ベンチャー通信Online > 起業家インタビュー > 注目 > 株式会社Road 代表取締役社長 片江 光太

INTERVIEW 業界別起業家インタビュー

株式会社Road 代表取締役社長 片江 光太

「令和の代表企業」を目指す若きベンチャー経営者の熱き想い

夢と希望にあふれる仲間と成長し、豊かな人生を切り開いてほしい

株式会社Road 代表取締役社長 片江 光太

成長環境がそろっているRoadには、大きな夢を実現するために、ひたむきな努力を続ける人材が集まっている。ここでは、2名の社員に登場してもらい、自身の成長実感や今後の目標、仲間へのメッセージなどを語ってもらった。
※下記はベンチャー通信83号(2021年10月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

まず設定した課題は「昨日の自分を超える」こと

―担当業務を教えてください。

 一般消費者を対象に、新電力、ガス、ネット回線など、生活に欠かせないライフライン商品を適切な価格で提案するコンサルティング業務を担当しています。2021年1月の入社以来、充実した毎日を過ごせています。

―どういった部分に充実感を得ていますか。

 毎日の努力の積み重ねが、はっきりと営業成績に表れるところです。じつは私には、プロサッカー選手になる夢がありましたが、コロナ禍のさまざまな影響でそれを断念する決断をしました。その決断を正解にするためにも、必ず仕事で大きな成果を残せる人間になろうと。そのためにまず、「昨日の自分を超える努力」をしようと決意しました。昨日より1件でも多くの顧客にアプローチする、昨日より1秒でも長く顧客と話すといった課題を自らに課して、毎日、必死に取り組みました。思うように結果が出ないときもありましたが、3ヵ月後の今年4月に、会社で過去最高の月間売上高を達成できて。じつは、この成績を残せたのは、私以上にこの結果を喜んでくれた仲間の存在が大きいんです。

―それはなぜですか。

 辛くてくじけそうなとき、周りの仲間が「俺も仕事に真剣だ。だから、同じく仕事に真剣に向き合っている渋谷をサポートする」と、いろんなことを助けてくれたんです。「人生を変える」というRoadのミッションには、「全員でそれを目指す」という考えが根底にありますが、寄り添ってくれる仲間の存在を感じたとき、「Roadのミッションはきれいごとを並べているだけではない」と確信を持てましたね。

―今後の目標を聞かせてください。

 入社してまだ1年も経たない私が言えば、少し「かっこつけ」かもしれませんが、会社に恩返しできるだけの力を身につけたいです。代表の片江と初めて会ったとき、「サッカー以上に輝ける場所として、Roadに出逢ったんだ!」と励ましてくれ、勇気をもらいました。私と同じように、夢をかなえられなかった人は世の中に多いと思いますが、そういう人たちに輝いている私を見せることで、今度は私が励まし、勇気づける立場になりたい。それが会社への恩返しだと思っています。

働く目的を定めているから、仕事と真剣に向き合える

―業務内容を教えてください。

 既存顧客に対して、さらに有益な商材を提案するインサイドセールス事業部の責任者を任されています。電話による提案が中心で、スタッフのみんなと声をかけ合いながら、楽しく働ける職場環境にすることを心がけています。

―業務を行ううえで、大切にしていることはありますか。

「目的意識」をつねに持つようにしています。たとえば、会話のテクニックを身につける目的は、「顧客が抱える課題を掘り起こすため」です。普通の会話では気づけない課題まで発見できる会話術があれば、提案商材の幅が広がり、顧客の課題をより多く解決できるようになる。目的意識は、進むべき道を示す「羅針盤」のようなもので、道がはっきりわかるから最短ルートで到達でき、成長スピードが加速するのだと思っています。だから私は、「働く目的」もつねに意識しています。

―松田さんの「働く目的」とはなんでしょう。

 私が強く共感している、「人生を変える」という会社のミッションを体現することです。恥ずかしい話ですが、私はこれまで、勉強や部活動、アルバイトなどすべてが中途半端でした。パソコンのスキルもなく、20歳を目前にして「自分の将来は大丈夫だろうか」と不安を抱えつつも惰性で毎日を過ごしてきて。そんな私でも、Roadのミッションに触発され、真剣に努力して立派な社会人になれた姿を見せれば、仲間もきっと、Roadのミッションを信じてがんばれるはず。「人生を変える」という目的をしっかり定めているから、日々の仕事に真剣に向き合え、入社後の3年半で自分でも驚くほどの速さで成長できていると感じます。

―新たにくわわる仲間にメッセージをお願いします。

 私は、創業間もないころのRoadを知っています。当時とくらべて、社員の規模や業務内容が大きく変わるなか、変わらないものがあります。それは「人生を変えよう」「仲間を大切にしよう」「顧客を幸せにしよう」という熱意です。そのブレない熱意があったからこそ、会社は大きく成長したのだと思います。熱意にあふれ、成長環境がそろっている当社で、人生をより良くしていきましょう。
※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。