累計経営者579人に取材、掲載社数292ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを紹介

IT業界の起業家インタビュー

株式会社ウェブフロンティア 代表取締役 村上 健太

IT継続経営はもちろん 大事もっと大事なのは“人財”です

株式会社ウェブフロンティア 代表取締役 村上 健太

※下記はベンチャー通信67号(2017年4月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

―現在の仕事内容を教えてください。

 受託開発案件の担当者として、マネジメントを行っています。以前から現場に出ているメンバーの面倒をみてはいたのですが、実際にプロジェクトとして管理するようになったのは昨年からですね。

 見積もりからスケジュールを立て、配下メンバーの最適化を図ることが私のミッション。案件が計画通りに進み、お客さまの信頼を得ることがやりがいと達成感につながります。

―マネジメントするうえで心がけていることはありますか。

 個々によってスキルが異なるので、負荷がかかりすぎないようにしっかり業務を分配したうえで、普段から声かけをすることですね。なかには抱え込んでしまうメンバーもいますので、注意深くヒアリングすることで「ちょうど悩んでいたんです」と言われることもありますから。

 そのため、通常業務はもちろん、定期的に懇親会を開いて話をするように心がけています。個人的には部下の家に遊びに行って、一緒にゲームしたりしています(笑)。

―今後のビジョンを教えてください。

 受託開発における社内の売上比率はまだ10~20%なので、その比率をもっと上げていきたいですね。また、マネジメントはもちろん、ひとりのエンジニアとしても現場を支えていきたいです。

―自社プロダクトの開発に携わっているそうですね。

 ええ。飲食店向けのレジアプリ『flamingo(フラミンゴ)』の開発を任されています。自社プロダクトの開発は、当社においても初めてのチャレンジングな試み。試行錯誤ばかりで悩むことも多いのですが、自分で「飲食店だけでなく、小売店向けにこのような構成で開発してみたい」ということをキチンと説明できれば採用されるので、やりがいも大きいですね。

―どんなところでエンジニアとしての成長を実感するのでしょう。

 やはり上流から下流まで全体を把握して開発し、エンドユーザーからの反応を直接感じられたときですね。前職のときは大型システム開発の一角を手がけることも多く、自分がどんな開発を行っているのかわからないことすらありましたから。いまはエンドユーザーの要望に応えることで、エンジニアとしてひとつずつステップアップしていくのを実感しています。

―どんなエンジニアが多いですか。

「さらにスキルを磨いていきたい」という意欲のある人が多いですね。まだこれからの会社なので、いろんなことにチャレンジしようという気運が高まっていて、「こういう勉強会をやりたい」と発言しさえすれば、会社としても積極的にサポートしてくれています。

―社風について教えてください。

「人がいい」ということですね。当社は、女性メンバーが少なく、10代にいたっては私ひとりなんです。それでも、とくに違和感なく働けています。たとえば本社では毎月「スイーツタイム」と称して、みんなで会議室に集まって有名なおかしを食べたりしています(笑)。

―葛西さんが感じる村上さんの魅力はなんでしょう。

 仕事に対する熱意やウェブフロンティアを想う気持ちが誰よりも熱いと思います。これは私だけではなく、全員がそう感じていると思いますね。その反面、すごくフランクに接してくれます。優しくて、社員のサポートも全力でしてくれます。

 その姿を見ると、「私もウェブフロンティアのためにもっとがんばろう」って自然に背中を押してもらっているような気がします。

―今後の目標を教えてください。

 いまは総務業務がメインですが、会社はこれから新卒採用に力を入れていく予定なので、もっと採用関連の仕事にかかわっていきたいと思っています。昨年入社したばかりでまだまだ未熟ですが、ゆくゆくは求人媒体の選定だったり面接などを担当できれば、と。

 あとは会社の魅力をもっと多くの人に知ってもらうために、FacebookなどのSNSを活用した広報宣伝にも携わっていくのが個人的な目標ですね。

―採用方針について教えてください。

 当社は、中途入社がほぼ100%の会社です。正直な話、新卒を採用するには募集をかけるのにも教育するにもコストがかかります。そういった理由もあり、新卒採用になかなか踏み切ることができませんでした。

 しかし、売上や従業員数が順調に増え、経営基盤も整ってきたことから、2017年度卒から新卒採用を開始。中途とともに、積極的に採用を行っていきます。

―新しいメンバーにどのようなことを期待していますか。

 新卒に関しては、社内の活性化を担ってもらうことに期待しています。当社は現在SES事業が中心ですが、今後は受託開発と自社製品・サービスの開発を強化していく予定。そのためには、社内ノウハウをどんどん若手に継承・蓄積していく必要があります。若手の成長こそが、会社全体の底上げにつながっていくのです。

 また中途採用に関しては、やはり経験者を求めます。ただ、ブランクがあったり、高いスキルがなくてもOK。意欲や積極性を評価します。

―ウェブフロンティアに入社すれば、どのようなキャリア形成が可能ですか。

 当社には取り組んでいる分野として、Web、モバイル、エンベデッド(組み込み)があり、形態としては、SES、受託開発、自社開発があります。すなわち、それぞれを掛けあわせた3×3のマトリックスの事業領域で働くことが可能なのです。それぞれの分野によって求められるスキルやワークスタイルも異なります。そのぶん、幅広いキャリア形成が可能だといえるでしょう。

将来を見すえたキャリアプランを描こう

―学生や若手エンジニアに対してメッセージをお願いします。

 技術はすごいスピードで進歩しています。そのため、古い知識だけではおもしろいプロダクトはつくれません。つねに好奇心をもって、新しい技術を追い続けてほしいですね。会社としても、勉強会や研修を通じてサポートを行います。うまく会社を利用して、キャリアプランを描いてほしいですね。

村上 健太(むらかみ けんた)プロフィール

1979年、神奈川県生まれ。2002年に成蹊大学法学部法律学科卒業後、独立系システム開発会社に入社。汎用系システム開発を経て、Webシステム開発を担当する。2005年、26歳で株式会社ウェブフロンティアを設立し、代表取締役に就任する。

株式会社ウェブフロンティア 企業情報

設立 2005年9月
資本金 1,500万円
売上高 6億5,500万円(2016年8月期)
従業員数 102名
事業内容 システムコンサルタント、ソフトウェアの研究・開発ならびに販売、ソフトウェアパッケージの開発・販売・保守、そのほか前号に付帯するいっさいの業務 
URL http://www.webfrontier.co.jp/

その他のIT起業家の記事

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

ベンチャー通信

ベンチャー通信
ベンチャー情報雑誌

「ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを取材」をコンセプトに編集している、2000年創刊のベンチャー情報雑誌です。

ベンチャー通信への掲載・取材希望の方

ベンチャー企業の採用力強化、自社の成長性・知名度アップのため、ベンチャー通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

  • ベストベンチャー100
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • 人財力100 人材採用と育成に力を入れている100社
  • 活躍しているエンジニアの職場を取材!Tech通信ONLINE
  • INOUZ Times

ベンチャー通信メールマガジン

ベンチャー通信注目の企業や、ビジネスニュースなどの情報をお知らせします。

ご登録はこちら

pagetop