累計経営者579人に取材、掲載社数316ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを紹介

IT業界の起業家インタビュー

株式会社ネクスト Lifull特集

IT人々の生活を満たす新ビジネスの集合体

株式会社ネクスト Lifull特集

※下記はベンチャー通信63号(2016年4月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

2つのベンチャー気質が融合した自由な風土

事業領域もサービスも制約なくあらゆる可能性に挑戦できる

大手不動産会社の社内ベンチャーから生まれたWebコンサルティング会社と、不動産業界のさまざまな不便の解消を目指して立ち上がったネクスト。2つのベンチャー精神が融合して、より自由な社風が生まれたという。そのLifull Marketing Partners(以下、LMP)の企業風土を、営業担当役員と4名の若手メンバーに語りあってもらった。

営業力×Web提案力で顧客対応力がさらに強化

―みなさんの業務内容を教えてください。まずはネクストから出向してきている舟木さん、野間さん、橋本さんお願いします。

舟木 ネクストから出向してきた『HOME'S』の新築マンション部門の営業部隊とLMPのコンサルタント部隊が連動するようにマネジメントして、顧客に提供する価値を最大化する役割です。また、LMPの西日本における営業力強化も重要なミッションになっています。

野間 ネクスト時代から引き続いて、『HOME'S』の新築マンション部門の営業です。ただし、LMPに来てからWebの知識が格段についたので、リスティング広告のことなどを相談されるようになりました。顧客からより必要とされる存在になったと実感します。

橋本 私も同じく出向して『HOME'S』の営業をしています。大きな変化として、いままでだったら対応できなかったお客さまからの相談にこたえることができるようになりました。たとえば「自社でWebサイトを立ち上げたい」とか。いまはWebに精通した人材と一緒に動くことで、フォローできています。

―では、Lifullグループ入りする前からのメンバーである禅野さん、米田さん、お願いします。

禅野 おもなクライアントは新築分譲マンション・一戸建ての不動産デベロッパーのお客さまで、プロモーション、HP制作、システム周りまでWebに関わるコンサルティング全般を手がけています。

米田 私は禅野さんのようなコンサルタントたちをバックオフィスでサポートしています。ホームページのアクセス解析やリスティング、バナー広告の運用を指導しています。

―禅野さんと米田さんがLMPに入社を決めた理由はなんでしょうか。

米田 コンサルティングしながらWeb全体を創りあげていく事業に魅力を感じたことです。前職の広告代理店では、Webや紙の制作だけをしていたのですが、顧客から言われた通りにつくるだけになりがちでした。その点、この会社では、Web広告・制作を含めた全体の戦略から提案できます。

禅野 私も広告代理店にいました。でも、広告媒体の主流が紙媒体からWebに移行していく時代の流れを感じとり、「Webのスキルを身につけたい」と。思い切ってWebを事業領域にしている当社へ転職しました。「ベンチャー的な企業風土が自分には合う」と思っていたので、そういうカルチャーの会社だったことも決め手になりました。

橋本 確かに、LMPはWebのエキスパート集団。こちらへ来て、業務のなかでメンバーと話すだけでも、Webの深い知識をもてるようになってきているのを感じています。

若手に大きな裁量を与えるカルチャーは変わらない

―ネクストから出向してきて、風土の違いを感じることはありますか。

野間 ええ、あります。ネクストではメンバー同士の情報共有に時間をかけます。日ごろから「新しい物件が出ていたよ」とかメンバー同士が情報交換することで、顧客への提案へのヒントにしようとします。一方、LMPにはそういう風土はないですね。

橋本 それは、ひとりの担当者が特定の顧客への対応をすべて任されているからでしょう。だから、メンバー同士で情報共有するよりも、顧客のところへ行ってヒアリングしたほうが早い、というスタンスになる。

舟木 Lifullグループ入りした新生LMPの社風はこれから築いていくもの。いまはまだ、プロパーのメンバーとネクストから来たメンバーとが意見を出しあっている段階。固まるまで多少の時間はかかると思います。

 ひとついえるのは、「一人ひとりのメンバーに大きな裁量を与え、仕事を任せる」という社風は変わらない。それがネクストのカルチャーでもあるからです。

―これまでに「大きな仕事を任せられた」といえる経験があれば、教えてください。

米田 入社2年目に「請求システムの改善をやらせてもらえないか」と経営陣に直訴し、受け入れてもらえた。基本設計から自分で考え、ほとんどひとりで完成させました。現在みんなが使っているものがそうです。

 フルスクラッチでの開発は前からやってみたかったんですが、「入社したての自分が言っていいのか」とためらう気持ちもあった。でも、「チャレンジする人間を応援し、任せる」という社風に後押しされて、一歩踏み出せたんです。

禅野 私の場合、営業に配属されて2年目で、ある大手不動産デベロッパーが新コンセプトのマンションをリリースする大きなプロジェクトをひとりで担当するようにアサインされました。何十人というメンバーが関わる一大プロジェクトで、メンバーたちの意見の調整をしながら、Webサイトの制作とプロモーションの企画・実行をやり遂げました。この経験で「一皮むけた」と思います。

グループ内でいちばんの「働きやすい会社」を目指す

―どんな人材と一緒に働きたいですか。

舟木 自分の信念をもっている人ですね。LMPは今後、凄いスピードで成長していく。ですから「これがやりたい」というものをもっていないと流されてしまう。

 LMPの成長性はいま、同業者の間で注目の的。もともとそなえていたWebコンサルティング力に『HOME'S』という武器がくわわったことで、今後は事業領域もサービスも制約なく、あらゆる可能性にチャレンジできる。実際、そんな状況をみた方から「LMPで働きたい」と声をかけてもらうこともあります。

米田 それは、風通しのよい社風もあってのことかもしれません。なにごともオープンにメンバーへ知らせてくれるし、メンバーから経営陣への意見具申も自由にできます。

―みなさんの今後のキャリア目標を聞かせてください。

舟木 今後2年間でネクストの売上高を抜くぐらいの意気込みでLMPを成長させます。さらに、ネクストよりも働きやすい魅力的な会社にしたい。

禅野 ネクストとLMP、それぞれの強みを活かして業界のトップになるのに貢献したいです。

野間 私も同じです。そして個人的な目標としては新規事業を提案して、新会社を立ち上げたいです。

橋本 もっとコンサルティング力を高めて『HOME'S』というメディアをもっと売っていきたい。そしてLMPプロパーのメンバーからWeb知識を学んで、『HOME'S』をもっとユーザーから支持されるようなメディアに改良していくことにも取り組みたいです。

米田 私は逆にネクストのメンバーからWebサービスとしての『HOME'S』のことを学びたい。そして将来的に「これがLMPの商品です」といえるようなオリジナルのWebサービスを開発して、リリースしたいですね。

■取締役 兼 メディア営業本部長 舟木 卓(ふなき すぐる)
1981年、富山県生まれ。2005年に東京工業大学工学部を卒業後、2005年に株式会社ネクストに入社、『HOME'S』新築マンションや新築戸建の営業に携わる。2015年に株式会社LifullMarketing Partnersに移り、現職に就任。

■コンサルティング営業本部 営業1部 副部長 禅野 智恵(ぜんの ちえ)
1981年、東京都生まれ。2003年に日本女子体育大学体育学部を卒業後、広告代理店に入社し、メディアバイイング・営業に携わる。2009年に株式会社アクセリオン(現:株式会社Lifull Marketing Partners)に入社。

■マーケティング本部 リーダー 米田 純也(まいた じゅんや)
1984年、青森県生まれ。学生時代はグラフィックデザインを専攻。卒業後、制作プロダクション、広告
代理店を経て2011年に株式会社アクセリオン(現:株式会社Lifull Marketing Partners)に入社。

■メディア営業本部 東日本営業1部 野間 裕登(のま ひろと)
1990年、神奈川県生まれ。2012年に日本大学を卒業後、クレジットカード会社に入社。その後、2014年に株式会社ネクストに入社。2015年に株式会社Lifull Marketing Partnersに出向。

■メディア営業本部 東日本営業1部 橋本 文子(はしもと あやこ)
1984年、福島県生まれ。2007年に東洋大学文学部を卒業後、IT関連会社、金融関連会社を経て株式会社ネクストに入社、新築分譲マンションの広告営業に携わる。2015年に株式会社Lifull Marketing Partnersに出向。

会社概要

―株式会社Lifull Marketing Partners

設立/2005年10月
資本金/3,250万円
事業内容/インターネット・マーケティング(インターネット広告に関する企画・制作・代理およびコンサルティング、Webサイトの企画・開発・運営およびコンサルティングほか)
URL/http://lifull-mp.co.jp/

その他のIT起業家の記事

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

ベンチャー通信

ベンチャー通信
ベンチャー情報雑誌

「ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを取材」をコンセプトに編集している、2000年創刊のベンチャー情報雑誌です。

ベンチャー通信への掲載・取材希望の方

ベンチャー企業の採用力強化、自社の成長性・知名度アップのため、ベンチャー通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

  • ベストベンチャー100
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • 人財力100 人材採用と育成に力を入れている100社
  • 活躍しているエンジニアの職場を取材!Tech通信ONLINE
  • INOUZ Times

ベンチャー通信メールマガジン

ベンチャー通信注目の企業や、ビジネスニュースなどの情報をお知らせします。

ご登録はこちら

pagetop