ベンチャー通信Online > 起業家インタビュー > 注目 > 株式会社Road 代表取締役社長 片江 光太

INTERVIEW 業界別起業家インタビュー

株式会社Road 代表取締役社長 片江 光太

「令和の代表企業」を目指す若きベンチャー経営者の熱き想い

夢と希望にあふれる仲間と成長し、豊かな人生を切り開いてほしい

株式会社Road 代表取締役社長 片江 光太

一般消費者や法人向けの営業マーケティング事業を手がけ、創業から4期連続で200%以上の成長を達成しているRoad。「日本一、人生を変えられる会社」をミッションとする同社では、夢と希望をもって前向きに挑戦する社員たちが活躍し、この成長をけん引している。「多くの仲間に、人生が良くなる経験を味わってほしい」と語るのは、同社代表の片江氏。Roadではどのような環境のもと、その経験を味わえるのか。同氏に、起業の経緯を含めて話を聞いた。
※下記はベンチャー通信83号(2021年10月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

社員の力強さにもらった勇気

―事業内容を教えてください。

 一般消費者向けに新電力やガス、ネット回線といった商品を販売し、法人向けには人材派遣、広告代理、IT支援などの事業を行い、多角的に展開しています。その結果、4期目となる今期2021年9月期の売上高は約12億円の見込みで、これは前期比2倍以上。創業以来、毎年200%以上の成長を達成し続けています。

―業績好調の要因はなんでしょう。

 時代や消費者ニーズの変化による「収益の変動リスク」を抑えるための多角化戦略が、奏功しました。特に昨年は、多くの事業のなかからコロナ禍の影響を受けない事業を選択し、そこに思い切って経営資源を集中できました。コロナ禍突入の当初は、大胆な事業の絞り込みに不安もありました。それでも、私に勇気をくれたのが社員たちの前向きな姿勢でした。コロナ禍の非常に厳しい状況のなかで、「いまが勝負時」という力強い発言が、ミーティングごとに聞かれました。「この社員たちとなら必ず乗り越えられる」と思いましたね。

―頼もしい社員ですね。

 手前味噌かもしれませんが、そう思います。当社の社員は、会社のミッションに心から共感し、一人ひとりが「人生を変えよう」と本気で思っていますから。

 私が会社のミッションを、「日本一、人生を変えられる会社」と定めたのには、私の過去が関係しています。じつは私は、学生時代は勉強もスポーツも中途半端な「劣等生」でした。そんな私が社会に出て、1,000名規模の会社で「史上最年少の部長職」に就くほどの活躍ができたのは、10代までの遅れを取り戻すべく、20代で猛烈に働いたからにほかなりません。努力を積み重ねれば、人生は必ず良いものになるはず。「そういう喜びを多くの仲間に味わってほしい」という想いで、Roadを立ち上げたのです。

人生を良くする2つの要素

―片江さんが考える「良い人生」とは、どのようなものですか。

 私は、「人生」の「人」の文字は「人格」、「生」の文字は「生活」を表し、この2つをともに良くして初めて、人生は良くなると考えています。つまり、人格を磨くことで、豊かな生活を送れると。当社が多角的に事業を展開している環境は、まさに人生を「良くする」ための基盤です。

―どういうことでしょう。

 人格者とは、「他人のために行動できる人」です。ですから、部下の人生や事業の将来を担う、責任あるポジションに立つことで人は人格が磨かれるんです。自分のためだけに仕事をしているようでは、そのような考えは育ちません。多角的に事業を展開している当社なら、多くの責任あるポストが用意されているため、マネジメント経験を積む機会が豊富です。また、豊かな生活を送るには、インセンティブや歩合など一時的な収入ではなく、昇給や昇格によって安定した収入が得られるようになる必要があります。事業の多角化で多くのポストがある当社なら、それも十分に可能です。

―Roadでは、そうした理念をどのように実践しているのですか。

 たとえば、メンバーは「他人を想った行動」を追求するなかで、それを「信頼される仕事」として理解し、実践しています。自分の扱っている商材が、顧客の課題を解決しないと思えば、絶対に売ったりしません。たとえ自分の成績にならなくても、代わりの商材を探す努力をするでしょう。他人を想う行動を積み重ねれば、必ず信頼されるようになり、「信頼するあなただから買う」という言葉がもらえるようになります。

 当社の社員は、世の中の基準だと優秀とは言えないかもしれません。でも、「人生を変えよう」と本気で信じる力はあります。だから、他人を想う行動ができ、もし仲間が悩んでいれば、時間をかけてでも一緒に解決策を見つけようとします。ときには、厳しく叱咤激励することも。馴れ合うことなく、仲間同士で高め合いながら成長できる環境が、当社にはあります。

人生を変えるだけの成長を

―社会での活躍を期す若者にメッセージをお願いします。

 社員の人生を良いものに変えられなければ、Roadの存在価値はありません。だから、がんばり次第で人生を切り開ける環境を用意できる会社であり続けます。私自身、20代で必死に努力したからこそ、30歳になったいま、「Roadを令和の代表企業にする」という壮大なビジョンを描けるようになったのだと思っています。夢と希望にあふれる当社の仲間と一緒に、人生を変える成長を遂げましょう。
※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。