累計経営者579人に取材、掲載社数300ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを紹介

販売・サービス業界の起業家インタビュー

株式会社LOHASTYLE 代表取締役 綱藤 芳信/木村 友貴

販売・サービス仕事で成功するためにはまずは人生を愉しむこと

株式会社LOHASTYLE 代表取締役 綱藤 芳信/木村 友貴

※下記はベンチャー通信69号(2017年9月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

ウォーターサーバー事業で成長を続けるロハスタイルは、社員の自主性を重んじることでやる気を引き出し、それを成長のエネルギーにしている好例だ。そこでこのページでは同社で働く若手社員ふたりに、仕事のやりがいや同社の魅力などについて聞いた。

営業という職種を超えて「この会社で働きたい」と思った

―入社した理由を教えてください。

前川 きっかけは、会社説明会で知った会社の理念に共感したことでした。大学で国際支援を学んでいたこともあり、就活当時はユニセフやNGOに就職したかった。そんなとき、興味本位で一般企業の求人に目を通してみると、「LOHAS」という言葉が入った社名を見つけて。「どんな会社なんだろう」と、軽い気持ちで会社説明会に顔を出してみたんです。そこで、「豊かなサービスを提供するために、まずは社員の豊かさを追求する」という言葉を聞いて。この会社は、経済的な豊かさだけではくくれない「幸せ」を大切にしている。それは、国際支援を志していた私の想いと一致しました。職種が営業というだけであって、根底に流れている想いは変わらないんだなと。

戸田 僕は就活生時代、「営業」という仕事に抵抗がありました。かといってやりたいこともないなか、就職するなら社内のコミュニケーションが活発な企業が良いなと。就職サイトなどを使って探した結果、ロハスタイルを知りました。
 いざ面接を受けて驚いたのが、代表の木村の「人に対する姿勢」です。「あなたのことをぜひ深く知りたい」というスタンスで、イチ学生の自分に興味を示し、真剣に向き合ってくれたんです。そうした姿勢に感動をおぼえ、「この会社で働きたい」と入社を決めました。

―入社後、「想像と違った」というギャップはありませんでしたか。

戸田 なかったです。木村と綱藤の「社員に対する姿勢」は入社後もかわらず、むしろもっとフランクで。実績のある営業の先輩としても尊敬に値する人なのに、いっさいえらそうな感じがしないんです。僕たちのことを対等な仲間として見てくれている。その空気感が心地よすぎて、ときには「甘えてしまっているな」と、自省することがあるほどです。

前川 「想像と違った」といえば、想像よりもはるかにのびのびと仕事ができることです。勢いで入社したはいいものの、正直なところ「ベンチャーで営業」と聞くと、「きっと厳しくて休みもとれないんだろうな」って。いざフタを開けてみると、やっていることは営業なんですが、営業っぽくない。まるでゲームみたいに、笑顔で楽しめる。それは、ノルマや「こうあるべき」という押しつけがなく、自分の目標に集中できるからだと思います。しかも、会社が「しっかりと休め」と言ってくれる。仕事と同じくらい、プライベートも尊重してくれる会社です。

「まかせてもらえる」ことで自信とやる気をもてる

―現在の担当業務を教えてください。

戸田 全国の大型商業施設や催事場に直接足を運び、「LOHASUI」をメインとしたウォーターサーバーの営業を行っています。

前川 私はそうした業務にくわえて、当社の販売ノウハウを伝えるべく、他社の営業代理店に出向く研修業務も担当しています。

―どんなところにやりがいを感じますか。

前川 自分で考えて仕事を進められるところです。研修業務では、入社2年目の私はやり方がわからず、最初は会社のマニュアル通りに進めました。だけど「なにかちがう」と。すると綱藤が「正解なんてない。まずは自分が思った通りにやってみればいい。がんばって経験を積んでいこう」と言ってくれて。自信がついて、「この商品の魅力を伝えるにはここが大切」と自分なりに思ったポイントを中心に研修内容を刷新しました。たとえ入社2年目の社員であっても、信頼して仕事をまかせてもらえたことがうれしかった。

戸田 営業でいえば、やはり自分で考えて実践した仕事が数字として表れたときですね。近年の健康志向の高まりもあり、ウォーターサーバーの普及率は上がってきていますが、興味がない方もいる。休日の催事場では、ウォーターサーバーを買いに来る人などまずいません。そこから買ってもらうにはどうしたらよいかを考え、トライ&エラーを繰りかえす。その結果、契約につながり、お客さんにも喜んでもらえたときは、本当にうれしいですね。

―今後の目標を教えてください。

戸田 いま、新入社員5名のリーダー職をまかされているので、その仕事をまずはやりきること。ゆくゆくは、ウォーターサーバー事業全体をまかせてもらえるようになりたいと思っています。

前川 せっかく水にかかわる仕事をしているので、水を活かした新たなCSR事業を立ち上げてみたい。代表ふたりも応援してくれています。夢に見た国際支援を実現するためにも、まずは売上を伸ばして、いずれ社会貢献ができればと思っています。

代表取締役 綱藤 芳信(あみとう よしのぶ)プロフィール

1979年、福島県生まれ。1999年、専門学校を卒業後、デザイン会社に入社。2004年、株式会社エフエルシー(現:株式会社プレミアムウォーターホールディングス)に入社。2013年、エフエルシープロモーション株式会社の代表取締役に就任。2016年、株式会社LOHASTYLE代表取締役に就任。

代表取締役 木村 友貴(きむら ゆうき)プロフィール

1982年、東京都生まれ。2003年、株式会社エフエルシー(現:株式会社プレミアムウォーターホールディングス)に入社し、日本大学を中退。エフエルシーモバイル株式会社の代表取締役、プレミアムウォーター株式会社の取締役を経て、独立。2014年、株式会社UPSIDE(後に株式会社LOHASTYLEに社名変更)を設立。

企業情報

設立 2014年10月
資本金 1,000万円
売上高 6億5,000万円(2017年12月期:見込み)
従業員数 70名
事業内容 ウォーターサーバー事業、ミネラル水の販売、各種販売代理店業務、販売促進にかんするイベントの企画・制作・実施、販売促進にかんする指導・経営コンサルティング業務
URL http://lohastyle.jp/

その他の販売・サービス起業家の記事

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

ベンチャー通信

ベンチャー通信
ベンチャー情報雑誌

「ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを取材」をコンセプトに編集している、2000年創刊のベンチャー情報雑誌です。

ベンチャー通信への掲載・取材希望の方

ベンチャー企業の採用力強化、自社の成長性・知名度アップのため、ベンチャー通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

  • ベストベンチャー100
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • 人財力100 人材採用と育成に力を入れている100社
  • 活躍しているエンジニアの職場を取材!Tech通信ONLINE
  • INOUZ Times

ベンチャー通信メールマガジン

ベンチャー通信注目の企業や、ビジネスニュースなどの情報をお知らせします。

ご登録はこちら

pagetop