累計経営者579人に取材、掲載社数321ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを紹介

販売・サービス業界の起業家インタビュー

株式会社H2 代表取締役 森田 諒平

販売・サービスあえて高いビジョンを掲げ圧倒的に人々を幸せにする

株式会社H2 代表取締役 森田 諒平

創業して8期目を迎えるH2。組織を支えているのは、若手メンバーの存在だ。このページでは、会社とともに成長をとげている若手メンバー2名に、H2で働く魅力などを聞いた。

※下記はベンチャー通信72号(2018年7月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

「乙目さんとやってよかった」忘れられない感謝の言葉

―現在のミッションを教えてください。

 クラウドIPフォン事業部で、おもにふたつのミッションをまかされています。ひとつは、当社が扱っているブロードバンド商材を販売してもらえる販売代理店の開拓。もうひとつが、自社で運用しているクラウド化されたコールシステムをコールセンター向けに提案し、利用していただくことです。また、自身でも営業を行いつつ、部下5名のマネジメントもまかされています。

―どんなときにやりがいを感じますか。

 顧客は経営者の方が多いんですが、その経営者に直接喜ばれる点ですね。ブロードバンド部門で、ある代理店の経営者にお会いしたときのことです。その会社は別会社の商材を扱っていて、収益が上がるどころか赤字になっていたんです。そこで当社の商材を提案。ただ販売をお願いするだけでなく、現場で働いている方に販売ノウハウを共有する研修も実施しました。結果、その代理店は月に500万円を売り上げるまでに回復。経営者の方に「乙目さんとやってよかったです」といわれた言葉は、いまでも忘れません。

 また、僕が教えたことを部下が実践し、それが成果につながったときもやりがいを感じます。部下の喜ぶ姿をみると、自分のことのようにうれしいですね。

―H2ならではの社内環境があれば教えてください。

 上司部下に関係なく、一人ひとりにどんどん新しい仕事に挑戦させてくれる環境があります。そのため、ほかの企業にくらべても非常に成長しやすいのではないでしょうか。

 また、社外イベントが頻繁に行われているので部署間を越えて交流が図れます。そうやって、社員同士のコミュニケーションが活性化されるのも、働きやすいポイントですね。

まずは上場をめざ 個人的には役員を

―どのようなビジョンを描いていますか。

 まずは、社員一丸となって上場をめざすこと。個人的には、H2の役員になることです。今後も会社とともに成長していきたいですね。

社員のイキイキした姿に入社することを決意

―入社したきっかけを教えてください。

 就職活動の際、もともと営業に興味をもっていたんです。社会人になるうえで、人とのかかわりが大事になるだろうと考え、「人に提案する営業なら、コミュニケーション能力が磨かれるのではないか」と。当時の僕はかなりの人見知りで、それを克服したいという思いもありました(笑)。

 計3社の営業会社で話を聞きましたが、H2の印象がいちばんよかったですね。「メンバー同士の仲がいいよ」と話す社員の方がイキイキとした印象だったので、「ここなら働きやすそう」と入社を決めました。

―現在はどのような仕事に取り組んでいるのですか。

 MEO対策として、飲食店やクリニック、整骨院などの集客支援を行っています。以前、ある焼き鳥屋さんのサポートを行ったんですが、その店舗はホームページはあるものの、ネットによる集客はいっさい行っていませんでした。そこでMEO対策を提案して実施したところ、予約数が約30倍にアップしたんです。その後、店主の方から「新しい店舗を出すからそこもお願いします」といわれたときはうれしかったですね。

―H2で働く魅力はなんでしょう。

 実際に働いてみて、成長しやすい職場だというのは実感していますね。上司との距離が近いうえに、イチからていねいに教えてくれます。また、新しい情報が入ってきたらメンバー間で共有されるので、つねにインプットできる環境があります。入社当初こそ、人見知りのためにお客さまとうまく会話ができませんでしたが、いまではコミュニケーション能力は身についてきたのではと思います。

ゆくゆくは幹部になってもっと給与を上げたい

―今後の目標を教えてください。

 MEO対策において、売上一位になることが目標です。いまのところは、約20名のうちで真ん中くらいの成績なので、積極的に上位をめざします。ゆくゆくは幹部になって、もっと給与を上げたいですね。

森田 諒平(もりた りょうへい)プロフィール

1989年、北海道生まれ。高校卒業後、通信系営業会社に入社し、営業業務を担当。わずか2ヵ月で、約200名いるメンバーのなかでトップセールスを記録するなど活躍する。その後、ITベンチャー会社や通信会社で営業を担当し、いずれもトップセールスを記録。2012年、株式会社H2を立ち上げ、代表取締役に就任する。

乙目 尚貴(おとめ なおき)プロフィール

1990年、北海道生まれ。大手家電メーカーに入社し、生産管理を担当する。その後、2013年に株式会社H2に入社。2017年に、統括部長代理に就任する。

松尾 泰希(まつお たいき)プロフィール

1998年、北海道生まれ。2017年、株式会社H2に入社。ITソリューション事業部に配属されて以降、一貫してMEO対策による店舗のサポートを行っている。

企業情報

設立 2012年12月
資本金 1億円
従業員数 200名(パート・アルバイト含む:2018年3月現在)
事業内容 ITソリューション事業、ネットワークサービス事業、クラウドIPフォン事業など
URL http://h2-g.co.jp/

その他の販売・サービス起業家の記事

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

ベンチャー通信

ベンチャー通信
ベンチャー情報雑誌

「ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを取材」をコンセプトに編集している、2000年創刊のベンチャー情報雑誌です。

ベンチャー通信への掲載・取材希望の方

ベンチャー企業の採用力強化、自社の成長性・知名度アップのため、ベンチャー通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

  • ベストベンチャー100
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • 人財力100 人材採用と育成に力を入れている100社
  • 活躍しているエンジニアの職場を取材!Tech通信ONLINE
  • INOUZ Times

ベンチャー通信メールマガジン

ベンチャー通信注目の企業や、ビジネスニュースなどの情報をお知らせします。

ご登録はこちら

pagetop