累計経営者579人に取材、掲載社数300ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを紹介

著名起業家インタビュー

シダックス 代表取締役会長 志太 勤

著名起業家燃える男、志太 勤

シダックス 代表取締役会長 志太 勤

※下記はベンチャー通信9号(2003年12月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

―その後は、どんなビジネスをしたんですか。

志太:次にやったのが、アイスキャンディ事業です。その頃、兄がアイスキャンディ事業を展開していたんです。だから、私もそれを見習って、1956年からアイスキャンディ事業をはじめました。ちょうど22歳の時でした。戦後間もない頃だったので、甘いものが少なかったんです。このアイスキャンディは飛ぶように売れました。原料は水とシロップだけで済んだので、原価率は低かった。だから利幅が大きいわけです。このアイスキャンディ事業は、静岡県東部で一、二位を争うところまで成長しました。  その後、事業をさらに拡大するため、静岡県では最大規模で最新鋭の冷菓工場を建設したんです。ところが、またしても災難が降りかかりました。その冷菓工場が、竣工一年後に社員寮、自宅ともに全焼してしまった。しかも火災保険などには入っていなかったので、工場を建設する時に借りた借金だけが残りました。あれは忘れもしない1958年4月13日のことでした。この時は、さすがに度重なる不運に絶望しました。「これからどう生きていこうか」と呆然と立ち尽くした。漠然とした不安感というより、「オレは運命に見放されているのではないか?」という恐怖感を感じたんです。

―その後、東京に出てきたんですよね。

志太:そうです。私にとって、故郷はもう敗残の地でしかなかった。当時の田舎では事業で失敗した人に、もう一度チャンスを与えるような雰囲気はありませんでした。私は追い立てられるようにして、心機一転、東京に出る覚悟をしたんです。そして、まずは家族を残して上京しました。お金がなかったんで、燃えた工場の跡地に行って、鉄クズを拾い集めて電車賃を捻出した。そうして新宿へと向かったんです。電車の車窓から赤くなった夕日が見えました。その太陽を見て、「志太よ、燃えよ!」と自らを奮い立たせた。その太陽の赤さは、いまでも鮮明なまま、脳裏に残っています。

―東京に出てきた印象はどうでしたか。

志太:新宿駅に降り立った第一印象は、「東京は毎日がお祭りなんだ」ということです。とにかく人が多い。雑踏の中、圧倒されるような人の群れを見て、そう思いました。そんな時、「毎日がお祭りだから、人は有り余るほどいる。この群集の一人一人から、たとえ10円でも稼ぐことができれば、積み重ね式で増えていくことで、100万円にも1000万円にもなる」ということを考えた。「もうこれは東京で商売するしかない。日本一の商売人になるには、東京しかない」。そう決意しました。その日、自宅に帰る電車の中では、事業に対する意欲があふれんばかりに高まってきたんです。早く東京で商売をしたい、そんな想いでした。

その他の著名起業家の記事

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

ベンチャー通信

ベンチャー通信
ベンチャー情報雑誌

「ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを取材」をコンセプトに編集している、2000年創刊のベンチャー情報雑誌です。

ベンチャー通信への掲載・取材希望の方

ベンチャー企業の採用力強化、自社の成長性・知名度アップのため、ベンチャー通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

  • ベストベンチャー100
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • 人財力100 人材採用と育成に力を入れている100社
  • 活躍しているエンジニアの職場を取材!Tech通信ONLINE
  • INOUZ Times

ベンチャー通信メールマガジン

ベンチャー通信注目の企業や、ビジネスニュースなどの情報をお知らせします。

ご登録はこちら

pagetop