累計経営者579人に取材、掲載社数289ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを紹介

著名起業家インタビュー

楽天株式会社 代表取締役会長兼社長 三木谷 浩史

著名起業家世の中を動かすのは起業家だ

楽天株式会社 代表取締役会長兼社長 三木谷 浩史

※下記はベンチャー通信54号(2013年10月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

―昨年6月、三木谷さんは新経連の代表理事に就任しました。なぜ積極的に政策を提言しているのですか。

三木谷:もともと、楽天創業の精神が「自分たちがロールモデルになって日本を変えていこう。事業を通じて、日本をより開かれた社会にしていこう」というもの。だから、最初からモチベーションは変わっていないんです。

―「国の仕組みを変えないと、創業の精神は達成できない」ということでしょうか。

三木谷:そうですね。ひとりでは変えられないので、GMOの熊谷社長やサイバーエージェントの藤田社長らと一緒に立ち上げました。私は本当の意味で世の中を動かすのは、起業家だと確信しています。実業界がイノベーションを起こして、経済をけん引する。官僚がコントロールする社会は、必ず失敗します。実際、いままで日本が失敗した産業のほとんどは、旧通産省や経産省が管理していました。いい時期もありましたが、中長期的にみるとダメ。それなのに、まだ官民一体となってガラパゴス化に向かっている。これは極めてマズい状況ですよ。

―行政だけでなく企業にも問題があるので、新しい経済団体を旗揚げしたわけですね。

三木谷:旧来型の企業勢力は日本のガラパゴス化を進めています。原発の再稼働や発送電一体の問題だけじゃない。会計基準にしろ、社外取締役の義務化反対にしろ、すべての考え方が古い。進歩的に考えなければ、日本の未来はありません。

―残念ながら、この国には出る杭を叩く風潮があります。新経連が提言しているように、起業家を称賛する文化が必要ですよね。

三木谷:たとえば、私はフランスのレジオン・ドヌール勲章※を受章することになりました。安倍総理にメールで報告したところ、「それはすごいですね」とお褒めの言葉をいただきました。でも、日本では叩かれることが多い。私個人の話ではなく、リスクをとって価値を創造した起業家をたたえるべきです。

―起業家に必要な心がまえはありますか。

三木谷:楽天はブランドコンセプトとして「大義名分」「品性高潔」「用意周到」「信念不抜」「一致団結」を挙げています。煎じつめれば、必要なことはこの5つに集約されるでしょう。ビジネスの規模は小さくてもいいんですよ。大切なのは、創業時から“大義”を考えること。よく「○○年に株式上場するのが目標」という経営者がいますが、あくまで上場は手段。もっと大きな夢を追いかけてほしい。質的な向上も量的な拡大もかまいませんが、そもそも「世の中にどんな価値を提供するのか」という本質を熟考すべきです。

―個人の事業欲よりも、企業体としての大義が重要だと。

三木谷:もちろん、そうじゃない経営者がいてもいいと思いますよ。「うまいビールをつくりたい」とか「おもしろいゲームをつくりたい」という個人的な衝動でも、まったくかまわない。自分と違う考え方を否定するつもりはありませんから。

※レジオン・ドヌール勲章:1802年にナポレオンによって制定されたフランスの最高勲章。外国人の場合、フランスとの経済・文化交流における功労者などに与えられる。

三木谷 浩史(みきたに ひろし)プロフィール

1965年、神戸市生まれ。1988年に一橋大学商学部を卒業後、日本興業銀行に入行。1993年、ハーバード大学にてMBAを取得。1995年に興銀を退職後、株式会社クリムゾングループを設立。1997年に株式会社エム・ディー・エム(現:楽天株式会社)を設立し、代表取締役に就任。インターネット・ショッピングモール『楽天市場』を開設し、2000年に日本証券業協会へ株式を店頭登録。2004年、Jリーグ・ヴィッセル神戸のオーナーに就任。プロ野球界にも参入し、50年ぶりの新規球団・東北楽天ゴールデンイーグルスを誕生させた。2005年のアメリカ進出を皮切りに、台湾、タイ、インドネシア、フランス、ブラジルなど、グローバル展開を推進。2012年にカナダKoboInc.を買収し、電子書籍事業に本格参入。同年6月に一般社団法人新経済連盟の代表理事、2013年1月に内閣日本経済再生本部・産業競争力会議の民間議員に就任。現在は楽天株式会社の代表取締役会長兼社長のほか、公益財団法人東京フィルハーモニー交響楽団理事長なども務める。近著に、経済学者である父との共著『競争力』(講談社)。

企業情報

設立 1997年2月
資本金 1,082億5,500万円(2012年12月31日現在)
売上高 4,434億7,400万円(2012年12月期:連結)
事業内容 国内グループサービス年間流通総額(取扱高)/4兆円(2012年12月31日時点、金融サービス含む)
従業員数/単体3,498名、連結9,311名(2012年12月31日現在)※使用人兼務取締役、派遣社員およびアルバイトを除く就業人員ベース
事業内容/インターネットサービス(市場事業・トラベル事業など)、金融サービス(クレジットカード事業・銀行事業・証券事業・電子マネー事業など)、通信事業、プロスポーツ事業など
URL http://corp.rakuten.co.jp/

その他の著名起業家の記事

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

ベンチャー通信

ベンチャー通信
ベンチャー情報雑誌

「ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを取材」をコンセプトに編集している、2000年創刊のベンチャー情報雑誌です。

ベンチャー通信への掲載・取材希望の方

ベンチャー企業の採用力強化、自社の成長性・知名度アップのため、ベンチャー通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

  • ベストベンチャー100
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • 人財力100 人材採用と育成に力を入れている100社
  • 活躍しているエンジニアの職場を取材!Tech通信ONLINE
  • INOUZ Times

ベンチャー通信メールマガジン

ベンチャー通信注目の企業や、ビジネスニュースなどの情報をお知らせします。

ご登録はこちら

pagetop