累計経営者579人に取材、掲載社数319ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを紹介

著名起業家インタビュー

株式会社ネクシィーズ 代表取締役社長 近藤 太香巳

著名起業家困難を乗り越えて本物のベンチャーをつくれ

株式会社ネクシィーズ 代表取締役社長 近藤 太香巳

※下記はベンチャー通信34号(2008年9月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

―では、"本物のベンチャー"になるにはどうしたらいいですか?

近藤:上まず経営者が「どんな困難も乗り越えるんだ」という情熱を持つことです。また、その情熱が強ければ強いほど、多くの人を巻き込む力となります。実際に、社員、顧客、取引先など多くの人を巻き込んで本気でやり抜けば、どんな困難でも必ず突破できます。それが"本物のベンチャー"になる条件だと思いますね。実際、当社も上場取り消しという大きな困難にぶつかりましたが、全社員と情熱を共有し、困難に向かって突き進んだ結果、北尾さんという素晴らしい支援者に恵まれ、当社はさらなる成長を遂げることができました。そして、人は困難にぶつかった時ほど、それを克服しようとして新しいアイデアを考え出すものです。当社もここ数年、厳しい状況下で新規ビジネスをいくつも立ち上げてきました。たとえば芸能コンテンツを扱う「ブランジスタ」や本気の若者のスポーツの夢を本気で支援する「ホシノドリームズプロジェクト」などです。

―現在、「ホシノドリームズプロジェクト」は大きな注目を集めていますね。

近藤:「ホシノドリームズプロジェクト」は、野球日本代表監督の星野仙一さんと一緒に立ち上げた社会貢献ビジネスです。このプロジェクトではスポーツ界で夢と情熱を持った若者を支援しています。具体的には、海外と国内向けの2つのプログラムがあり、1つ目の「インターンシッププログラム」では、日本の若者を米国のプロスポーツ組織に派遣し、本場のスポーツビジネスを体験してもらいます。そしてスポーツビジネスの分野で有能な若手人材を育成し、スポーツ界ひいては日本社会全体に貢献することを目指しているんです。
2つ目は国内で行う「ドリームサポートプログラム」です。これはどうしても叶えたいスポーツの夢を持ち、諦めずに挑戦し続けているスポーツの団体・個人に対して、資金・環境面などあらゆる形でサポートをしていこうとするプログラムです。このプロジェクトを始めた理由は、スポーツを通じた世の中への恩返しと、本気の若者を本気で応援したいという星野監督の想いに共感したから。そして、当社もこのプロジェクトを通じて、夢と情熱を持った若者を育成し、社会貢献を果たしていきたいと考えたからです。ちなみに現在このプロジェクトに賛同してくれる企業も広く募っています。若者の夢を応援するのに、企業規模の大小は関係ありません。1社ではできないことも、みんなが集まれば、大きなムーブメントにすることができます。現在、多くのスポンサー企業、大学、著名人の方にご賛同いただいており、将来的には、このプロジェクトを若者支援の代表的な活動に進化させていくつもりです。

―最後に起業を目指す若者へメッセージをお願いします。

近藤:「動きながら考えろ」と言いたい。若者で「起業家になりたい」という人はたくさんいます。しかし、実際に起業する人はほんのわずか。たぶんいろんなことを考え過ぎて、動けなくなっているんだと思います。
まずは「小さな明日への希望」だけを持って動いてみればいい。実際に動いてみれば、だんだん周りの景色も変わってくるはずです。すると、次第に「小さな明日への希望」がいつしか「大きな夢」へと変わっていく。だから、まずは目の前のことに情熱を持って挑戦してみてください。きっと夢はそこから始まるはずです。

近藤太香巳(こんどう たかみ)プロフィール

1967年、大阪府生まれ。1987年、19歳で日本電機通信(現:株式会社ネクシィーズ)を創業。2002年、34歳でナスダック・ジャパン(現:ヘラクレス)へ上場。さらに2年8ヶ月後の2004年11月11日、当時の最年少創業社長として東証一部に上場を果たす。2006年3月には「Japan Venture Award2006」の起業家部門にて、最高位である経済産業大臣賞を受賞。また、早稲田大学、東京大学、一橋大学などで講演活動も積極的に行い、持ち前の情熱で若者の心をリードし続けている。

企業情報

設立 1990年2月21日(創業:1987年5月)
資本金 90億9,312万円 (資本準備金含む。2007年9月30日現在)
売上高 59億7,700万円(2007年9月期実績)
従業員数 634名
事業内容 ISP事業「Nexyz.BB」、テレマーケティング事業、インターネット広告サービス、ベンチャーキャピタル及びコンサルティング業務、金融商品仲介業、食品関連サービス、保険代理店業、エンタテインメントコンテンツの企画運営、ビジネスマッチングサイトの企画運営
URL http://www.nexyz.co.jp/

その他の著名起業家の記事

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

ベンチャー通信

ベンチャー通信
ベンチャー情報雑誌

「ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを取材」をコンセプトに編集している、2000年創刊のベンチャー情報雑誌です。

ベンチャー通信への掲載・取材希望の方

ベンチャー企業の採用力強化、自社の成長性・知名度アップのため、ベンチャー通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

  • ベストベンチャー100
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • 人財力100 人材採用と育成に力を入れている100社
  • 活躍しているエンジニアの職場を取材!Tech通信ONLINE
  • INOUZ Times

ベンチャー通信メールマガジン

ベンチャー通信注目の企業や、ビジネスニュースなどの情報をお知らせします。

ご登録はこちら

pagetop