累計経営者579人に取材、掲載社数300ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを紹介

著名起業家インタビュー

杉並区立和田中学校 中学校元校長 藤原 和博

著名起業家いま日本に必要なのは起業家型の創造的人材

杉並区立和田中学校 中学校元校長 藤原 和博

※下記はベンチャー通信21号(2006年11月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

―“正解主義”教育とは?

藤原:日本が戦後から今まで行ってきた教育です。子供たちに解かせる問題の正解が、たった一つしかない。正解主義の中では、独創的な発想は潰されてしまう。つまり、不正解とみなされてしまうんです。起業家、特に、まったく新しい価値を世の中に創造するような起業家は、一種の狂気のようなものを常に持っている。悪い意味ではなく、半分狂っている面がある。いつの時代も、そういう狂気が新しい世の中を創り出すでしょう。でも、こういった人材は、正解主義の教育の中では、落ちこぼれとみなされてしまう。そこが問題です。また、日本では成功者を妬む風潮もある。そこも変えないといけない。もちろん起業家自身も孤立を恐れてはいけない。社会から一時的に非難されようが否定されようが、自分の信じる道を愚直に進み続けるしかない。

―なるほど。これからの時代には、起業家型の創造的人材が、ますます必要になってくると。

藤原:そう。しかし、起業家型の人材といっても、なにもベンチャーとか起業家とか、そんなおおげさなものでなくてもいい。自営業という言い方でいいと思います。すでに欧米ではセルフエンプロイドと呼ばれて、一人自営業者が社会の中で活躍しています。これからの日本経済は、どんどん二極化していくと思います。一方は大型化総合化していく。つまり一つの業界を圧倒的なNo1.企業と、その他2、3社が寡占する。そしてもう一方で、小型化特化していく。地域に根ざしたり、ニッチな専門分野に特化したり。そういう流れになってくる。これが成熟化した社会の未来像です。この中で、大型化総合化の波は、すでに外資の参入などで始まってきています。業界内でM&A(企業の合併・買収)が盛んに行われ、将来は日本の大企業の半分以上が外資系になるでしょう。 そして、小型化特化していく方面で活躍するのが、自営業者です。大企業の下請けではなく、個人の力で稼ぐ。そんなかっこいい自営業者がどんどん日本にも出てくるはず。また自営業者から、会社経営をする起業家に成長する可能性もありますよね。

―話は変わりますが、なぜ藤原さんは新卒でリクルートに入社したんですか?東大経済学部なら官僚になる道などもあります。迷いはなかった?

藤原:リクルートに入社したのは、僕が無謀だったから(笑)。でも、リクルートに入社して、僕は運が良かった。当時のリクルートの年商が150億円ほど、社員500名程度の中堅会社。まさかその当時、今のように利益1,000億円以上を稼ぎ出す情報産業の雄になるなんて誰も思っていなかった。だから、僕は非常に運が良かったと思う。そういうダイヤモンドの原石のような会社に新卒で入社できて。

―リクルートを選んだのは、なにか直感めいたものがあったからですか?

藤原:そうですね。一言で言うと、“におい”ですかね。リクルートには、何か引きつけられる“におい”があったんです。僕の遺伝子に合うというか(笑)。これはもう言葉ではうまく説明できないんですが。その“におい”は、企業だけでなく人にもあるもの。ありますよね?ちょっとこの人とはDNA的に合わないとか(笑)。就職先の企業を選ぶというのは、ある意味で結婚と似ていると思います。だから、これから就職活動をする人がいれば、頭で考えるだけでなく、そういう“におい”のようなものにも注意すればいいと思います。なるべく多くのOB訪問をして、会社訪問も何度もしてみる。そうやって自分の持っている“におい”に近いかどうか確かめてみるしかないでしょう。

藤原 和博(ふじわら かずひろ)プロフィール

1955年生まれ。1978年、東京大学経済学部を卒業後、株式会社リクルートに入社。東京営業統括部長、新規事業担当部長などを歴任後、ヨーロッパ駐在、同社フェローなどを経て、2002年からビジネスマンと兼務で杉並区教育委員会・参与を務める。小中学校での教育改革に関わり、自ら開発した「よのなか科」の実践が話題となり、2003年4月から杉並区立和田中学校校長に就任。都内では義務教育分野で初の民間人中学校長。

企業情報

設立 1949年(昭和24年)
URL http://www.wadachu.jp/

その他の著名起業家の記事

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

ベンチャー通信

ベンチャー通信
ベンチャー情報雑誌

「ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを取材」をコンセプトに編集している、2000年創刊のベンチャー情報雑誌です。

ベンチャー通信への掲載・取材希望の方

ベンチャー企業の採用力強化、自社の成長性・知名度アップのため、ベンチャー通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

  • ベストベンチャー100
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • 人財力100 人材採用と育成に力を入れている100社
  • 活躍しているエンジニアの職場を取材!Tech通信ONLINE
  • INOUZ Times

ベンチャー通信メールマガジン

ベンチャー通信注目の企業や、ビジネスニュースなどの情報をお知らせします。

ご登録はこちら

pagetop