累計経営者579人に取材、掲載社数289ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを紹介

著名起業家インタビュー

株式会社ワークスアプリケーションズ 代表取締役最高経営責任者 牧野 正幸

著名起業家社会貢献なきベンチャーはベンチャーにあらず

株式会社ワークスアプリケーションズ 代表取締役最高経営責任者 牧野 正幸

※下記はベンチャー通信14号(2005年7月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

―起業家や経営者に向き、不向きはありますか?

牧野:あると思います。まず自分が起業家に向いているのかどうか、じっくり考える必要がある。起業家に向いているタイプの人は、次々と起こる前例がない難題を、自分自身の発想力で解決していく「クリエイティビティ型」の人材です。でも、こういう人は全体の1割もいないと思う。それ以外の人は、だいたい「組織型」で、組織の中で問題を解決していくタイプです。このタイプはサラリーマンという立場で、組織の中で実力を発揮したほうがいい。ただし、自分が向いているからと言って、目的もないのに起業する必要はありません。

―起業家を目指す人に言いたいことはありますか?

牧野:よく「起業家になりたい」、「すぐにでも起業したい」という人がいるけど、正直に言うと、なぜそれほど起業家になりたいのかよく分からない。そんな人に理由を聞くと、ほとんどが「もっと自由になりたい」、「人に使われるのが嫌だ」と答える。でも、そんなことを考える人は起業家には絶対になれない。間違いなく無理です。なぜなら、経営者は全然自由じゃないから。経営者は全部自分で勝ち取っていかなくてはならい。なおかつ自分で勝ち取ったものを人に与えていかなければいけない。だから自分の自由なんて全くない。サラリーマンで出世した方がよっぽど自由ですよ。会社の中で実績をあげれば、「会社にとって大切な人材」「戦力」として周囲が認めてくれる。そうなればわがままが通りやすくなる。
 次に、起業云々の前になぜ起業したいのか、起業の目的について考えてみて欲しい。起業には目的が大切です。僕はビジネスチャンスという言葉も、そんなものを見つけようと躍起になっている人間も嫌いです。チャンスだというなら、みんなに教えてやればいい。お金が欲しいとか自己中心的な思いで起業をするのは、ただの個人商店でしかない。本来、起業というものは、社会貢献の為にするべきです。社会の為を考えると誰かがするべきなのに誰もしていない、自分が起業しなかったら、社会が 5年、10年遅れてしまう、そういう起業をすべきなんです。そして、後から振り返ってみたら結果的にビジネスチャンスだった。それが、ベンチャーなのです。例えば、松下電器創業者の松下幸之助は、「人々が安くて簡単に電気製品を使えるようにしたい。水道の水と同じように電気製品を使用してもらえるようにしたい」という水道哲学を持っていた。その哲学に賛同して優秀な人材が集まって、大事業を成し遂げることができたんです。

―自分がどのタイプなのか、どうやって見極めるんですか?

牧野:小学生時代を思い出してください。「成績は良かったけれど、なんともいえない違和感があった」。そんな人はクリエイティビティ型の人が多い。居心地が悪いのは、自分のクリエイティビティをもてあましているから。このタイプの人はもっと難易度の高い仕事に就くべきです。  誰から見ても「できそうもない」仕事を選び、次々と問題が起こるような環境に身を投じるべきです。そして、社会の矛盾や問題点を見つけて、自分以外に誰も解決する人間がいないと思ったら、そのときが起業する時です。社会に貢献するため立ち上がろうと決心して、初めて起業を考えるべきです。

牧野 正幸(まきの まさゆき)プロフィール

1963年兵庫県生まれ。83年4月建設会社に入社。入社後1年半でソフトウエア会社に転職。大手コンピュータ関連会社に出向し7年半をシステムコンサルタントとして過ごす。94年10月、日本製の業務パッケージソフトの開発プロジェクトを発足させる。96年7月ワークスアプリケーションズを設立。代表取締役に就任。2001年12月JASDAQ市場に上場。2005年2月、プロの経営者を養成するため「一人シリコンバレープロジェクト」を開始。

企業情報

設立 1996年7月
資本金 3,272,006千円
事業内容 大手企業向けERPパッケージシステム「COMPANY」の開発・販売・サポート
URL http://www.worksap.co.jp

その他の著名起業家の記事

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

ベンチャー通信

ベンチャー通信
ベンチャー情報雑誌

「ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを取材」をコンセプトに編集している、2000年創刊のベンチャー情報雑誌です。

ベンチャー通信への掲載・取材希望の方

ベンチャー企業の採用力強化、自社の成長性・知名度アップのため、ベンチャー通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

  • ベストベンチャー100
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • 人財力100 人材採用と育成に力を入れている100社
  • 活躍しているエンジニアの職場を取材!Tech通信ONLINE
  • INOUZ Times

ベンチャー通信メールマガジン

ベンチャー通信注目の企業や、ビジネスニュースなどの情報をお知らせします。

ご登録はこちら

pagetop