ベンチャー通信Online > 起業家インタビュー > IT > 株式会社Bridge 代表取締役 CEO 松本 雄介

INTERVIEW 業界別起業家インタビュー

株式会社Bridge 代表取締役 CEO 松本 雄介

自力で稼ぐ力を身につけ、「人生100年時代」を生き抜け

株式会社Bridge 代表取締役 CEO 松本 雄介

他社で自由に働くことを認める「複業」人材を積極的に採用し、周囲から注目を集めているベンチャー企業がある。Webマーケティング事業を展開するBridgeだ。同社代表の松本氏は、「『複業』によってスキルに磨きをかけ、どこでも通用する人材になってほしい」と語る。その想いの通り、高いスキルをもつ同社スタッフのサービスは、「100%近い契約継続率」という結果で評価されている。同氏が「複業」人材を採用するにいたった理由とはなにか。今後のさらなる成長ビジョンとあわせて、同氏に聞いた。
※下記はベンチャー通信82号(2021年4月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

社内で働くスタッフには「経営者」もいる

―事業内容を教えてください。

 インターネット広告をはじめ、コンテンツ作成を通じたSEO対策など、Webマーケティング全般を手がけています。2016年の創業以来、売上高は毎年2倍以上に増加し、現在のクライアントは約80社。100%近い契約継続率を維持しています。

―業績好調の要因はどこにありますか。

 ビジネスの基本ではありますが、質の高いサービスを、コストを抑えて提供できているからだと思います。当社には、たとえば広告運用について、「Googleに詳しい」「SNS分野が得意」といった具合に、媒体ごとにノウハウをもつエキスパートが多数在籍しています。コンテンツ制作も、飲食・美容・不動産など、それぞれの業界に精通したスタッフがそろっています。専門特化した高度なスキルをもつ集団だからこそ、クライアントに納得していただける質の高いサービスを提供できるのです。

―そのようなサービスを、なぜコストを抑えて提供できるのでしょう。

 「複業」で活躍している優秀なスタッフと、業務委託契約を結んでいるからです。当社に所属する30名のスタッフのうち、多くの人材が「複業」をしています。一般的な表現で使われる「副業」は、どこかの会社に正社員として所属しながら、「アルバイト感覚」でほかの会社で仕事をするものですよね。しかし、「複業」は、自分が携わる業務に「メイン・サブ」の区別をつけず、すべての業務をメインとする働き方です。働く側は自由な働き方ができるメリットがあり、会社側は正社員として雇用するのに必要な固定費をかけずに、その人がもつスキルを最大限取り入れられます。当社のスタッフは、週4日当社で勤務して1日はほかの会社で働く人もいれば、逆に週4日間は他社で働くスタッフもいます。さらには、自分で会社を経営しているケースも。自分がもつ高度なスキルを活かし、さまざまな場所で活躍しているのが当社のスタッフです。

「苦肉の策」で募集した結果、驚くほど優秀な人材が集まる

―なぜ「複業」を導入したのですか。

 きっかけは、じつは「苦肉の策」だったんです。創業当時、名もない小さな当社には、求人を出してもなかなか応募者が来てくれませんでした。そこで、当時は働き方改革がクローズアップされていた時期だったため、「好きな時間に働ける自由さがあれば、人が集まるかもしれない」と考えて、まずは正社員にこだわらない内容で募集してみたんです。すると、想像以上に応募者が集まり、なかには驚くほど高度なスキルをもつ人材もいました。話を聞くと、「いろんな会社で業務経験を積みたい」と。そういった働き方を望む求職者は、特定の会社だけでは得られない知識やノウハウを身につけ、人脈を広げ、自己成長したいという意欲の高い人が多いです。そのような人材はえてして、誰にも負けない高度なスキルを身につけ、市場価値の高い人材へと成長するものです。世の中では、ある程度そういった働き方を認める会社はありますが、他社で働く時間数に制限をかけるなど、自由度の低いケースが多いです。そこで、「Bridge以外の仕事も遠慮なく行っていい」と自由度の高い「複業」を導入したところ、成長意欲の高い人材を集められたのです。

「複業」を推進する、リーディングカンパニーに

―成長意欲の高い人材とともに描く、今後のビジョンを聞かせてください。

 実際に「複業」を導入してみて、働く側と会社側の双方に大きなメリットがあると実感できています。そこで、「複業」を世の中にどんどん広めたいと考え、独自のプラットフォームを構築中です。たとえば、人材紹介のマッチングのほかに、当社は実際に「複業」を許容した経営を実践しているため、運営のコンサルティングもできます。このプラットフォームを第二の「事業の柱」に育てたいです。「『複業』のことならBridge」という評価を確立したいですね。

―社会での活躍を期す若者にメッセージをお願いします。

 「複業」によって自分のスキルを高め、会社に頼ることなく「自力で稼ぐ力」を身につければ、「人生100年時代」を豊かに生き抜けます。当社には、人生を豊かに生き抜くだけの力をもった「プロフェッショナル」が集まっています。そんな人材が集まる当社で経験を積めば、たとえいまは、「複業」をするだけのスキルがないとしても、意欲さえあれば必ず力がつきます。成長したいと考えているみなさんに、ぜひ当社の仲間にくわわってほしいです。
※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。