累計経営者579人に取材、掲載社数242ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを紹介

IT業界の起業家インタビュー

Y&I Group株式会社 代表取締役 髙橋 悠太

IT経験からえられる視野の広がりが、キャリアの選択肢を増やす

Y&I Group株式会社 代表取締役 髙橋 悠太

IT/Web事業におけるエンジニア育成を通じ、社員のキャリアづくりを応援するY&I Group。代表の髙橋氏が掲げる「多様な働き方の実現」という方針にもとづく、同社の事業戦略や人材育成制度の特徴などについて、営業部部長と人事部部長、若手社員たちに聞いた。

※下記はベンチャー通信77号(2019年10月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

―営業部部長としての、小嶋さんのミッションを教えてください。

 当社の事業全般における営業を統括しています。当社が掲げる「多様な働き方を実現する」という方針を具現化するために、新たな事業をつくっていくことも私のミッションです。

 たとえば、創業直後に立ち上げたコールセンター事業。当初、創業事業の人材アウトソーシング事業で働くスタッフは、就業時間や休日などが派遣先企業の規定に縛られていました。そこで私は社内にコールセンターを立ち上げ、希望する時間に、より自由に働ける仕組みをつくっています。

 このように、当社が展開する事業はいずれも、「社員に新しい働き方を提供できること」が軸になっているのです。

―現在、もっともチカラを入れている事業はなんですか。

 年初に設立したIT/Web事業です。エンジニア人材の需要が強まっているだけでなく、これから新しくキャリアを歩もうとする若い人のなかにも、「活かせるスキルを身につけたい」という理由でエンジニアを志望するケースが多いためです。事業の開始当初に未経験者として入社したエンジニアのなかには、すでに大手IT企業へ出向し、システムの構築や開発など現場で活躍している人材が出てきています。

 さらに8月には、社外のエンジニア志望者向けにプログラミングを教えるスクール事業を立ち上げ、当社で育ったエンジニアが講師として活躍できる場を新たに設けています。

―今後の展望について聞かせてください。

 支店展開や自社サービスの開発など、IT/Webの領域を中心に、これからも新規事業を積極的に増やしていきたいと考えています。

 代表の髙橋を含む経営陣は、「みんなで一緒に大きな船をつくりたい」というタイプ。社員と一緒にやりがいを探し、成長をめざしながら、会社を大きくしていきたいですね。

―人事部の立場から、人材育成制度の特徴を教えてください。

 社員の希望に応じて細やかにカリキュラムを組める充実した研修があることです。入社1年目向けの場合、はじめの1~2ヵ月はHTMLやCSSを含めたITの基礎を共通に教えますが、3ヵ月目からは学ぶ言語を選べるようになります。「ゲームを開発したい」「システムの構築に携わりたい」といった個人の関心によって、受けるカリキュラムが異なってくるのです。希望によっては、半年程度で現場での実践に入ることができますが、最長では12ヵ月間、座学の研修を受けられ、より高度な知識を学べるようになっています。

―Y&I Groupではどのような人材を求めていますか。

 「新しいことに挑戦したい」という強い気持ちをもっている人ですね。エンジニアを志望する理由は、「ITという響きがかっこいいから」「生活のため」など、なんでもかまいません。

 当社には、遠方から面接を受けにくる志望者も多いのですが、みなさんが口を揃えていうのは「ITの世界で挑戦したいけど、地元に会社がない」ということ。今後は、地方への支店展開も考え、意欲のある人たちが地元にいながらでも挑戦できる場を提供したいと考えています。

 一生懸命がんばる人が報われる環境をつくっていきますので、ぜひ当社に入社し、自分の成長を感じとってほしいですね。

―Y&I Groupに入社した経緯を聞かせてください

岩田:私はもともと役者をめざしていましたが、所属した事務所から与えられる仕事はエキストラばかりでした。安定した仕事を探すなかで手に職をつけられるエンジニアに関心をもつようになり、研修制度が充実している当社に入社を決めました。

佐藤:私は韓国が好きで、ワーキングホリデー制度を利用して現地へ働きに行きましたが、スキルがないと選べる職種が非常に限られます。そこで、世界で通用するプログラミングのスキルをつけようと、当社を就職先に選びました。

―会社の魅力はなんですか。

岩田:研修中でも、後輩を教えるといった責任感がいる経験をさせてもらえることです。私は入社4ヵ月目に、新人の世話をしたり、プログラミングを教えたりする「SEWA(世話)部」というチームに入れてもらいました。SEWA部での経験を通じて教育にも興味をもつようになったので、いずれは当社の講師として働きたいと考えています。

佐藤:いろいろなところに学ぶモチベーションを高めるしかけがあることです。私もSEWA部に所属していますが、後輩への教育を通じて、自分の弱点も気づけるように。学んだことを復習する機会も増えました。当社でしっかりと技術を身につけたら、将来は韓国でエンジニアとして働きたいですね。

髙橋 悠太(たかはし ゆうた)プロフィール

1990年、神奈川県生まれ。2005年に佐野日本大学高等学校に入学し、念願だった甲子園への出場を果たす。2007年に卒業後、人材系のベンチャー企業に営業職として入社。2015年、IT系ベンチャー企業に入社し、営業や人事に携わる。2016年、Y&I Group株式会社を設立し、代表取締役に就任。

企業情報

設立 2016年8月
資本金 800万円
売上高 7億円(2019年10月期見込み)
従業員数 130名(2019年9月現在)
事業内容 人事コンサルティング、人材アウトソーシング、コールセンター事業、経理代行事業、IT/web事業、スクール事業
URL http://www.y-i-groupinc.jp/

その他のIT起業家の記事

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

ベンチャー通信

ベンチャー通信
ベンチャー情報雑誌

「ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを取材」をコンセプトに編集している、2000年創刊のベンチャー情報雑誌です。

ベンチャー通信への掲載・取材希望の方

ベンチャー企業の採用力強化、自社の成長性・知名度アップのため、ベンチャー通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

  • ベストベンチャー100
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • 人財力100 人材採用と育成に力を入れている100社
  • 活躍しているエンジニアの職場を取材!Tech通信ONLINE
  • INOUZ Times

ベンチャー通信メールマガジン

ベンチャー通信注目の企業や、ビジネスニュースなどの情報をお知らせします。

ご登録はこちら

pagetop