ベンチャー通信Online > バックナンバー > ベンチャー通信 Vol.23 (2007年1号)

BACKNUMBER バックナンバー

全国1,000箇所に6万部を発刊している、ベンチャー情報雑誌「ベンチャー通信」。
「ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを取材」をコンセプトに編集している、2000年創刊のベンチャー情報雑誌です。

ベンチャー通信 Vol.23 (2007年1号)
ベンチャー通信Vol.23(2007年1月号)

ビジョナリーベンチャー特集

ビジョンこそ、ベンチャー企業の本質である。ビジョンとは、まさに経営者の純粋な想いに他ならない。起業はあくまで手段である。起業というのは、経営者が掲げるビジョンを実現させるためのツールに過ぎない。ビジョンを実現さえる上で、会社経営という形態よりも、NPOやNGO、あるいは政治活動という手段の方がいい場合もあるかもしれない。その場合は、起業家になることに固執する必要はないだろう。偉大な企業は、このビジョンというものを明確に持ち続けている。常に変化していく市場環境の中で、変わらない想い、つまり変わらぬビジョンを持っている。このビジョンが国を超えるものであれば、その会社の事業も国を超え、時代を超えるものであれば、その会社は時代を超えて繁栄し続ける。ベンチャービジネスが、短期的な打ち上げ花火で終わるのか、それとも大企業にまで成長し長く社会に愛され続けるのか、その境目はここにある。

ビジョナリーベンチャー特集~ベンチャーの本質はビジョンにあり~

夢を追いかけ、人を信じ続けた男

株式会社インタートレード 代表取締役社長CEO 荒木 幸男