累計経営者579人に取材、掲載社数311ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを紹介

スマホ・ソーシャル業界の起業家インタビュー

株式会社NEO COSMIC 代表取締役社長 楠 綾子

スマホ・ソーシャル現実と幻想が融合した女性向けソーシャルゲームで消費の主役「F2層」を開拓

株式会社NEO COSMIC 代表取締役社長 楠 綾子

マーケティングなどの分野では20歳~34歳の女性を「F1層」、35歳~49歳の女性を「F2層」と呼び、従来から「F1層が流行をつくり、F2層が消費する」と言われてきた。内需低迷が続くなか、F2層の取り込みはあらゆる産業で大きなテーマとなっている。そうしたF2層向けのソーシャルゲーム開発に創業時から特化、累計140万人超の会員を獲得するなど、大きな支持を集めているのがNEO COSMICだ。同社代表の楠氏に、F2層の取り込みに成功した理由を聞いた。

※下記はベンチャー通信49号(2012年10月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

―なぜ、御社のコンテンツはF2層から大きな支持を集めているのですか。

楠:これまでの女性向けゲームといえば、ハッピーエンドが約束された軽い内容のコンテンツがほとんど。これでは、人生経験が浅く、現実とかけ離れたファンタジーを好むF1層を惹きつけることはできても、目の肥えた大人の女性を満足させることは不可能です。当社のビジュアルノベルゲームの特徴は、いくつもの伏線がもつれ合った濃厚なドラマであること。F2層から当社のコンテンツが支持されているのは、細部まで作りこんだ「本物志向」であることが最大の理由です。

 また、ストーリーや絵の制作などを担うクリエイティブ部門のほとんどが女性であることも当社の強み。通常のゲーム会社のように、男性スタッフが決定権を握っている組織では、女性心理の細かい部分に目配りし、女性が感情移入しやすい作品を制作することは難しいでしょう。

―具体的に、どのような内容のコンテンツが人気なのですか。

楠:当社の人気コンテンツのひとつ「牡丹の庭」は、昭和初期の財閥が舞台。プレーヤーは、それぞれキャラクターの異なる財閥令嬢を1人選択して操作し、愛と名誉の板挟みとなり、イケメンの財閥御曹司や他の令嬢などに翻弄される、激しくもはかない令嬢たちの運命を疑似体験します。また、江戸吉原の花魁を主人公にした女性向けカードバトルゲーム「花魁★華乱舞」を今年4月にリリース。吉原一の花魁を目指すストーリーで、こちらも好評を博しています。

―男性向けゲームとは、何が一番違うのですか。

楠:もっとも重要なのは、ストーリー展開に飛躍やほころびがなく、現実感があること。都合よくストーリー展開する男性向けビジュアルノベルゲームとは、ここが決定的に違います。既視感が感じられるくらい細部までリアリティーがあるからこそ、現実にはあり得ない壮大な物語に感情移入してもらえるのです。シェークスピア劇や昼ドラのように、リアリズムとファンタジーを融合させなければ、本物志向のF2層の感性に訴求することはできません。

―なぜ、F2層向けゲームに着目したのですか。

楠:本当のF2層向けゲームが存在していなかったからです。おそらく、F2層はゲームをしない、ターゲットにならないという思い込みが、ゲームメーカーなどにあったためでしょう。しかし、それはまったくの間違い。たとえば、男性アイドルというコンテンツに対するニーズは、F1層にしかないと昔は考えられていましたが、韓流ブームはF2層にも高いニーズがあることを証明しました。

 私自身、ゲームユーザーのひとりとして、大人の女性が楽しめるゲームのないことに不満を感じる一方で、潜在的なニーズを満たすコンテンツさえあればF2層を取り込むことができると考えていました。誰もチャレンジしないのなら、私が先駆者となってやろう、という想いで起業したのです。また、F2層は消費の主役と言われるように、購買力が強い層です。このパワーを取り込むことができれば、大きなビジネスになるという読みもありました。

―今後のビジョンを教えてください。

楠:韓流ドラマがアジア各国のF2層に支持されているように、当社のコンテンツもアジア各国に通用すると考えています。ですから、国内外のプラットフォーマーとアライアンスを組み、アジア市場に進出することが当面の目標です。

 また、F2層の攻略を考えている企業にとって、当社が持つノウハウやリソースの利用価値は高いと思います。ゲーム市場に限らず、F2層マーケットはまだまだ未開拓な部分が大きい。

メーカー系、サービス系など、外部の企業と積極的にアライアンスを組み、F2層の潜在ニーズを発掘することで、大人の女性の暮らしが豊かになるよう、貢献していきたいですね。

楠 綾子(くす あやこ)プロフィール

神奈川県生まれ。インターネットの広告代理店を経て、求人広告代理店に入社。事業部長としてWeb事業部を立ち上げる。2010年に株式会社NEO COSMICを設立し、代表取締役社長に就任。

企業情報

設立 2010年9月
従業員数 10名
事業内容 SNSアプリ開発、スマートフォンアプリ開発、Web系システム受注開発、各種印刷物制作、Web制作、販促ビジュアルノベル制作
URL http://www.neo-cosmic.com/

その他のスマホ・ソーシャル起業家の記事

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

ベンチャー通信

ベンチャー通信
ベンチャー情報雑誌

「ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを取材」をコンセプトに編集している、2000年創刊のベンチャー情報雑誌です。

ベンチャー通信への掲載・取材希望の方

ベンチャー企業の採用力強化、自社の成長性・知名度アップのため、ベンチャー通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

  • ベストベンチャー100
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • 人財力100 人材採用と育成に力を入れている100社
  • 活躍しているエンジニアの職場を取材!Tech通信ONLINE
  • INOUZ Times

ベンチャー通信メールマガジン

ベンチャー通信注目の企業や、ビジネスニュースなどの情報をお知らせします。

ご登録はこちら

pagetop