累計経営者579人に取材、掲載社数332ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを紹介

スマホ・ソーシャル業界の起業家インタビュー

シェアリングテクノロジー株式会社 代表取締役CEO 引字 圭祐

スマホ・ソーシャルシェアリングエコノミーを活用して日本のライフサービスにイノベーションを!

シェアリングテクノロジー株式会社 代表取締役CEO 引字 圭祐

近年、注目を集めているシェアリングエコノミー。モノや人、リソースなどを空いている時に必要としている人に提供するサービスの総称で、欧米を中心に拡がっており、UberやAirbnbなどのメガベンチャーも誕生している。その要素をビジネスに取り入れ、「業者の非稼働時間」をシェアして事業を拡大しているのがシェアリングテクノロジーだ。いったいどのようなビジネスモデルなのか。代表の引字氏に、事業の詳細や目標などを聞いた。

※下記はベンチャー通信62号(2016年1月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

ユーザーとサービス提供者の双方にメリットのあるマッチング

―事業の詳細を教えてください。

 ライフサービス全般に関して、シェアリングエコノミーを活用したマッチングを行っております。具体的にはハウスクリーニングやガラス修理、おうちや個人が生活するなかで一度でもお願いする可能性がある「生活のお困りごと」を解決するサービス全般をライフサービスと位置づけ、そのライフサービスを依頼したいユーザーとサービス提供者とのマッチングを行っております。現在、約120ジャンルのライフサービスに対応し、サービスを提供する加盟店の数は2,900社以上にまで拡大しております。全ジャンルを合わせ、1日平均2,200件の問い合わせをいただいております。

 例えば、ユーザーから「東京都港区で家のガラスが割れてしまい、困っている」という依頼があれば、「SHARING PLACE」という独自のシステムを使って、当社が港区周辺のガラス修理対応を行う加盟店とマッチングさせ、「生活のお困りごと」を解決するというサービスです。

―サービスの特徴はなんでしょう。

 「生活のお困りごと」を解決するサービス提供業者は、便利屋を筆頭に無数に存在しております。これまで、電話帳やチラシ、WEB検索などで検索しても、求めているサービスと合致するか、また、求めている時間に対応可能かどうかなど、ユーザーにとって非常に効率が悪かったものを、当社がハブとなることでユーザーのニーズにマッチした加盟店を効率よくマッチングすることが可能となっております。

 また当社のシステム「SHARING PLACE」では、成約率の高い加盟店が優先的にマッチングされるように設計されております。そのため、ユーザーニーズにマッチした加盟店と効率的にマッチングすることができるのです。

シェアリングテクノロジーが運営しているポータルサイト「生活110番」。現在暮らしに関する120ジャンルの困りごとに対応している。

新システム「Mover」により更なる発展

―ほかに特徴はありますか。

 独自システム「SHARING PLACE」は2018年8月より「Mover」へと進化いたします。「Mover」では、既存システムの機能に加え、加盟店のスケジュール情報とGPS情報を共有できるという特徴があります。これにより、更なるマッチング効率の向上が見込まれます。具体的に先ほど例に挙げた、港区でガラスが割れたケースで見ると、これまではお問い合わせ後、一度お電話を終了してからマッチングが行われておりました。しかし、「Mover」が稼働すると受付時のお電話で、加盟店のスケジュール情報とGPS情報から最速で現場に駆けつけられる加盟店を即座にマッチングすることが可能です。更にマッチング効率の向上により、これまで対応できなかった低単価のサービスの提供も可能になると考えております。これまで家具組み立てのような低価格なサービスは需要が大きい一方、家具組み立て1件のために移動すると収益確保がしにくいという問題がありました。しかし「Mover」のGPS情報とスケジュール情報により、加盟店が現在施工している場所近くの案件が入ればこれらの情報をもとに効率的にマッチングすることができ、加盟店も十分に収益確保しつつ、ユーザーの満足度も向上できると考えております。

―事業を始めたきっかけはなんですか。

 最初はライフサービスに関するWebメディアを構築して集客をしているだけでした。そこで、HPもつくらず広告もしていない地場の業者が、実はサービスの質も高く安価で対応できるケースが多々ありました。また、広告を出していないためか、効率的に仕事が埋まっていない状況もあり、「地場の優良業者の非稼働時間をシェアしてユーザーとマッチングができれば、業者とユーザーの2つのニーズに対応できるのではないか」と考えたのです。

国内市場でトップを目指し海外展開も視野に

―今後の目標を教えてください。

 「Mover」の稼働により、当社はこれまでの「生活のお困りごと」に関するWebサイト運営企業から「生活のお困りごと」を解決する ライフサービスインフラ構築企業に進化いたします。これまで、各加盟店への取次を行っておりましたが、「Mover」の稼働により加盟店ごとではなく、作業員毎の作業取次が可能となり、これまで以上にライフサービスのプラットフォームとしての立ち位置が明確化されたものとなります。

 「生活のお困りごと」を解決するライフサービスインフラ「Mover」の利便性、認知度を高め、ユーザーの皆様にご満足いただけるサービスを提供していきます。

また、「Mover」というインフラを企業へ開放することも計画しております。これからもサービスジャンルを拡充させながらライフサービスマーケットのニーズに合ったサービスを展開していきます。そして、世界でも類を見ないライフサービスインフラを構築していきます。

引字 圭祐(ひきじ けいすけ)プロフィール

1985年、愛知県生まれ。大学在学中にアロマ製品を輸入しネットショップを運営したことをきっかけに、2006年にシェアリングテクノロジー株式会社を立ち上げ、代表取締役に就任する。現在はシェアリングエコノミーを活用して、サービス提供者とサービスを依頼したいユーザーとのマッチングを行っている。

企業情報

設立 2006年11月
資本金 6億7,093万円(払込資本13億687万円) ※2018年8月末現在
従業員数 単体従業員数 360名(内アルバイト・パート186名)、連結従業員数 514名(内アルバイト・パート210名) ※2018年8月末現在
事業内容 WEBマーケティングサービス
URL https://www.sharing-tech.jp/

その他のスマホ・ソーシャル起業家の記事

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

ベンチャー通信

ベンチャー通信
ベンチャー情報雑誌

「ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを取材」をコンセプトに編集している、2000年創刊のベンチャー情報雑誌です。

ベンチャー通信への掲載・取材希望の方

ベンチャー企業の採用力強化、自社の成長性・知名度アップのため、ベンチャー通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

  • ベストベンチャー100
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • 人財力100 人材採用と育成に力を入れている100社
  • 活躍しているエンジニアの職場を取材!Tech通信ONLINE
  • INOUZ Times

ベンチャー通信メールマガジン

ベンチャー通信注目の企業や、ビジネスニュースなどの情報をお知らせします。

ご登録はこちら

pagetop