011年4月
資本金 1,500万円
売上高 30億円
従業員数 18名
事業内容 単結晶および多結晶ソーラーパネルの販売、独立型太陽光発電システム周辺機器のインターネット販売、自然エネルギーを使った発電所の設置と管理
URL http://looop.co.jp/
お問い合わせ電話番号 03-5802-6210
お問い合わせメールアドレス info@looop.co.jp

その他の環境・エネルギー起業家の記事

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

ベンチャー通信

ベンチャー通信
ベンチャー情報雑誌

「ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを取材」をコンセプトに編集している、2000年創刊のベンチャー情報雑誌です。

ベンチャー通信への掲載・取材希望の方

ベンチャー企業の採用力強化、自社の成長性・知名度アップのため、ベンチャー通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

  • ベストベンチャー100
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • 人財力100 人材採用と育成に力を入れている100社
  • 活躍しているエンジニアの職場を取材!Tech通信ONLINE
  • INOUZ Times

ベンチャー通信メールマガジン

ベンチャー通信注目の企業や、ビジネスニュースなどの情報をお知らせします。

ご登録はこちら

pagetop