ベンチャー業界を取り上げるメディア Since 1999
Facebookページ
IT業界の起業家インタビュー
NOVEL株式会社 代表取締役社長 岡田 徹

IT 妥協のないエンジニアリングを理念に、顧客に伴走する技術者集団を目指す

NOVEL株式会社 代表取締役社長 岡田 徹

ITシステムの受託開発を手がけるNOVELは、「クライアントの成長を継続的に支えるエンジニア集団」を目指している。そのために実践していることは、システムを単に依頼通りにカタチにするだけでなく、マーケティングの視点を取り入れ、最善の結果を生み出すシステムに仕上げることだ。同社代表の岡田氏は、「妥協のないシステム開発を行っている」と胸を張る。このポリシーは、事業を通じてどのように体現されているのか。同氏に聞いた。

システムの基盤を構築し、マッチングサービスを続々提供

―事業内容を教えてください。

 クライアントからの委託を受けて、Webサービス、アプリの開発を行っています。そのなかでも、商品やサービスの需要と供給をつなげる場を提供する「マッチングサービス」の開発実績が多いですね。当社は、どのようなマッチングサービスにも対応可能なプラットフォームを構築しているため、ゼロからシステムをつくり上げるよりも開発工程が少なくて済み、コストを抑えられる特徴があります。そのため、会社設立から約1年の期間で、企業のМ&Aの仲介サービス、大手企業とスタートアップのオープンイノベーションを生み出すサービス、注文住宅検討者とハウスメーカーをつなぐサービスなど、多岐にわたる分野でマッチングサービスの開発を手がけてきました。

―具体的にはどのように開発しているのですか。

 会員登録機能、検索機能、成約機能、メッセージ機能、お問い合わせ機能といったマッチングサービスのベースとなる機能に、クライアントの要望にあわせて、メルマガ機能やスカウト機能、スケジュール機能をつけ足します。そのほか、リードや売上高を管理したいといったニーズがあれば、それらの機能もカスタマイズし、まずはサイトの基本設計を行います。そのうえで、実際の開発工程に入る前に、たとえば、各ページのボタンの大きさやレイアウト、色使いなど、実際にユーザーが操作する画面を数パターン用意し、どのパターンがもっとも効果的かをしっかりと検証して、改善すべきは改善するプロセスをスピーディに繰り返します。さらに、会員登録を誘導するための機能のテストなども十分に行い、最善の状態でシステムが稼働する設計プランを練り上げてから、そこで初めて実際の開発工程に入るのです。

試行錯誤を積み重ねてこそ、開発力に磨きがかかる

―開発工程に入る前の段階で、十分に時間をかけると。

 そのとおりです。開発工程に入ってからだと、サービスの見せ方を少し変えるだけでも修正作業に大幅な時間がかかり、サービスのローンチまでの期間が延びるだけでなく、追加の作業が発生するためクライアントの予算をオーバーしてしまうこともあります。予算をオーバーすることになってしまえば、クライアントとしても、たとえ「イメージと少し違う」と思ったとしても、妥協せざるを得ないケースは増えてくるでしょう。当社は、クライアントの納得が得られない開発を進めることなど、絶対にしたくないんです。

―なぜNOVELでは、そういった開発ができるのでしょう。

 当社のエンジニアはすべて、「どうすればWebサービスの価値を最大化できるのか」といった、マーケティングの視点をもっているからです。そのため、たとえば、集客を促すために、すべてのページのコードを書き換えてSEO対策を施し、うまくいかなければ、違ったアプローチで効果を検証するといったPDCAサイクルを、サービス開発と並行して高速で回すこともできるのです。当社では、Webサービスの完成後も運用の改善を図るために、ユーザーの反応を見ながら機能の追加やデザインの刷新といった業務なども行えるので、クライアントには「ここまで試行錯誤してくれる開発会社は初めて」と驚かれますね。私たちにとっては、この試行錯誤の積み重ねこそが、他社では提供できないほどの開発力の発揮につながっていると考えています。

 さらに、当社のエンジニアはスタートアップの出身者が多く、最新のテクノロジーや最新のサービスについての情報感度が高いため、よりよいサービスをクライアントに提案できるのです。

新型コロナ対策で深刻化する、マスク類の不足を解消へ

―今後のビジョンを聞かせてください。

 私たちが行っている受託開発業務は、「クライアントの指示通りに作業を請け負う」というイメージが強いですが、当社は、サービスの提供後もクライアントの成長を継続的に支える『伴走型』のエンジニア集団であり続けたいと考えています。

 さらに今後は、自社プロダクトの開発にも注力していきます。これまでも複数リリースしていますが、最近では、新型コロナウイルス感染症の影響で不足しているマスクやアルコール消毒液などが探せる『在庫ナビ』を4月中旬にリリースしました。Amazonや楽天をはじめとするECサイトをリサーチし、在庫情報をいちはやく配信する仕組みです。リリース後の数日間は、毎日1万PV以上のアクセスがありました。これからも社会のみなさんに必要とされるプロダクトを次々と開発し、5年後にはIPOを果たしたいと考えています。その資金を活用して、世界中で利用されるプロダクトを、ぜひ生み出していきたいですね。

岡田 徹(おかだ とおる)プロフィール

1996年、埼玉県生まれ。大阪大学経済学部中退。LINEなどのツールが存在していなかった中学時代に、友人らとチャット形式で会話ができるシステムを構築するなど、IT開発の才能を早くから開花させていた。大学を中退後、ITベンチャーで株式会社リクルートホールディングスに勤めていた先輩のもと、インフルエンサー関連のプロダクト開発業務に携わる。2016年に入社した駐車場予約アプリ開発のakippa株式会社にて、スタートアップの魅力を感じ起業家を志す。2019年2月に合同会社キャメルテクノロジーズを設立後、業務拡大のためNOVEL株式会社に組織変更、代表取締役社長に就任。

企業情報

設立 2019年2月
資本金 100万円
売上高 1億円(2021年1月期予測)
従業員数 10名(業務委託含む)
事業内容 ITシステムの受託開発事業、自社プロダクトの開発事業
URL https://n-v-l.co/

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

ベンチャー通信

ベンチャー通信
ベンチャー情報雑誌

「ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを取材」をコンセプトに編集している、2000年創刊のベンチャー情報雑誌です。

ベンチャー通信への掲載・取材希望の方

ベンチャー企業の採用力強化、自社の成長性・知名度アップのため、ベンチャー通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

  • ベストベンチャー100
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • 人財力100 人材採用と育成に力を入れている100社
  • 活躍しているエンジニアの職場を取材!Tech通信ONLINE
  • INOUZ Times

ベンチャー通信メールマガジン

ベンチャー通信注目の企業や、ビジネスニュースなどの情報をお知らせします。

ご登録はこちら

pagetop