累計経営者579人に取材、掲載社数324ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを紹介

IT業界の起業家インタビュー

IT責めるのは失敗しない仕事ぶり スキルや経験がなくても 挑戦しろ

株式会社ビーボ 代表取締役社長 武川 克己

※下記はベンチャー通信60号(2014年7月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

Webデザイナー 峰岸 祐一(みねぎし ゆういち)

―入社前はファッション関係の仕事をしていたそうですね。入社を決意した理由を教えてください。

 ファッションスタイリストのアシスタントをしていた時から、ファッション業界にはWebが必要だと思っていました。ファッション業界って、結構アナログなんです。これからもファッション関連の仕事をするならWebは知っておかなくちゃと。そこで職業訓練校でWeb制作の基礎を学び、まずは実績をつくろうとWebデザイナーを募集していたこの会社に応募しました。

 いまでこそ6名体制になっていますが、当時Web制作の部署は私ひとりしかいませんでした。大きい会社は仕事の一部しかやらせてもらえないかもしれませんが、ここならサイト制作の川上から川下まで、すべてに携われるかもしれない。それが僕にとっては魅力でした。

 じつは実際にWebを制作したことはなかったのですが、武川に「なんでもできます」といって、入社しました(笑)。

―入社から約3年ですが、成長を実感できていますか。

 はい。最初はWebデザインだけでしたが、武川から突然システムやプログラムに関することを命じられたり「ムチャぶり」も多く、そのたびに必死になって勉強してつくり込んできました。当然失敗もたくさんしました。でも武川は「失敗OK、最初はうまくできなくてもOK、スキルが無くても結果を出す」というタイプ。あのムチャぶりがなかったらと、いまではとてもありがたく思っています。現在は会社の制度で新しいプログラミング言語を学びに行かせてもらっています。

 当社は失敗を恐れない人にとってはやりがいのある職場です。未知の分野での新しい事業も始まります。やりたいことを自分の手でつかみにいけるのが、この会社の強みであり魅力です。

CRM事業部 細山 真喜(ほそやま まき)

―仕事の内容を教えてください。

 お客さまの目的を達成するためのサポートやカウンセリング、またそのサービスレベルを上げるための体制・仕組みづくりを行っています。

―BELTAブランドには独特の顧客サポート体制があると聞いています。

 はい。BELTAブランドの最大の特長は“お客様の目的を必ず達成してもらう”点にあります。それを応援する私たち「お客様サポートチーム」が、BELTAブランドの花形であり、当社の商品のひとつです。当たり前ですが、全員がBELTAの愛用者です。たとえば「やせたい」という方には、食事・運動はもちろん、プライベートのことなど、あらゆる方面からアドバイスを行い、お客さまと一緒になって目標達成を目指します。

 長時間話すこともめずらしいことではなく、お客さまから担当者を指名した電話がかかってくることが基本です。

―印象に残っているエピソードを聞かせてください。

「食べていないのにやせない」という方がいらっしゃいました。そんなわけないのですが、色々と話を続けていくなかで、ゴハンは食べていないけれど、糖質の多い飲み物を飲んでいるというがわかりました。こういったことは、お客さまとしっかり話をしていかないと、なかなか気づけません。

―仕事のやりがいはなんですか。

 目的を達成された方からの「ありがとう」の言葉、そしてBELTAブランドを自らの手で成長させていけるという点です。

 長年、D2C業界にいますが、ビーボほどお客さまと密接な関係を築いている会社はありませんでした。どんなことがあっても、そのお客さまが最終的には願いを叶え、笑顔になってもらえる。いつまでもお客さまの応援者として、寄り添うようなサポートチームをつくっていきたいですね。

仕事は厳しく涙も出ますが、 私たち新人4名は今日も成長中です 

―入社を決めた経緯を教えてください。

小林 「自分たちがワクワクする事業の経営」という企業理念に共感して応募しました。面接では「本音で素のあなたを見せてください」と言われ、本当になんでも話すことができて「入社したい」と思いました。

加藤 ビーボのクレド(行動指針)を読んで興味をもちました。「常に改善・常により良く」とかすべてにおいて前向きなんです。面接のときはすごく緊張していたのですが「模範解答はいらないから」と言われ、安心しながら素の自分を出せました。

橋口 就活では「どういう大人になりたいですか」とよく聞かれるので、「信頼される大人になりたい」という答えを用意して、ある企業に行きました。そこで「8割の人がそう言うんですよね」と返されて、傷ついたんです。でも、ビーボの面接では最初から「思うことを全部話してくださいね」と言われたので、正直に「どういう大人になりたいかまだよくわからない」と答えました。それに対して「わからなくてもいい。これから一緒に見つけていきましょう」と言われたのが入社の決め手でした。

大出 栄養士資格と調理師免許をもっていたこともあり、外食企業の内定はもらっていました。でももっと違うジャンルでこれまで学んだことを活かしたくて、「食品」をキーワードに就職先を探していたときにビーボをみつけ応募しました。

―忘れられないエピソードはありますか。

小林 先輩から叱られたことです。私の単純な不注意で仕事のミスをしてしまったとき、親でもここまで怒ってくれないというくらいに怒られ、指導してもらいました。そこで仕事に対する真剣さを本気で感じ、私のなかでも取り組み方や意識が変わりました。仕事を離れるとみんなでよく飲みに行くので、オンオフの切り替えはスゴいです。救われています(笑)。

橋口 私が号泣してしまったとき、先輩たちが「少し休憩しなさい」「明日も元気で会社に来なよ」といってくれたこと。先輩からは「つねに自分の120%の仕事をしなさい」と言われていたのに、それができず、くやしくて号泣したんです。やさしい気づかいがありがたかったです。

大出 私も仕事でうまくいかなくて、よく家で泣いていました。最近はようやく自分の頭でも考えて動けるようになってきて、うまくいったときはみなさんがちゃんとほめてくださるのがウレシイですね。

加藤 知識が不足していたために、お客さまに「これはちゃんと覚えておいたほうがいいよ」と逆に優しく教えられたことです。いまは、お客さまへの配送やデータ管理を担当する“フルフィルメント事業部”の立ち上げを行っています。この部署でサービスのクオリティを上げられる体制を1日も早く構築したいです。

―みなさんの今後の目標を教えてください。

橋口 みんなも同じ気持ちだと思いますが、この会社はいろいろ挑戦させてくれる会社。サービスの企画、商品開発などのアイデアをもっとたくさん出していきたいですね。

■お客様サポート事業部 小林 沙緒理(こばやし さおり)   
1993年、新潟県生まれ。実践女子大学生活科学部卒業後、2015年4月に入社。

■お客様サポート事業部 大出 恵(おおで めぐ)
1994年、埼玉県生まれ。新渡戸文化短期大学生活学科卒業後、2015年4月に入社。栄養士資格、調理師免許をもつ。

■お客様サポート事業部 橋口 和奈(はしぐち かずな)
1992年、千葉県生まれ。埼玉大学教養学部卒業後、2015年4月に入社。

■フルフィルメント事業部 加藤 春菜(かとう はるな)
1993年、千葉県生まれ。 千葉商科大学政策情報学部卒業後、2015年4月に入社。



武川 克己(たけがわ かつき)プロフィール

1984年、京都府生まれ。大阪経済大学在学中、立ち上げ間もないファッション関係のフリーペーパーを発行する会社に参画。大学卒業後も約1年間は経営に携わった後、上京。Webマーケティング会社へ入社し、ネットを使った事業企画・集客などに関するノウハウを習得。2010年、株式会社ウェブタンクジャパン(株式会社ビーボの前身)を設立。D2C事業を開始して2年で月商1億円以上のヒット商品を3アイテム作り上げる(自社・クライアント含む)など、通販業界で結果を出し続ける。現在は通販ブランドの育成・新規立ち上げ、またクライアントのコンサルティングにも力を注ぐ。

企業情報

設立 2010年9月
資本金 2,000万円
従業員数 75名(2017年3月時点)
事業内容 D2Cサイトの企画運営、D2C事業、美容・コスメ・ファッション・健康関連商品の企画・開発・メーカー事業
URL http://bbo.co.jp/

その他のIT起業家の記事

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

ベンチャー通信

ベンチャー通信
ベンチャー情報雑誌

「ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを取材」をコンセプトに編集している、2000年創刊のベンチャー情報雑誌です。

ベンチャー通信への掲載・取材希望の方

ベンチャー企業の採用力強化、自社の成長性・知名度アップのため、ベンチャー通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

  • ベストベンチャー100
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • 人財力100 人材採用と育成に力を入れている100社
  • 活躍しているエンジニアの職場を取材!Tech通信ONLINE
  • INOUZ Times

ベンチャー通信メールマガジン

ベンチャー通信注目の企業や、ビジネスニュースなどの情報をお知らせします。

ご登録はこちら

pagetop