ベンチャー通信Online > 起業家インタビュー > 販売・サービス > 株式会社シンクスインターナショナル 代表取締役 年見 哲良

INTERVIEW 業界別起業家インタビュー

株式会社シンクスインターナショナル 代表取締役 年見 哲良

コールセンター業界に生まれた文字通りの「女性活躍ベンチャー」

「女性が活躍できる仕事」そのすべてが当社の事業領域です

株式会社シンクスインターナショナル 代表取締役 年見 哲良

大阪で2013年に創業し、関東から九州まで9拠点でコールセンター事業を手がけるシンクスインターナショナル。同社は、「女性の活躍推進」に力を入れ、実際に200名強の従業員の90%以上を女性が占めている。自身は男性である同社代表の年見氏が、女性の活躍推進を掲げて起業したのは、なぜなのか。同氏にその理由を聞いた。
※下記はベンチャー通信83号(2021年10月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

細やかさや安心感は、女性の強みが発揮できる

―事業内容を教えてください。

 おもに、コールセンター運営の代行事業を展開しています。特に、通信事業者を顧客に抱え、注文の受付や問い合わせ対応といったインバウンド業務の受託が主力です。会社の特色としては、コールセンターのすべてのオペレーターが女性従業員であることです。当社では、「働く女性に明るく輝く未来を」という理念を掲げており、管理職を含む従業員全体でみても、90%以上を女性が占めています。また、大阪を含む全国9ヵ所の拠点のほとんどに、大手通信事業者主催の「企業電話応対コンテスト」の入賞者が在籍しており、業務品質に対しても高い評価をいただいています。

―高い評価を得られているのはなぜでしょう。

 女性比率の高さと関係があると私は考えています。人によって仕事の「向き不向き」に傾向があるように、コミュニケーションの細やかさや、相手に安心感を与えるといったところは、相対的に女性の強みであると感じています。お客さまの困りごとに向きあうインバウンド業務は、まさにその強みを発揮できるのです。一方で、営業におけるクロージングの「押し」が求められるアウトバウンド業務では、男性が強みを発揮します。実際に当社はもともと、アウトバウンド業務を手がけていましたが、男性オペレーターが主流の同業他社と比べ、成果が出にくいことがわかり、インバウンド事業に軸足を移したのです。

 当社はこうした事業戦略面の試行錯誤を何度も重ね、女性がその力を存分に発揮できる業務を追求するとともに、「おしゃれ手当」といった福利厚生面も充実させてきました。それによっていまは、「女性が力を発揮し、活躍できる会社」として認知が高まってきたところです。

「女性は出世できないのか」会社組織に対して抱いた疑問

―そもそも、「女性の活躍」を推進する会社を立ち上げた経緯を聞かせてください。

 シングルマザーとして私たち兄弟を育ててくれた母の入院が、会社の設立につながりました。当時、私は会社員勤務6年目の20代でしたが、母の約30年勤続した職場の給与明細を初めて見て、収入が私の半分ほどしかなかったことを知ったのです。ただそのときは、勤め先企業の規模によるものだと思っていました。それを「男女の賃金格差の問題ではないのか」と疑問視するようになったのは、さらに数年後のことです。

―なにがあったのですか。

 当時勤めていた会社で、管理監督者にも就いた優秀な女性社員2名が、そろって産休から復帰後、自ら降格を受け入れて私の部下として配属されたのです。給与も3~4割減ったと聞きました。出世を目指してがむしゃらにがんばっていた私にとって、この事実は信じがたいことでした。「せっかくいままで積み上げてきたものを捨てなければならないのか」と思い、本心を聞いてみると、「午後5時には退勤したいので、いいんです」と。この出来事で私は、「男女に賃金格差が生じるのは、やる気や能力の問題ではない」と確信しました。いくら優秀な人材でも、出産したら出世はあきらめるしかない。そんな慣習を当たり前にしているのは、会社という組織に問題があるのではないのか。そう考えるようになったのです。

 少ない収入で生活費を切り詰めながら兄弟を育ててくれた、私の母のようながんばる女性が、慣習に縛られず、最大限に活躍できる会社をつくりたい。そんな想いが芽生え、私は前職を退職した後、「女性が活躍する会社」としてこのシンクスインターナショナルを立ち上げたのです。

―今後のビジョンを聞かせてください

 「女性から第一志望に選ばれる会社になること」です。すでに、名実ともに女性が活躍できる会社の基盤は整ってきましたが、現在主力と言える事業はコールセンター事業のみですから、求職者が選択できる業務を増やす余地はまだまだあります。当社が目指す事業領域は、あくまでも「女性が活躍できる仕事」のすべて。今後は新たな事業の創出にも積極的に挑戦し、女性が活躍できる場をさらに広げていきます。そんな活躍の場づくりに一緒に挑戦したい方は、当社の仲間にくわわってほしいですね。
※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。