累計経営者579人に取材、掲載社数322ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを紹介

ベンチャー通信編集部注目の起業家インタビュー

HEROZ株式会社 代表取締役 林 隆弘

注目エンジニアが繰り出す「一手」で世界を驚かせてみせる

HEROZ株式会社 代表取締役 林 隆弘

オンライン対戦将棋アプリ『将棋ウォーズ』など、AIサービスの開発を手がけるHEROZ。2018年4月に東証マザーズへ上場した際には、初値が公開価格の10倍以上をつけ、同社に対する社会的関心の高さを感じさせた。同社のリードエンジニアが開発したAIが将棋の電王戦で名人を破ったことも記憶に新しい。いま注目のAI開発企業である同社代表の林氏に、エンジニアチームの強さの秘訣や、開発にかける想いなどを聞いた。

※下記はベンチャー通信74号(2019年1月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

チーム内のフラットな関係が個人のチカラを発揮させる

―HEROZの特徴はなんでしょうか。

 優秀なAIエンジニアが集まるテック集団であることです。メンバー約40名のうち4分の3をエンジニアが占め、その7割がAIやアルゴリズムの開発に携わっています。たとえば、将棋AI『Ponanza』や『Apery』の開発者、NEC中央研究所の出身で学生時代は「スーパーコンピュータコンテスト」の常連だった開発部長、麻雀AIにかんする基礎理論を発表したエンジニアなど、選りすぐりの技術者が所属しています。

 そして、エンジニアチームの全員がほとんどフラットな関係にあることも大きな特徴です。当社は社員に楽しく働いてもらうため、自由に意見を出し合い、自分のチカラを十分に発揮できる環境をつくっているんです。チームにはまとめ役の開発部長がひとりいるだけで、プロジェクトごとにリーダーが生まれる組織形態となっています。

―『将棋ウォーズ』はどのような経緯で生まれたのでしょう。

 私を含め、当社には将棋のアマの有段者が多く、「将棋の楽しさを伝えたい」という想いから開発がスタートしました。

 『Ponanza』を開発した山本一成も、東京大学の将棋部で活躍していた経歴があります。世のなかにはほかにも将棋のコンピュータソフトが出ていましたが、「ちょっと強いアマに負けるレベル」。山本は「AIで将棋の名人を倒す」という明確な目標をもって開発に取り組んでいました。

―将棋の楽しさを伝えるためにどのようなところを工夫しましたか。

 プレイヤーが不利な場面などで、AIが代わりに指してくれる機能を設けた点です。「それって“ズル"ではないか」といわれることもありますが、将棋をやっていた人が将棋をやらなくなるのは「勝てないから」なんですよ。そこをAIが手助けしてくれる。困難な局面をどう打開できるのかがわかれば、勉強にもなるし、なにより勝てるから楽しい。楽しいからこそ、続けられ、上達するんです。

 この将棋AIの研究開発で培った技術を応用し、現在はBtoB向けのAIサービスにも力を入れています。

ウチの「対局相手」は超巨大グローバル企業

―どのようなサービスなのでしょう。

 『HEROZ Kishin』というサービスで、2017年にリリースしました。ある課題に対してデータを入力すると、AIが課題を解決してくれるイメージで、すでに幅広い業界に採用されています。たとえば、建設業界向けなら、構造設計業務における自動設計やシミュレーションの自動化などに使われる。こうした世界の実現をめざし、業界の活性化に貢献していきたいですね

 「AIが人間の仕事を奪う」とよくいわれますが、AIをどう使うかは人間次第。当社はAIによって、人手不足問題を解消したり、働き方改革を進めたり、世のなかを楽しくすることに役立てていきたいと思っています。

―今後の展望を聞かせてください。

 「社会にインパクトを与えたい」「世界を驚かすサービスを創出したい」という起業時からの想いを大切にしながら、成長していきたいですね。とはいえ、会社の規模が大きくなっていっても、技術者が力量を発揮できなくなるような「重い組織」にはしたくありません。ものごとを迅速に進め、個人の能力を尊重する先に、HEROZの成長があると思っています。

 AIのBtoB領域は、超巨大なグローバル企業がしのぎを削り合っているメインストリームですが、当社のポジションは必ずあると思っています。GoogleやAmazonといった超巨大グローバル企業を「対局相手」にプレイできているのは、すごくワクワクすることですね。

林 隆弘(はやし たかひろ)プロフィール

1976年、静岡県生まれ。1999年に早稲田大学卒業後、日本電気株式会社(NEC)に入社、IT戦略部、経営企画部に在籍。2009年4月にHEROZ株式会社を設立し、代表取締役に就任。座右の銘は「時は命なり」。

企業情報

設立 2009年4月
資本金 2億5,000万円(2018年7月末時点)
従業員数 約40名(2018年4月末時点)
事業内容 AIを活用したインターネットサービスの企画・開発・運営
URL https://heroz.co.jp/

その他の注目起業家の記事

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

ベンチャー通信

ベンチャー通信
ベンチャー情報雑誌

「ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを取材」をコンセプトに編集している、2000年創刊のベンチャー情報雑誌です。

ベンチャー通信への掲載・取材希望の方

ベンチャー企業の採用力強化、自社の成長性・知名度アップのため、ベンチャー通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

  • ベストベンチャー100
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • 人財力100 人材採用と育成に力を入れている100社
  • 活躍しているエンジニアの職場を取材!Tech通信ONLINE
  • INOUZ Times

ベンチャー通信メールマガジン

ベンチャー通信注目の企業や、ビジネスニュースなどの情報をお知らせします。

ご登録はこちら

pagetop