累計経営者579人に取材、掲載社数289ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを紹介

コンサルティング業界の起業家インタビュー

株式会社ONE PIECE HOLDINGS 代表取締役社長 横田 和典

コンサルティング高い定着率でノウハウを蓄積しテレマ市場のさらなる開拓を目指す

株式会社ONE PIECE HOLDINGS 代表取締役社長 横田 和典

※下記はベンチャー通信53号(2013年7月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

やる気を引き出すマネジメントでNo.1支社を目指す

―小柳さんの役割を教えてください。

2013年2月より、福岡支社の 支社長としてモバイル回線を案内するテレマーケティングチームを統括。従業員30名をマネジメントしています。

―なぜマネジメント職を希望したのですか。

成功体験を多くの人に伝えたかったからです。私は以前営業として働いていた会社で、契約を取れず悩んでいました。すると、みかねた上司が「あせらず、正しいやり方ですべきことをすれば、結果は後からついてくる」と教えてくれました。

おかげで地道に目の前の仕事に取り組めるようになり、自然と受注件数が増加。マネジメントの効果を実感し、いずれは自分も携わりたいと思いました。

―マネジメントでは、どういう工夫をしていますか。

一生懸命ならば失敗してもいい、と伝えています。モチベーションが下がったスタッフには「入社時の一生懸命だったときを思い出してがんばろう」と励ましながらゴールを設定。達成できるまで、ともに追いかけます。

―今後の目標を教えてください。

まずは、福岡支社の営業をグループ内トップに押し上げたいですね。不動産事業会社との業務提携など幅広く事業を展開し、インターネット回線の営業でNo.1を目指します。

他社では考えられないポジションを入社2年でつかみとった

―現在、何名のスタッフをマネジメントしているのですか。

札幌のアウトバウンド・テレマーケティング事業部の部長として、社員5名とアルバイト30名以上をマネジメントしています。私はいま23歳ですが、自ら立候補して事業部部長のポジションをつかみとりました。

―最初から管理職を目指していたのですか。

いえ。最初はアルバイトだったので、まったく考えていなかったですね。社長や社員の人間性にひかれていくなかで変わってきました。

また、ほかの会社では5~10年経たないとやらせてもらえない仕事が、1~2年で与えられる会社だと知り、正社員採用を希望。その後、マネジメント職を目指したのです。

―今後の目標を教えてください。

まずは部下を育てながら、事業部の売上をアップさせます。そして、個人としても成長し、本社の中枢の仕事に就きたい。いずれは役員になり、社長の横田のそばで経験を積みたいですね。

―若者へメッセージをお願いします。

10代の頃、私はやりたいことがみつかりませんでした。でも、いまはこの仕事が大好きで、やりたいことがたくさんある。学歴や年齢に関係なく、多様な人と出会えて、いろいろな経験ができる当社で、一緒に働き、成長していきましょう。

通販とネット回線営業を融合し新たな事業領域を構築

―斉藤さんは新規事業を担当しているそうですね。

はい。当社のアウトバウンド事業の強みを活かした、通販とネット回線営業の融合です。通販会社の会員にネット回線を、ネット回線の加入者には通販の商品を勧めていきます。

そのため、ネット回線へ加入した通販会社の会員に、特典として商品やポイントを付与する仕組みをつくります。現在は、通販会社のアプリをインストールしたタブレットを、消費者へプレゼントする企画を推進。※CRMで通販会社の顧客を獲得する取り組みを進めています。

―入社前に経験した業種を教えてください。

営業代理店と通販会社での経験があります。
営業代理店では、ADSLやさまざまな通信商材の販売に携わりました。オペレーターからスタートし、SV、拠点長などを経験。その後、通販会社に入社、サプリメントや化粧品販売、CRMに特化した企画業務などに従事しました。

―今後の目標を教えてください。

まずは、タブレット・プロジェクトを成功させます。
そして将来は、実店舗の出店を考えています。目的は、ネット回線や通販商材の対面販売です。お客さまのリアルな意見や反応をアウトバンド事業にフィードバックしながら、地域密着型の事業を展開したいと思います。

大企業レベルのサービスにベンチャーの強みをくわえる

―岡田さんの仕事内容を教えてください。

札幌のコールセンターでオペレーターチームを管理しています。また、契約受注業務、キャリアとの折衝も担当。4月からは、アルバイトの求人広告・面接・研修も統括しています。

―顧客満足度の向上に取り組んでいると聞いています。工夫している点はありますか。

大企業を基準に、コールセンターのサービスを磨いている点です。大企業の強みはマニュアル化によって一定の品質が維持できる点。一方、私たちは想定外の質問やクレームに短時間で柔軟に対応できます。

大企業の強みを取り込むために、その電話対応を学習。傾聴のスキルや言葉づかいを研修で身につけます。毎日研修を行い、全員が模範的な対応をできるまで繰り返し行います。

―岡田さんにとって、オールブルーはどのような会社ですか。

先輩や上司にも自由に意見が言える、風通しの良い会社ですね。男性との待遇差もなく、女性にとって働きやすい環境だと思います。

私は入社以来、営業、総務、採用など、幅広い仕事を任されてきました。入社前からさまざまな経験を積みたいと考えていたので、やりがいを実感しています。また新しい仕事を任されるよう、現在の業務で着実に結果を出すつもりです。

※CRM:Customer Relationship Management。顧客関係管理のこと。情報システムを応用して企業が顧客と長期的な関係を築く手法。

横田 和典(よこた かずのり)プロフィール

1983年、北海道生まれ。高校を卒業後、自衛隊に入隊。その後、通信営業代理店に入社。株式会社ONE PIECE HOLDINGSを設立し、代表取締役社長に就任。

企業情報

設立 2012年8月
資本金 1,000万円
売上高 40億円(2014年6月期見込み)
従業員数 300名(アルバイト含む。※2013年5月末現在)
事業内容 テレマーケティング事業、経営コンサルティング事業、ネットワーク事業、プロバイダー事業、システム開発・運営、不動産仲介事業
■グループ会社/オールブルー株式会社、株式会社LaffTell、株式会社SKYPIEA、ニューゲート株式会社、株式会社ONE TO FREE
URL http://1onepiece.jp

その他のコンサルティング起業家の記事

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

ベンチャー通信

ベンチャー通信
ベンチャー情報雑誌

「ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを取材」をコンセプトに編集している、2000年創刊のベンチャー情報雑誌です。

ベンチャー通信への掲載・取材希望の方

ベンチャー企業の採用力強化、自社の成長性・知名度アップのため、ベンチャー通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

  • ベストベンチャー100
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • 人財力100 人材採用と育成に力を入れている100社
  • 活躍しているエンジニアの職場を取材!Tech通信ONLINE
  • INOUZ Times

ベンチャー通信メールマガジン

ベンチャー通信注目の企業や、ビジネスニュースなどの情報をお知らせします。

ご登録はこちら

pagetop