累計経営者579人に取材、掲載社数311ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを紹介

不動産業界の起業家インタビュー

株式会社AMBITION 代表取締役 清水 剛

不動産夢を目標に!目標を現実に!

株式会社AMBITION 代表取締役 清水 剛

「若者が夢を持てない時代」と言われて久しい。しかし、夢を持った熱い若者は、現代にも確かに存在する。そういった熱い若者たちが集まり、成長を続けているベンチャーがAMBITION(アンビション)だ。同社の設立は2007年9月。不動産の賃貸仲介・※プロパティマネジメントを行い、1期目に5億円、2期目に10億円の売上を叩き出した。不況という逆風の中、200%成長を果たした理由は何なのか。今回は代表の清水に、同社の強さの秘密、人材観、そして今後のビジョンを聞いた。

※下記はベンチャー通信39号(2009年11月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

―御社の事業内容を教えてください。

清水:不動産の賃貸仲介、およびプロパティマネジメントを行っています。賃貸仲介事業では、デザイナーズマンションを中心にお部屋探しのお手伝いをしています。当社の運営店舗は5店舗。渋谷、六本木、池袋、上野など、都内のターミナル駅周辺に展開しています。
そしてプロパティマネジメント事業では、物件の維持管理・入居者管理・賃貸管理などの業務をオーナーさまから代行しています。

―不況の影響で賃貸不動産会社が軒並み苦戦する中、御社は2009年6月期に前期比200%成長を達成しました。その理由は何ですか?

清水:競合他社との差別化に成功しているからです。差別化のポイントは大きく3つあります。 1つ目は、店舗デザイン。大手賃貸不動産会社さんの店舗は、柔らかいポップな色調が多い。理由は幅広い年齢層に受け入れられるためです。一方、当社は20~30代をコアターゲットに設定し、色調を高級感のあるブラックに統一しています。店舗内はダイニングバーやブティックのような洗練された空間。いわゆる"不動産屋さん"のイメージとは全く違うんです。
2つ目は、商品力。当社の人気商品「オールゼロプラン」では、敷金、礼金、保証金、そして賃貸仲介手数料もゼロ円で物件をご紹介しています。つまり、お客さまが支払うのは毎月の家賃だけ。このプランが大ヒットしました。グレードの高いデザイナーズマンションの分野で、仲介手数料までゼロ円というプランは今まで無かったんです。 3つ目が、人材力。手前味噌になりますが、当社の社員は素晴らしい。熱くて元気。いつも本気で仕事に取り組んでいる。そして、お客さまの視点に立って物事を考えています。これが当社最大の強みであり、最高の財産です。

―御社ではどうやって人材力を高めているのですか?

清水:主に3つのことに取り組んでいます。1つ目は、全社挙げての目標設定。この全社目標が全社員のベクトルを統一する軸になっています。大きな目標があれば、社員にもおのずと向上心が湧いてきます。それが日々の接客レベルを上げているわけです。
2つ目は、3ヶ月に1回の「チャレンジコンテスト」。これは会社全体の数値目標を達成した際に、全社員を表彰する制度です。ホテルなどの会場を借りて表彰式を行い、賞状と賞金を進呈します。また、この制度の目的は、社内の団結力を醸成することにあります。自分ひとりの個人目標を達成しても、喜びは自分だけ。でも全社員で目標を達成すると、喜びが何倍にも膨らみます。だから、表彰式の盛り上がりはスゴイですよ。中には涙を流す社員もいるくらいです。
3つ目は毎朝の朝礼。この朝礼によって、ビジョンの共有、あいさつの徹底、当日の目標設定を行います。また、毎週月曜日には全社員が本社に集まり、全体朝礼も行っています。

―長期・中期・短期、それぞれの目標設定を行うことで社員のモチベーションを向上させているわけですね。では、御社の企業理念を教えてもらえますか。

清水:「夢を目標に!目標を現実に!」です。当社の夢は不動産賃貸業界のリーディングカンパニーになること。賃貸仲介の分野でNo.1になることです。この夢を夢のままで終わらせず、必ず実現したいと考えています。
また、その夢を叶えていく過程で、当社が関わる人すべてに夢や感動を提供したいと考えています。多くの会社は"CS (Customer Satisfaction)"、つまり顧客"満足"を目指しています。しかし、当社はそのひとつ上の"CD (Customer Delight)"、つまり顧客"感動"を目指しています。

―御社の社員平均年齢は27歳だと聞きました。どんな若手社員が活躍しているんですか?

清水:活躍している若手社員の特徴は4つ挙げられます。1つ目は、夢や目標を持っている人。内容は何でも構いません。大きな夢や目標を持ち、それに向かって本気で仕事に打ち込むことが大事なんです。
2つ目は、明るくポジティブに仕事に取り組んでいる人。不平不満を口にせず、自分の力で壁を乗り越えようとする人です。
3つ目は、相手の視点に立って物事を考える人。自分がされてイヤなことは相手にもしない。先ほど申し上げた「ポジティブな姿勢」も、相手の視点に立てばこそ。誰でもネガティブな人より、ポジティブな人と接した方が気持ちいいですよね。
4つ目は、いまの自分に満足していない人。現状維持はダメです。多くの人は少し仕事を覚えると、それで満足してしまう。でも、常にチャレンジを続けていた方が面白い。自己成長も実感できるはずです。

―清水さんはどんな人と一緒に働きたいですか?

清水:がむしゃらに仕事に打ち込む人ですね。中途半端な知識や経験は必要ありません。要領の良さも必要ない。失敗してもいいんです。失敗そのものよりも、失敗を恐れて何もしないことの方がダメなんです。失敗は成功に至るプロセスですから。

―最後に、今後のビジョンを教えてください。

清水:不動産賃貸業界のリーディングカンパニーになることです。そのため、まずは近い将来の株式上場を目指しています。そして企業ブランドを確立した後、全国展開を進める予定です。
また、今後も社員が誇りを持てる会社であり続けたいですね。熱くなることを恥ずかしがらず、周囲の人間に堂々と夢を語れる会社にしたい。そんな先輩社員の背中を見せれば、学生さんも夢を持てるようになると考えています。「夢は若者の特権」と言いますが、最近は夢の小さな学生さんが多いように感じます。でも、それは彼らのせいじゃない。私たち大人の責任です。多くの大人がつまらなさそうに辛そうに、生活するための手段として仕事をしている。そこを当社が変えていきたいんです。 当社はこれからも大きな夢を掲げ、前進し続けます。そして夢を実現し、熱い仲間たちと涙が出るような感動を味わいたいと思います。

※プロパティマネジメント:不動産に関する資産の管理を行う業務のこと。具体的な業務としては、建物の維持・管理業務、不動産を賃借するテナントの誘致、交渉、賃貸借業務の代行、賃料・共益費などの請求・回収、トラブル時の対応などがある。

清水 剛(しみず たけし)プロフィール

1971年、東京都生まれ。大学卒業後、大手賃貸不動産会社に入社。100名以上が在籍する営業部の中、わずか1年でトップ営業マンに上り詰める。その後、同社の売上最高記録を叩き出し、2005年に営業部長に就任。2007年9月に株式会社AMBITIONを設立し、代表取締役に就任。

企業情報

設立 2007年9月
資本金 4,000万円
売上高 10億円(2009年6月期)
従業員数 60名(2009年3月現在)
事業内容 賃貸仲介事業、プロパティマネジメント事業、リーシングマネジメント事業、Web・法人営業事業、賃貸管理受託事業
URL http://www.am-bition.jp/

その他の不動産起業家の記事

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

ベンチャー通信

ベンチャー通信
ベンチャー情報雑誌

「ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを取材」をコンセプトに編集している、2000年創刊のベンチャー情報雑誌です。

ベンチャー通信への掲載・取材希望の方

ベンチャー企業の採用力強化、自社の成長性・知名度アップのため、ベンチャー通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

  • ベストベンチャー100
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • 人財力100 人材採用と育成に力を入れている100社
  • 活躍しているエンジニアの職場を取材!Tech通信ONLINE
  • INOUZ Times

ベンチャー通信メールマガジン

ベンチャー通信注目の企業や、ビジネスニュースなどの情報をお知らせします。

ご登録はこちら

pagetop