累計経営者579人に取材、掲載社数332ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを紹介

飲食・食品業界の起業家インタビュー

株式会社鯖や 代表取締役 右田 孝宣

飲食・食品日本固有の食文化を発信し「とろさば」を世界ブランドに育てたい

株式会社鯖や 代表取締役 右田 孝宣

クラウドファンディングで チャンスを掴む

―ターニングポイントはありましたか。

 すべてが順調だったわけではなく、2013年に経営危機がありました。人手が足りない、資金繰りは苦しい、八方ふさがりでした。その時、双子の弟で副社長の孝哲に「社長は鯖のことだけを考えろ」と言われたんです。会社の規模が大きくなっているのに、なんでも自分でやろうとして経営に集中できず悪循環が起こっていたんです。副社長に人事を任せて、鯖の営業に徹しました。すると翌月にJR西日本さまへの出店が決まったのを皮切りに、大きな案件が次々に実現していきました。

―サバ料理専門店への挑戦がメディアで話題になりました。

 2015年1月、※クラウドファンディングで資金を集めて「とろさば料理専門店 SABAR」を開業しました。この時、自分の中で何かが変わりました。出資者の皆さまのお金を預かるという責任、オープンした店は自分個人のものではないという自覚が生まれたのです。そこからIPOのイメージができました。はっきりしたゴールとビジョンが見えたことで、会社の価値を上げるために今何をすればいいか、社員みんなが考えるようになったのです。

―社長とともにスタッフも変わったということですか。

 はい。もともと鯖や、SABARともに、職種に限らず、各スタッフがポジションに応じてチャレンジできる職場です。

 鯖寿司を作る人、店舗で販売する人、SABARでお客様の反応を直接知る人、事務方として広報や経理を担当する人。社員全員が「サバ伝導師集団」の「サバリーマン」として、自分で考えて仕事を楽しむことで、社会の役に立とうとしています。鯖をキーワードにやりたいことをやってもらうという考えです。

 追随する他社に絶対に真似できないのが、鯖への情熱です。

 社長の役割は、鯖の良さを語ることと、お客さまの“ありがとう”の数を増やすこと。鯖の魅力を私が伝えることで、みんなも自信を持ってお客さまに伝えられます。社員が毎日仕事を楽しんで、きちんと報酬を受け取り、豊かな人生を送れるようにするのもわれわれ経営陣の仕事です。

―鯖やに興味がある読者へメッセージをお願いします。

 鯖やは鯖寿司を売るだけの会社ではありません。刺し身の鯖を食べる文化、メイドインジャパンの味としての鯖寿司の文化、この2つの文化を育てようとしています。

 若い時にどこで何をするかはとても大事です。私は23歳の時に働いていたオーストラリアの会社が急成長した時にいろんなことを経験しました。社員のみなさんにも同じように経験してもらいたいし、それができる職場です。私たちの会社は、今後、鯖の養殖を皮切りに、生産から、製造、販売、卸、飲食にいたるまで、いろんなことができる会社に成長していきます。

 「とろさばを世界ブランドに!」を合言葉に、あらゆるサバ加工食品、サバ専門飲食店を世界に広めるのが、われわれ「サバ伝導師集団」のミッションです。こんな会社、面白いと思いませんか? ぜひ、一緒に夢を追いかけましょう!

※クラウドファンディング:製品・サービスの開発、アイデアの実現などのために、インターネットを通じて不特定多数の人から資金の出資や協力を募ること

 私たちの組織の一番の特徴はトップとの距離が近く柔軟性があることです。1人ひとりの社員に合う環境を整えることが先決なので、職種を変わりたければ配置転換もします。幸い商品開発から製造、販売、営業まで、当社にはいろんな仕事があります。希望しだいでいろんな可能性が発掘できるし、チャレンジができます。

 会社が決めた方針はもちろんありますが、無理に社員を合わせるのではなく、社員に会社が合わせていきます。特別なスキルはいりません。サバリーマンとして、まっすぐ素直に鯖を語ってくれたらそれでいいんです。
管理職の席がたくさんあいていますから、チャンスも多い。独立も応援します。
うち、いい会社でしょう(笑)。

右田 孝宣(みぎた たかのぶ)プロフィール

1974年、大阪府生まれ。大阪市立淀商業高校卒業後、魚屋に勤める。23歳で単身オーストラリアに渡り、寿司店に就職。スーパーバイザーとして2店舗だった店を13店舗まで拡大させる。27歳で帰国。30歳の時に夫婦で居酒屋「笑とり」オープン。鯖寿司が評判となったことから、2007年、33歳で鯖一本に絞り、「鯖や」の代表取締役として事業を展開。「鯖が最も喜ぶステージを用意したい」と、サバ博士、サバプリンスとして、とろ鯖の普及活動にも意欲を燃やす。2008年から八戸前沖さば大使も務める。

株式会社鯖やプロフィール

設立 2007年(平成19年)6月
資本金 1,000万円
売上高 3億9,000万円(2015年4月期)
従業員数 65名(2015年6月現在、パート含む)
事業内容 サバ専門店事業(鯖寿司製造・鯖惣菜・鯖加工食品販売)、
URL http://www.torosaba.com/

株式会社SABARプロフィール

設立 2013年(平成26年)6月
資本金 300万円
売上高 1億8,000万円(2015年4月期)
従業員数 62名(2015年6月現在、パート含む)
事業内容 サバ料理専門店「SABAR」運営事業
URL http://sabar38.com/

その他の飲食・食品起業家の記事

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

ベンチャー通信

ベンチャー通信
ベンチャー情報雑誌

「ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを取材」をコンセプトに編集している、2000年創刊のベンチャー情報雑誌です。

ベンチャー通信への掲載・取材希望の方

ベンチャー企業の採用力強化、自社の成長性・知名度アップのため、ベンチャー通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

  • ベストベンチャー100
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • 人財力100 人材採用と育成に力を入れている100社
  • 活躍しているエンジニアの職場を取材!Tech通信ONLINE
  • INOUZ Times

ベンチャー通信メールマガジン

ベンチャー通信注目の企業や、ビジネスニュースなどの情報をお知らせします。

ご登録はこちら

pagetop