累計経営者579人に取材、掲載社数337ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを紹介

IT業界の起業家インタビュー

株式会社フェズ 代表取締役 伊丹 順平

ITITと独自のマーケティング論で消費と地域に元気を吹き込む

株式会社フェズ 代表取締役 伊丹 順平

「小売店で商品が売れにくくなった」といわれて久しい時代に、ITの力で現状を変えようと挑み続けるベンチャー企業がある。Webマーケティングを手がけるフェズだ。代表の伊丹氏は、自らを突き動かす理由を「当社には『消費、そして地域を元気にする』というミッションがあるから」と語る。ミッションに込められた想いなどを同氏に聞いた。

※下記はベンチャー通信74号(2019年1月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

小売店に消費をもたらし地域を活性化させる

―事業内容を教えてください。

 メーカーを中心にマーケティング活動をサポートする「プロモーション事業」と、SEOやWeb広告で集客を行い、自社のメディアを通じて消費者に商品情報を提供する「メディア事業」を展開しています。

 どちらも当社の高い企画提案力とWeb集客スキルが発揮されている事業であり、顧客から高い信頼をえています。前年比200%の勢いで成長していますね。その勢いを受けていま、新たにスタートした注力事業が、「リテイルテック事業」です。

―それは、どのような事業でしょう。

 POSデータをはじめ、消費者の購買データを独自のプラットフォームに集約、分析した情報を小売店に活用してもらうことで、売り場でのプロモーション活動につなげる事業です。Web広告にくわえ、現場で販促をすることで、店内にいる消費者の購買意欲をかき立て、「ついで買い」といわれる非計画購買を促すことが狙いです。既存の「プロモーション事業」「メディア事業」と組み合わせることで、メーカー、消費者、小売店現場という3つのアプローチで、ミッション達成に近づけられるようになります。

―リテイルテック事業を新たに立ち上げる理由はなんでしょうか。

 「小売店でモノが売れる世界をつくりたい」。そう思ったことがきっかけです。近年は、ECの急成長のほか、少子高齢化や人口減少といった変化もあり、小売店で商品が売れにくくなっていることがあげられます。この深刻な影響をもっとも強く受けているのが、地方です。ですから、ITのチカラで小売店に消費をもたらし、元気にしたい。そこで当社では、「消費、そして地域を元気にする」というミッションを掲げ、小売店とともに新しい消費経済圏を創出する新事業を展開しています。

―そうしたミッションを掲げるようになったきっかけはなんですか。

 前職のP&GとGoogleで、多くの小売業界関係者と出会ったことがきっかけでした。新卒で入社したP&Gでは、大手流通会社への営業を担当。どうすれば商品が売れるか、どうすれば消費者に選ばれる売り場をつくれるか、日々、学ばせてもらいました。その経験から、現場での知見とともに地域の小売業界の課題もつぶさに見てきたのです。Googleに転職した後も、小売業界にかかわるなかで、ECサイトの普及や厳しい価格競争にさらされ、業界全体が危機感を募らせていることを肌で感じました。

 こうした経験から、これまでに培ったマーケティング知識とITのノウハウを活かせば、小売業界を変革でき、ひいては、地方を元気にすることができるのではないか。そうした想いで起業しました。創業以来、掲げているこのミッションには、多くの仲間が賛同し、当社の成長の原動力になってくれています。

―どんな人材が集まっているのでしょう。

 Google、リクルートなど大手企業出身の優秀な人材が多く参画してくれています。即戦力集団として、既存事業でも高いクオリティを発揮しながら、会社の急成長をけん引しています。そうした仲間が、「ビッグピクチャー」に疑いもなく情熱を傾け、ミッションの実現に突き進んでいる。この結束力こそが、現在のフェズにとって、躍進を支える力になっています。

ゆくゆくは日本を代表する企業をめざして

―今後のビジョンを教えてください。

 今後は地方に人材を供給する人材事業、人材を育成する教育事業といった新事業を立ち上げる予定もあり、地方の悩みを総合的に解決する企業へと成長するビジョンをもっています。これができれば、ゆくゆくは日本を代表する企業になれるポテンシャルをもてると信じています。そのためにも、夢や価値観に共感してくれる仲間とともに、ミッション達成を実現させていきたい。まさにいまが、そのための「勝負のとき」だと思っています。

その他のIT起業家の記事

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

ベンチャー通信

ベンチャー通信
ベンチャー情報雑誌

「ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを取材」をコンセプトに編集している、2000年創刊のベンチャー情報雑誌です。

ベンチャー通信への掲載・取材希望の方

ベンチャー企業の採用力強化、自社の成長性・知名度アップのため、ベンチャー通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

  • ベストベンチャー100
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • 人財力100 人材採用と育成に力を入れている100社
  • 活躍しているエンジニアの職場を取材!Tech通信ONLINE
  • INOUZ Times

ベンチャー通信メールマガジン

ベンチャー通信注目の企業や、ビジネスニュースなどの情報をお知らせします。

ご登録はこちら

pagetop