累計経営者579人に取材、掲載社数300ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを紹介

業界の起業家インタビュー

株式会社ビーボ 代表取締役社長 武川 克己

「やりゃいいじゃん」の精神でビジョンを実現する新規事業を立ち上げる

株式会社ビーボ 代表取締役社長 武川 克己

※下記はベンチャー通信69号(2017年9月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

打ち合わせと思った場で示された雇用契約書

―現在の仕事内容を教えてください。

 ビーボの100%子会社の代表取締役として、すべての業務をゼロから立ち上げているところです。M&Aによって取得した通販事業の受け皿として設立された、ビーボとしては初の子会社です。また、ビーボのデジタルマーケティングDiv.にも少し携わっています。

―業績は伸びていますか。

 試行錯誤がありました。子会社なので、「ビーボ本体でやっていないことに挑戦しよう」と、お客様サポートのアルバイト採用を実施したんです。採用したメンバーは成果を出してくれています。でも、個々のシフトの都合もあり、安定した価値を提供していくには、正社員として価値創造していけるメンバーがもっといないとダメだなと。正社員採用にも注力していこうとしています。

―若くして経営をまかされるのは、重荷と感じませんか。

 いいえ。いい意味でのプレッシャーはありますが、「荷が重い」とは感じません。というのも、現在よりもずっと小規模ですが、私自身、起業して会社を経営していた経験があるからです。それはアフィリエイト広告の会社だったんですが、通販事業も展開していて。その縁で成長中のビーボの存在を知り、ビーボの広告の運用などをやっていました。

 そんなある日、代表の武川から「次、いつ来れる?」といわれて。打ち合わせだと思って「じゃあ、来週の月曜に行きます」と。行ってみたら、武川が出してきたのが雇用契約書だったんです(笑)。

―起業家から、いち会社員になるというオファーですね。迷いましたか。

 いや、「やります」と即答しました。私は起業したといっても、「世の中に価値を提供する」といった本質的な目的はなく、アフィリエイトでお金を稼ぎたかっただけ。そんな状態から引き上げてくれたのが武川からのオファーだったんです。それ以降は、組織として創造する価値へのワクワクが止まりません。

モノではなくコトを売る やりたかった夢をかなえたい

―今年5月、ビーボへ入社したばかりだと聞きました。

 ええ。入社する2ヵ月前、代表の武川から「久しぶりに会おうか」と誘われて。武川とは私が大手アパレル会社を辞めて、サブスクリプションEC事業で起業していたころからの知り合い。それはうまくいかず、広告代理店に再就職していたとき、武川から誘われたんです。

 その場で、私は再就職先での悩みを話しました。「個人事業主みたいに動いている。せっかく仲間とともに事業をやっているのだから、個人の限界を超える価値を生みたい」と。すると「それならビーボへ来いよ」と。ビーボの事業には関心をもっていましたし、「いつか武川と一緒に仕事をしたい」と思っていたことから、入社を決意したんです。

―どんな点に関心があったのですか。

 モノではなくコトという価値を本気で提供しようとしている点です。私が独立を志したのは、それをやりたかったから。時計であれば時計というモノがほしいから時計を買うのではなくて、「その時計を身につけている自分がカッコいい」というコトの部分に価値を感じているはずです。でも新卒入社したアパレル会社は、昔ながらの「衣服=モノ」という発想のまま。だから、コトの部分をネットで発信する通販事業を自分で立ち上げようと。

 いま、ビーボに入社して、お客様サポートのメンバーがユーザーからの相談を親身になって解決している電話を横で聞いたりすると、「ああ、ビーボは本気でモノではなくコトを売ろうとしているんだな」と実感しますね。

―入社後、どんな仕事に携わっているのですか。

 ニキビケアの『パルクレール』というブランドのマーケティング戦略の責任者を務めています。当社の主力ブランドである『BELTA』に比べると、まだまだ売上は少ない。だからこそ経験や知識など関係なく、本気になって、大きなブランドに育成していきたいと考えています。そのためにも、『パルクレール』に強い愛情を注げるメンバーを集めて、その愛を顧客に伝えていきます!

その他の起業家の記事

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

ベンチャー通信

ベンチャー通信
ベンチャー情報雑誌

「ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを取材」をコンセプトに編集している、2000年創刊のベンチャー情報雑誌です。

ベンチャー通信への掲載・取材希望の方

ベンチャー企業の採用力強化、自社の成長性・知名度アップのため、ベンチャー通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

  • ベストベンチャー100
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • 人財力100 人材採用と育成に力を入れている100社
  • 活躍しているエンジニアの職場を取材!Tech通信ONLINE
  • INOUZ Times

ベンチャー通信メールマガジン

ベンチャー通信注目の企業や、ビジネスニュースなどの情報をお知らせします。

ご登録はこちら

pagetop