累計経営者579人に取材、掲載社数288ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを紹介

著名起業家インタビュー

著名起業家燃える男、志太 勤

シダックス 代表取締役会長 志太 勤

小さい頃は、野球選手に憧れた。しかし怪我で野球をあきらめ、いちどは自殺まで考える。高校3年生から始めた食堂は、周辺環境の変化により廃業に追い込まれる。やっとのことで立ち上げたアイスキャンディ事業は、工場と自宅の全焼という悲劇に見舞われる。挫折続きの起業家人生。しかし、志太は悲観することなく、地道に努力し続けた。なんとしてでも、日本一の商売人になってやる!その強い信念が彼を支え続けた。失敗にめげることなく、挑み続けた志太勤。その志太の情熱は、いまもなお燃えさかっている。

※下記はベンチャー通信9号(2003年12月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

―志太さんは、どんな少年だったんですか。

志太:ガキ大将でした。野山を駆け回っていましたね。また野球がとても好きで、野球少年でもありました。小学校6年生のときに野球をやり始めて、ずっと野球ばかりをやっていました。高校は野球で有名な静岡県立韮山高校に入学しました。ちょうど私が入学する前の年に、韮山高校は甲子園で優勝したんです。その優勝決定戦は、私も興奮しながらラジオで聞いていました。韮山に凱旋した韮山高校チームを、地元の人たちは熱烈に歓迎した。私も提灯を持ちながら、選手達を祝福しました。すごい憧れを持って、選手を見ていました。高校に入学した私は、迷わず野球部に入部した。一年生の頃は、ひたすら球拾いに明け暮れる毎日。その当時は、「日本一の投手」になることを夢見ていました。だから、厳しい練習もいっこうに苦にはならなかった。そして二年生のときに、晴れてピッチャーでレギュラーになれたんです。スタミナもあったし、球は速かった。時速140キロはあったと思う。  でも、レギュラーになったその年、静岡県の予選大会で右腕に激痛が走ったんです。すぐに急患で病院に運び込まれて、体じゅうの関節にギブスをはめられた。医者からは、「多発性関節炎だ。一生ボールを握ることはできないよ」と一言、告げられました。

―その時は、どんな気持ちだったんですか。

志太:本当にショックだった。野球だけが人生だったのに、もうその野球ができない。まさに人生の絶望を感じた。いっきに目の前が真っ白になりました。もう死んだ方がいいとまで思った。そして、ある日、自殺の名所である熱海の錦ヶ浦海岸に行きました。自然とその場所に足が向いていたんです。私はひどく落ち込んでいたので、フラフラと歩いていったんだと思います。そのまま放っておくと自殺するぞ、と思ったんでしょうか、海岸公園を管理している中年の男性が近づいてきて、私に声をかけたんです。そして、いろいろと私の話を聞いてくれた。その人は、「野球だけが人生じゃない。その野球にかける情熱をほかの分野に向ければ、必ず成功するはずだ。たとえば、商売をやったらどうだろう。事業家になり、日本一の金持ちを目指してみろよ」と言ってくれた。その人の言葉には温かみがあった。とても説得力のある話し方だったんです。その人の話を聞いて、はじめて「野球だけが日本一じゃなくて、商売にも日本一があるんだ」ってことを知りました。よし、商売人になろう。日本一の商売人になってやろう。そう心に誓いました。

―すぐに商売を始めたんですか。

志太:高校3年生の秋に、親戚の西原さんという人から、大衆食堂「大ごたつ」の経営を譲り受けました。西原さんは、食堂の経営をやめて、もっと大きな食堂を新たに展開することになったので、私にその話がきたんです。私は高校に通いながら、その食堂の仕事をしました。食堂は、俗に言う「トラック昼夜食堂」という大衆食堂でした。店は繁盛していて、ひたすら働いた。1日に3,4時間くらいしか寝なかった。でも、その繁盛していた食堂が、廃業に追い込まれたんです。というのも、新しいバイパス道路が開通して、トラックがうちの食堂に寄らなくなったから。こうして、その食堂は旧道に残された廃屋同然になりました。お客さんが全くいない店内、表に出て食堂を見たときの寂しさは、いまも忘れられません。  この経験で、「いくら才覚があっても、いくら働いても、ビジネスの環境が変われば、どうしようもないことがある」ということを学びました。時代の流れを着実につかみ、チャンスをものにしていく。それが大事だと気づいたんです。逆に言えば、時代に逆行すると、どれだけ努力しても成功は難しい。この挫折は、私にとって貴重な財産になりました。

その他の著名起業家の記事

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

ベンチャー通信メールマガジン

ベンチャー通信注目の企業や、ビジネスニュースなどの情報をお知らせします。

ご登録はこちら

  • ベストベンチャー100
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • 人財力100 人材採用と育成に力を入れている100社
  • 活躍しているエンジニアの職場を取材!Tech通信ONLINE
  • INOUZ Times

ベンチャー通信

ベンチャー通信
ベンチャー情報雑誌

「ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを取材」をコンセプトに編集している、2000年創刊のベンチャー情報雑誌です。

ベンチャー通信への掲載・取材希望の方

ベンチャー企業の採用力強化、自社の成長性・知名度アップのため、ベンチャー通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

pagetop