• TOP
  • >  エヌリンクス
  • >  株式会社エヌリンクス 代表取締役社長 栗林 憲介

団結力と思いやりで圧倒的な成果を出し続ける

営業のアウトソーシングや「塾予備校ナビ」などのインターネットメディア事業、OtoO事業などを展開し、急成長を続けているエヌリンクス。今春には大阪に進出するなど全国展開をスタートさせたほか、2016年の上場計画も動き出した。なぜ同社は急成長できたのか。「社員たちの並外れた団結力が当社の最大の武器」と語る代表の栗林氏に、起業の原点や経営理念、今後のビジョンなどを聞いた。

団結力と思いやりで圧倒的な成果を出し続ける

※下記はベンチャー通信53号(2013年7月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。
 

―御社は3年前の設立以来、一貫して増収増益決算を継続。従業員数は130名を超えました。急成長の理由を教えてください。

栗林:当社のサービスや商品に独自の強みはありません。急成長を可能にしたのは、メンバーたちの並外れた団結力のおかげです。人間はひとりではがんばれません。支えてくれる仲間がいる。目標に向かって一緒に歩んでくれる仲間がいる。知らないことを教えてくれ、なんでも話せる仲間がいる。だからがんばれるんです。そう実感したのは、2010年に、わずか3名のメンバーで当社を創業したときから。小さな会社が勝つには、団結力で戦っていくしかありませんでした。団結力の強さは、定着率90%という圧倒的な数字にも表れています。一般的に、職場の人間関係が離職理由の大きな部分を占めるとされますが、当社ではそんな心配は無用。基本的なことですが、当社では役員もメンバーも、本当に雰囲気がいい。私自身、みんなが好きです。

―なぜ、団結力が強いんですか。

栗林:会社の根底に「思いやり」の精神があるからです。企業の継続には、生産性と効率性の追求が不可欠です。しかし、それは同時にある種の「冷たさ」を会社に植えつけます。なぜなら、生産性や効率性の追求とは、社員同士を競わせることにほかならないから。極端な社員間競争が起きれば、会社の仲間は自分の敵となり、情報共有も行われなくなります。その結果、逆にムダが増加し、生産性や効率性を低下させるリスクさえあります。敵同士が団結するはずはなく、離職率も高くなるでしょう。こうした「冷たさ」を排除し、団結力を強くするのが、思いやりの精神なんです。当社では、仕事の割り振りも「思いやり」に基づいて行っています。私自身、経営判断の基準に据えている価値観です。

―思いやりを重視している理由を教えてください。

栗林:原点は、大学時代に立ち上げた学生ベンチャーでの挫折にあります。その会社は成功し、業績を順調に伸ばしていたのですが、ある日突然、終わりを迎えました。一緒に起業した先輩が資産を全部持ち逃げしたんです。会社は潰れ、私は一夜にして一文無しになりました。そんな苦い経験を誰にもさせたくない。なにより辛いことを乗り越えた先にある「愉た のしみ」を誰もが感じられるチームをつくりたかったんです。この想いを共有してもらうため、最近、経営理念も策定しました。

―経営理念の内容を教えてください。

栗林:当社の経営理念は「走り続ける 変わり続ける そして愉しみを創り出す」です。「走り続ける」とは、文字通り、目標に向かって全員で突き進んで行こうという意味。「変わり続ける」とは、変化を恐れず、変化のなかに飛び込むことによって、成功を収めようという考えです。既存のマーケットにおいては、新しいノウハウを創出し、新しいマーケットに対しても既存サービスを組み入れる変化の知恵をもって成長を続けていく、という想いを込めています。そして、目標に向かって走り続け、つねに変化を続け、新しい価値を創造していけば、「愉しみを創り出す」ことができます。ホンモノの「愉しさ」とは、ほんの少し手を伸ばせば手に入る「楽しさ」ではなく、辛いことや困難を乗り越えた後に沸き起こる、静かで深い感情です。「愉しさ」を知れば、どんな状況下にあっても仕事に打ち込めるようになります。

画像をクリックすると拡大表示されます

― 今後のビジョンを聞かせてください。

栗林:これからも21世紀を代表する産業であるインターネットと、カタチが変わろうとも今後も必要とされる営業事業の2つの領域を並行して事業展開し、最高の「営業×Web」カンパニーをつくることが目標です。OtoOの展開も本格的に始動させました。当社は国内屈指のBtoC営業ノウハウと自前のインターネットメディアノウハウをもっている唯一の企業だと自負しています。この「Web×BtoC」の延長線上に、オフライン・オンラインのどちらからでもお客さまにアプローチし、両方のサービスを利用していただくという、当社が目指すOtoOがあります。

目標は見えているので、あとは突き進むだけ。今後の当社の事業拡大にプログラマーの力が必須なので、Perl、Java、PHPの実務経験2年以上の方は、大歓迎です。また、2016年までに株式公開することも目標です。その目的は、社員にもっと幸福になってもらうため。やはり、上場会社に勤めているのと、未上場のベンチャー企業で働いているのとでは、まわりの目が違います。みんなが誇りをもって働くことができ、周囲に自慢できる会社に成長させること。それがメンバーたちに私が提供できるわかりやすい形での「思いやり」です。

※OtoO:Online to Offlineの略。ネット上(オンライン)から、ネット外(オフライン)での行動へと促す施策や、オンラインでの情報接触行動をもってオフラインでの購買行動を促す施策のこと。

※下記はベンチャー通信53号(2013年7月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。
 

目標はお客さまを幸せにするカッコイイ営業

私の業務と担当地区は武蔵野市と三鷹市への訪問。1日平均150軒のご家庭を訪問しています。成果をあげられず気分が落ちこんでいたとき、あるお客さまから「星野くんだから契約するんだよ」と言われたことが、忘れられません。ふつう、1軒あたりの訪問は20分程度なんですが、そのお客さまとは1時間30分くらい、お話しさせていただき、最後には「いろいろ聞いてくれて、ありがとう」とまでおっしゃってくれました。うれしくて、玄関のドアが閉まったあとも、ずっと頭を下げ続けていました。それ以来、お客さまを幸せにすることが、自分の仕事だと考えるようになりました。

入社9ヵ月で主任になりましたが、ようやく一歩進めたな、というのが実感。もっとお客さまを幸せにできるカッコイイ営業になり、さらに上を目指していきたいですね。

自分を超える人材をつくり出してみせる

管理職というと一般に近寄りがたい存在ですが、当社の場合、そうしたことはまったくありません。社長を含め、上から下まで、いっさい壁がありません。人材育成の方針は、ホメて伸ばす。長所があれば短所もあるのが人間です。弱点だけを責めても萎縮するだけで、その人間を成長させることはできません。長所を見て、よい部分を伸ばしていくことで自然と課題を克服でき、大きく成長させることができるんです。

仲間意識が高いことにくわえ、負けず嫌いが多いのも当社の特徴。私自身、数字の面では誰にも負けたくありません。ひとりの営業プレイヤーとして、圧倒的な成果を出し続けていきたいですね。 同時に、自分を超える人材をつくり出すことも、私に課せられた使命。全員で団結して、会社を飛躍的に成長させていきたいですね。

O to Oを体現できる企業はエヌリンクスだけ

仕事に対して妥協しない、深い信頼感で結ばれている。このふたつが、当社メンバーの特徴です。自社運営メディアである「塾予備校ナビ」では、Web上での生徒獲得のお手伝いにとどまらず、全国に飛んで個宅訪問の生徒獲得までお手伝いしています。お客さまの利益を最大化し、期待されている以上の成果を出すために必要だと判断したからです。当社のOtoO事業は、足を使い、汗を流して活動しており、ここが他社にはない強みになっています。それから、「笑顔でハードワークができる」点も当社メンバーの特徴ですね。「仕事をやらされている感」がないので、それができるんです。

急成長中のプロモーション事業部では、一緒に活躍する仲間を募集しています。なにかをつくりあげることが好きな人は、ぜひメンバーになってほしいですね。

大阪支店を本社を超える規模にすることが夢

当社にとって初めての地方展開である大阪支店の設立メンバー募集が行われたとき、私を含めた3名が真っ先に手を挙げました。社長の栗林から言われたのは「好きなようにやってくれ」のひとこと。それほど信頼されていることがうれしかったのと同時に、絶対に成功させてやると心に誓いましたね。幸いにも、大阪支店には素敵なメンバーが集まってくれました。「自分たちを受け入れてくれる姿勢がある」「会社が好き」と大阪のメンバーたちから言われたときは、感激しました。

いいものは自然と大きくなるはずなので「2~3年以内に本社を超える規模に大阪支店を成長させる」という夢も、必ず実現できると信じています。大阪支店を成功させ、自分自身、飛躍的に成長したいですね。

自己成長が会社の成長と直結していると実感

ホームページを見て「楽しそうな会社だな」と感じたことが、入社のきっかけです。実際、エヌリンクスでは人間関係に困ることはまったくありません。くだらない話から、仕事の真剣な話まで、いつもメンバー全員でコミュニケーションしています。とても若く、勢いのある会社ですが、経営陣はしっかりと先を見据えた経営をしていると感じています。雰囲気のよい職場環境、それを支えるメンバーと役員の一体感からくる「団結力」が社風であり、魅力です。

エヌリンクスは、今が一番大きく伸びている時期で、その成長スピードはさらに加速していくだろうと感じています。自分の成長が会社の成長と直結しているので、会社の成長の支えとなれるよう、自己成長を遂げていきたいですね。

第一印象は「こんな楽しい会社あるの!?」

専門学校に在学中、卒業ギリギリまで留学していたこともあり、十分な就職活動が行えませんでした。そんなとき、エヌリンクスを紹介され、面接を受けました。そこは、自分の思い描く「会社」とはまったく違いました。「こんな会社あるの!?」という印象だったんです。会社のメンバーが、とても楽しそうに仕事をしていたからです。それが「思いやり」からきていることは、入社した後によくわかりました。自分も、エヌリンクスの社風である「思いやり」を大切にできるメンバーであり続けたいと考えています。

また、私の仕事は営業ですので、数字だけは絶対に負けたくありません。今後の目標は、営業として一人前になり、後輩ができたときに、仕事をしっかり教えられる先輩になることです。
<

成長意欲の高い人には大きなチャンスがある

友人がエヌリンクスに転職して「すごい会社がある」と感動していたことが入社のきっかけです。当時、私がいた会社は所属事業部の在籍数だけで300名という大企業でしたので、友人の様子を見て「小さい会社に入って、なぜそんなに感激しているんだろう」と、少し冷ややかに考えていました(笑)。ただ、会社の立ち上げにかかわれるのは二度とない機会だと考え、その友人の紹介でエヌリンクスに入社したんです。友人がなぜ感動していたのか、すぐにわかりました。私自身、いまでは「会社は自分そのもの」という気持ちです。

これから当社は急速に拡大し、新規事業も続々と誕生します。ポストはいくらでも用意できます。大きなチャンスを求めている人、成長意欲が高い人は、ぜひメンバーにくわわってほしいですね。
  
プロフィール
1983年、大阪府生まれ。2008年に日本大学を卒業後、上場企業勤務などを経て、2010年に株式会社エヌリンクスを設立し、代表取締役社長に就任。設立3年で同社を従業員数130名の企業に急成長させた。今春、全国展開の第一弾として大阪に進出。2016年の株式上場を目指している。
 
経営者データファイル
■生年月日:1983 年8 月27 日 ■出身:大阪府 ■身長:180cm ■平均睡眠時間:6 時間 ■平均起床時間:午前9 時 ■おススメ本:『永遠の0』百田 尚樹(著)、『海賊とよばれた男』(同)、『キングダム』原 泰久(作)
 

会社概要

■設立/2010年3月
■資本金/1,000万円
■従業員数/130名
■事業内容/インターネットメディアの運営、放送受信料の契約・収納業務事業、Webプロモーション事業、営業代行事業

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(株式会社幕末)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

株式会社幕末