累計経営者579人に取材、掲載社数319ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを紹介

コンサルティング業界の起業家インタビュー

クレアルティ株式会社 代表取締役 小石 彩夫

コンサルティング顧客の要求を超えてこそプロの介在価値がある

クレアルティ株式会社 代表取締役 小石 彩夫

集客に悩む企業から、「Webマーケティングの力」を評価されているクレアルティ。このコーナーでは、その「看板」を背負うふたりに、成果を最大化させるために心がけていることや仕事の魅力などについて聞いた。

※下記はベンチャー通信71号(2018年4月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

成果が出ていても改善策を検討し続ける

―いまの業務内容を教えてください。

 クライアントに、集客や販売増に向けたマーケティング戦略を提供しています。顧客ごとに毎日、実施した企画や効果、使った予算などの進ちょくをレポートにまとめ、情報を共有化しています。「クライアントのマーケティング担当者」として責任ある仕事をするためにも、連絡は緊密にとるよう心がけていますね。

―仕事のやりがいはどこにありますか。

 「チャレンジできる毎日を過ごせる」ことです。同じ内容のマーケティングを繰り返すだけでは、集客が伸び続けることはありません。たとえそのときはうまくいっていたとしても、どのコンテンツからの集客が好調で、ダメなコンテンツにはどのような理由があるのかを日々考えています。数字を伸ばすためにはデザインを改良すればいいのか、記事企画をブラッシュアップするべきなのか。それともキャッチコピーを変えるべきか。さまざまな角度から分析をくわえることで改善策を見つけます。

 ライターやデザイナーと、厳しい意見をぶつけ合うこともあります。お互い妥協なく、「集客の最大化」を追求していますから。そういった刺激あふれる毎日のなかで、戦略通りに数字が伸びたときは、言葉にできない喜びを得られます。

―思い出に残るエピソードを教えてください。

 私は新規顧客の開拓も担当しているのですが、ある大手中古車販売の新サービスプロモーションについて、広告代理店5社との競合の結果、受注に成功したことがありました。「成果報酬型」で提案したことや、クライアントに深く入り込んだマーケティング戦略といった強みを高く評価してくれたのです。そのなかで少し意外だったのが、われわれの「対応のよさ」といった部分を称賛してくれたことでした。

―どういうことですか。

 当社では、「クライアントへの返事は10分以内」「ホウ・レン・ソウの徹底」など、クライアント対応には最大限の配慮を行っています。ちょっとしたことかもしれませんが、徹底できていない会社は多いのではないでしょうか。今回のクライアントは、「スピーディでていねいな対応だったので、プロモーションも大丈夫だろう」といってくれました。マーケティング力だけでなく、ビジネス対応の根本部分の重要性を改めて理解できた瞬間でした。

―会社の魅力はどこですか。

 全員が「いい仕事をしよう」と真剣に取り組んでいることですね。マーケティングの仕事は、発想力とコミュニケーション力、そして向上心があれば、おもしろみがどんどん増していきます。当社でしっかり働けば、一人前のWebマーケターとして必ず成長できますよ。

「主体的に働きたい」新天地で想いを実現できた

―入社のきっかけを教えてください。

 「自分で考えて行動する仕事」ができると思ったからです。私は大学卒業後、信用金庫で約6年間働きました。窓口業務が担当で、指示されたことをこなすだけの毎日が続き、「なにか新しいことに挑戦したい」という想いが日々強くなっていたときに、この会社と出会いました。マーケティングは未経験でしたが、代表の小石が、「やる気さえあれば、イチからすべて教える」といってくれたので安心しました。顧客の集客が成功するかどうかは自分の努力次第なので、必然的に自主性のある行動へとつながります。

―実際に働いて感じた仕事の魅力を教えてください。

 「創り出す喜び」を感じられるところです。私はバナーやランディングページのデザインといった制作部分をメインに担当しており、性別、年齢別、趣味嗜好別に商品のターゲット層を分析し、どのようにすれば目にとめてもらえる内容にできるかを試行錯誤しています。たとえば、アウトドア派かインドア派のどちらがターゲットかで、色使いやデザインには大きな差が出ます。頭をフル回転させて考え抜く作業はとても疲れますが、納得のいく制作物を生み出すために行う努力は、自分の力をどんどん高めてくれていると実感しています。

―自分の仕事に変化を感じる部分はどこですか。

 ひとつの案件につき3パターンの制作物をつくる作業が、苦にならなくなったことです。当社では、バナーやデザインは最低でも3パターンを用意してから選ぶルールとなっています。入社当初はひとつの制作が精一杯で、残りの2パターンは「つくること」が目的となっていました。「本当に集客できると思ってつくったのか」といつも注意され、代表の小石がマンツーマンで指導してくれました。いまでは、ひとつ制作するごとに客観的な視点をもつようにしています。制作に打ち込むほど視野は狭くなりがちで、最初につくったものがいちばんいいものに思えてくる。いったん冷静になって、「もっといいものはできないだろうか」と考えたうえで、3パターンをつくれるだけの余裕がもてるようになりましたね。

―マーケティング業界をめざす若者に、アドバイスをお願いします。

 Webマーケティング自体、それほど古くからある仕事ではありません。いま活躍している人も、最初はみんな未経験。「挑戦したい」と思っているのであれば、その気持ちをダイレクトに受け止められる当社でいっしょに働きませんか。

小石 彩夫(こいし あさお)プロフィール

1981年、東京都生まれ。東京農業大学国際食料情報学部卒業後、ホームページ制作のディレクションやWebマーケティング業務にたずさわり、2016年2月にクレアルティ株式会社を設立。代表取締役に就任。

企業情報

設立 2016年2月
資本金 900万円
売上高 4億2,000万円(2018年1月期)
従業員数 4名
事業内容 マーケティング・集客コンサルティング事業、コンテンツ制作事業、輸出入販売事業
URL http://crearti.jp/

その他のコンサルティング起業家の記事

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

ベンチャー通信

ベンチャー通信
ベンチャー情報雑誌

「ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを取材」をコンセプトに編集している、2000年創刊のベンチャー情報雑誌です。

ベンチャー通信への掲載・取材希望の方

ベンチャー企業の採用力強化、自社の成長性・知名度アップのため、ベンチャー通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

  • ベストベンチャー100
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • 人財力100 人材採用と育成に力を入れている100社
  • 活躍しているエンジニアの職場を取材!Tech通信ONLINE
  • INOUZ Times

ベンチャー通信メールマガジン

ベンチャー通信注目の企業や、ビジネスニュースなどの情報をお知らせします。

ご登録はこちら

pagetop