累計経営者579人に取材、掲載社数332ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを紹介

IT業界の起業家インタビュー

アンカー株式会社 代表取締役 千野 奨太

ITマーケティングの力で日本企業をアップデートし、世界に誇れる国にしたい

アンカー株式会社 代表取締役 千野 奨太

関西を拠点に、業界最大手や成長企業のマーケティング戦略を策定しているAnchor。“部分最適”に特化したマーケティング手法ではなく、“全体最適”の視点をもった独自の支援体制で、クライアントの「事業成長」を強力にサポートする。「日本を世界に誇れる国にしたい」と語る、同社代表の千野氏は、「マーケティングの力で、日本企業の真価を引き出す支援がしたい」と意気込む。同氏に、事業成長を目的としたマーケティング戦略の重要性とともに、今後の成長ビジョンを聞いた。

※下記はベンチャー通信79号(2020年4月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

「勝ち戦」に導く戦略で、売上を6倍以上アップ

―事業内容を教えてください。

 デジタル領域で、顧客の事業成長を加速させるためのマーケティング支援が事業の主軸です。ファッション、美容、人材、自動車、不動産、小売、学習塾、士業など、さまざまな業界で成功事例をつくっています。会社設立から4期連続で前期比200%以上の成長を継続しており、今期は4億円の売上高を見込んでいます。2年後には10億円、5年後の2025年には30億円の売上目標を立てています。

―成長の要因はどこにあるのでしょう。

 広告運用とクリエイティブ制作がひとつのチームとなり、「全体最適」の視点で実践するマーケティングに対する評価だと思います。当社では、「市場」「顧客」「競合」それぞれを徹底的に分析し、どうすれば顧客を「勝ち戦」に導けるかの戦略を練りあげます。それをもとにした仮説を検証して、改善点があれば各分野の専門家が連動して改善策を実行する。目標KPIを達成するために高速でPDCAサイクルを回せる体制を整えているため、効果を実感いただけているのかと思います。実際に、「集客がうまくいかない」と悩んで当社へ相談いただいたある美容系サロンの事例では、Web集客の状況を集客経路ごとに毎日分析して、仮説検証を繰り返しながら再現性のある施策を導き出した結果、7ヵ月後には単月売上を6倍以上に伸ばすことに成功しました。

専門家同士の知見をつなぐ「司令塔」が必要に

―「全体最適」を行ううえで重要なことはなんでしょう。

 戦略立案や広告運用、SEO施策、クリエイティブ制作など各分野の専門家知見を集約し、一貫性をもって実行し続ける「司令塔」が必要です。まさしくその役割を担うのが、当社のマーケターです。たとえ各分野で優れた知見があっても、一貫性がなければ「部分最適」の集まりにしかならず大きな成果は期待できません。

―戦略にもとづいた一貫性が大切だと。

 はい。当社ではマーケターを中心に、各工程のプロフェッショナル同士が連携したチーム編成であるため、それぞれの専門性を集約して「全体最適」につながるマーケティング施策を実行できます。たとえば、Web広告を出稿する場合、マーケターを中心に広告運用者とクリエイティブディレクターが議論を重ねながら、広告媒体の特性やユーザー心理に合わせたランディングページをどうつくるか、目的を達成するうえでオファーは適切か、を練ることから始めます。当社では、最終目的である「顧客の事業成長を加速させる」ため、限られたリソースをムダなくどのように分配するかチームで徹底的に考えるため、各分野に強みをもったマーケターが育つのです。

 そういったマーケティングのプロ集団だからこそ、昨年に新規事業として立ちあげたばかりのメディア事業でも、計画を上回る収益をあげられています。今後も、マーケティングを軸に幅広い事業に挑戦し、Anchorを存在感のある会社に育てていきます。

ダイナミックな経験の蓄積が、ビジネスの視野を広げる

―マーケティング業界を目指す若者にメッセージをお願いします。

 「事業を伸ばす」という企業の未来を左右する責任ある仕事の醍醐味を、ぜひ当社で味わってほしいですね。多種多様な商品・サービスのマーケティングに携われることは、ビジネスパーソンとしての視野を広げることにもつながります。

 私は、モノづくりを支える高い技術力や、細部にこだわるサービスを提供できる日本企業は、もっと世界に誇れるはずだと思っています。当社は、マーケティングの力で日本企業をアップデートし、日本の存在感をさらに引きあげたいのです。「本質的な価値のある仕事がしたい」と成長意欲の高い人材とともに、目標を成し遂げたいですね。

千野 奨太(せんの しょうた)プロフィール

1991年、兵庫県生まれ。2014年、関西学院大学商学部卒業後、新卒で株式会社セプテーニに入社。わずか2年の在籍期間で月間粗利額の部門最高記録を更新。2016年7月にアンカー株式会社を設立し、代表取締役に就任。

企業情報

設立 2016年7月
資本金 500万円
売上高 4億円(2020年5月期見込み)
従業員数 12名(2020年1月現在)
事業内容 デジタルマーケティング事業、メディア事業
URL https://anchor-ltd.com/

その他のIT起業家の記事

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

ベンチャー通信

ベンチャー通信
ベンチャー情報雑誌

「ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを取材」をコンセプトに編集している、2000年創刊のベンチャー情報雑誌です。

ベンチャー通信への掲載・取材希望の方

ベンチャー企業の採用力強化、自社の成長性・知名度アップのため、ベンチャー通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

  • ベストベンチャー100
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • 人財力100 人材採用と育成に力を入れている100社
  • 活躍しているエンジニアの職場を取材!Tech通信ONLINE
  • INOUZ Times

ベンチャー通信メールマガジン

ベンチャー通信注目の企業や、ビジネスニュースなどの情報をお知らせします。

ご登録はこちら

pagetop