ベンチャー通信Online > 起業家インタビュー > IT > 株式会社ビズリンク 代表取締役社長 兼 CEO 姜 大成

INTERVIEW 業界別起業家インタビュー

株式会社ビズリンク 代表取締役社長 兼 CEO 姜 大成

人材ビジネスを端緒にベンチャー代表が描く壮大なビジョン

「日本株式会社」の人事制度を、新時代に合わせて刷新してみせる

株式会社ビズリンク 代表取締役社長 兼 CEO 姜 大成

「誰もが機会を平等に与えられる社会の実現」という壮大なビジョンを描きながら、急成長を続けているビズリンク。ここでは、主力の2事業をけん引し、同社の成長を支える若手社員2名を取材。ビズリンクの魅力や仕事のやりがいについて聞いた。
※下記はベンチャー通信84号(2022年4月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

企業とのマッチングを通じ、求職者に自信を与えられた

―業務内容を教えてください。

 当社の主力事業『ビズリンクフリーランス』を提供するエージェント事業部で営業を担当しています。同時に、新規顧客開拓を強化するために2021年に事業部内で新たに立ち上がった、インサイドセールスチームのリーダーも担わせてもらっています。このリーダー職には私が自ら手を上げて任命されたのですが、私のように意欲ある社員に挑戦の機会を積極的に与えてくれるところは、当社の魅力のひとつです。また、雇用をめぐる社会課題の解決に直接かかわれていると実感できることは、もうひとつの当社の魅力であり、やりがいを感じているところです。

―「社会課題の解決にかかわれている」と実感するのは、どのようなときですか。

 企業とのマッチングが成立し、エンジニアから感謝の言葉をいただいたときです。私は、営業先である企業だけでなく、当社のサービスに登録するフリーランスのエンジニアたちとも接する機会が多いのですが、なかには、IT業界における「多重下請け構造」のなかで、収入が低く抑えられてしまった苦い経験をもっているエンジニアも少なくありません。当社はそうしたエンジニアを、人材ニーズのある企業と直接、業務委託というかたちでマッチングし、活躍の場を提供するのです。エンジニアから「自分のスキルに適切な対価を与えてくれる案件とめぐりあえた」「私個人の力で生きていく自信がついた」といった声を聞くと非常にうれしく、社会に対する貢献を強く実感します。

サービスをさらに磨き込み、企業の成長にも貢献したい

―今後の抱負を聞かせてください。

 まずは、インサイドセールスチームのリーダーとしてエージェント事業部の規模をさらに成長させていきたいですね。私がビズリンクに入社した2019年は、会社全体で従業員の数はわずか数名ほどでしたが、それから約2年の間に20名強に増え、それに伴うオフィスの引っ越しを2度も経験しました。こうした目に見えるほどの会社の成長からも、フリーランス人材の活用ニーズが高まっていることを実感しています。しかし同時に、新しい雇用のかたちに不安を抱えている企業がまだまだ多いのも現状です。そうした企業の不安を払拭できるよう、今後もサービスをさらに磨き込み、フリーランス人材の活用を通じた企業成長にも貢献していきたいと考えています。

挑戦する人々を支える、ビズリンクの理念に共感

―現在、どのような業務を行っていますか。

 コンサルティング事業部のグループリーダーとして、プロシェアリング事業の営業を担当しています。もともと当社は、代表の姜が既存顧客とのリレーションを強化するかたちでマーケターを企業に紹介するプロシェアリング事業を行っていました。そうしたなかで事業が高く評価されてきたことから、本格的に事業展開していこうと、昨年にコンサルティング事業部を立ち上げました。そこであれば、思う存分チャレンジできるフィールドがあると私は確信し、ビズリンクにくわわりました。人材業界に入るのは当社が初めてでしたが、営業だけでなく、マーケティングや事業戦略の策定、メンバーのマネジメントなど、業務全般を幅広く任せてもらっています。

―異なる業界からビズリンクに入社したのはなぜなのでしょう。

 私はもともと個人事業主として代理店営業を行っていたのですが、自らをさらに成長させるために異なる業界に飛び込んでみようと、会社員としての再就職を考えたのがきっかけでした。ビズリンクを選んだのは、私自らがそうであったフリーランス人材を応援する会社であることに共感したからです。フリーランスのなかには、継続的に仕事を得ることに対する不安や、組織に所属しないことによる孤独感を抱える人が多くいます。そうした不安や孤独感を抱きながらも、自ら理想とする生き方や働き方を追求してフリーランスにチャレンジしている人を支えていく。そのような事業に、当社が社会に提供する大きな意義があると考えています。

3年後の上場を目指し、事業部の規模を拡大したい

―今後、事業部をどのようにけん引していきますか。

 当社が3年後に目指す上場の実現にしっかりと貢献できるよう、事業部の規模を拡大していきます。また、今後のビズリンクを支える人材を多く育てていくことも私の目標です。現在、グループのメンバーは数名ほどですが、今後は50名ほどまで陣容を大きくしていきたいと考えています。その際は、会社がいま私にさまざまな業務を任せてくれているように、私も新たにくわわるメンバーたちに、積極的に挑戦の機会をつくっていきます。フリーランスやプロシェアリングという新しい市場と向き合う当社には、社員の挑戦と成長を促す環境があります。会社とともに成長し、より良い社会をつくっていきたいと考える志のある人とぜひ、一緒に働きたいですね。
PROFILE プロフィール
姜 大成(かん てそん)プロフィール
1987年、東京都生まれ。2009年に大学を卒業後、金融機関へ入行。2012年、株式会社インテリジェンス(現:パーソルキャリア株式会社)に入社。社内ベンチャーの立ち上げを経験し、トップセールスとして事業をけん引する。2015年、株式会社Growther(現:株式会社ビズリンク)を設立し、代表取締役社長 兼 CEOに就任。
株式会社ビズリンク 企業情報
設立 2015年4月
資本金 7,079万円
従業員数 22名
事業内容 ITプロ人材のマッチングプラットフォーム、フリーランス人材の業務委託紹介サービス、DX支援を目的としたプロシェアリングサービスなど
URL https://corp.bizlink.io/
※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。