累計経営者579人に取材、掲載社数332ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを紹介

イベントレポート

楽天株式会社 代表取締役会長 兼 社長 三木谷 浩史 / 株式会社セールスフォース・ドットコム 会長 兼 CEO(最高経営責任者) マーク・ベ二オフ

イベントレポート初心に帰り、革新的に取り組めば つねに成長し続けることができる

楽天株式会社 代表取締役会長 兼 社長 三木谷 浩史 / 株式会社セールスフォース・ドットコム 会長 兼 CEO(最高経営責任者) マーク・ベ二オフ

楽天の三木谷氏が代表理事を務める新経済連盟が、「Japan Ahead —集え、日本を牽引する力—」をテーマに4月11日にウェスティンホテル東京にて『新経済サミット』を開催。多数の起業家や著名人が、講演やセッションを行った。本企画では、三木谷氏とセールスフォース・ドットコムの会長 兼 CEOのベニオフ氏とのセッションを一部抜粋してレポートする。

※下記はベンチャー通信72号(2018年7月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

世界でトップ5のソフトウェア企業をめざす

三木谷:「企業向けソフトウェアのクラウド化」というすばらしいコンセプトを、どうやって考えたのですか。

ベニオフ:当時の古いテクノロジーモデルは使用するのが難しすぎて、コストも高かった。とくに企業向けソフトウェアではコストを低く、より簡単に実行できないといけないと考えていました。そんなおり、私は『eBay』を使ったことをいまでも覚えています。人気のあるオークションサービスで、なにかをインストールする必要もなく、とても簡単に利用できました。そこで「あぁ、なぜ我々はこのような機能をもった企業向けソフトウェアをつくれないんだ」と考えたのです。それが我々の、ビジネスにおける原点でした。

三木谷:それがいまや、小さな企業だけでなく大企業も利用する世界的なサービスにまで成長したと。

ベニオフ:そうです。現在、我々には世界中で3万人以上の従業員がいます。会計年度が終わったところですが、我々は105億ドルの収入をえました。セールスフォースほど、早く成長した企業向けソフトウェア企業はほかにありません。今年は125億ドルの収入と、世界でトップ5のソフトウェア企業になることを目標としています。やがて200億ドル達成も最速となるでしょう。それが私の夢で、非常にエキサイティングです。

 そして、ここ日本は、セールスフォースにとって最速で成長を遂げている国なんです。

「どうすべきか」ではなく「どうすれば解決できるか」

三木谷:日本のメディアからよく受ける質問があるのですが、いいですか。

ベニオフ:ええ。

三木谷:日本のスマートフォン業界は、問題を抱えています。iPhoneについてよく冗談をいうのですが、なかの部品は日本で製造されているのに、その権利の95%はAppleです。どうすべきでしょうか。

ベニオフ:前提として、アメリカではそんな質問はしません。おそらく、それが問題の一部なんでしょう。まずは、適切な質問をすべきです。たとえば、「なぜ私は失敗するのか」という質問。もちろん、その人は失敗しています。「なぜ私は成功するのか」。もちろんその人は自分で成功していることがわかっています。要するに「どうすれば課題を解決できるか」を考えないといけません。初心に帰り、失敗を取り除き、パーフェクトに成功し、成長の基礎をつくり、革新的で創造的なアイデアをえられるようにするべきです。

 もちろん、これは日本人が身につけていること。だから、私は日本に来ているのです。私は、日本と日本経済を信じています。ときには、日本人以上に。現在、セールスフォースを通じて日本の会社の37社に投資していますよ。ですから、ぜひ日本がもつ革新、創造性、すばらしい人々、インフラ、トレーニング、ネットワークなどを見てください。日本は、すべての領域においてパーフェクトとまではいいませんが、多くのチャンスがあると思っています。だからこそ、私は日本で投資をしているのです。

来日して最初に向かうのは京都の龍安寺

三木谷:日本が好きなんですね。

ベニオフ:ええ、私は日本が大好きですよ。もちろん、日本で多くの成功事例があるのも影響していますが、東京でビジネスをするのは楽しいです。

 でも、東京に行く前に私がすることがあります。それは、京都に行くことです。今回も行ってきました。日曜日の朝、サンフランシスコで飛行機に乗り、月曜日の午前1時に大阪の関西国際空港に着き、車で京都に行って、まずは龍安寺に行ってきました。有名な15の石がある石庭をもつ寺です。そこで行うのは、「瞑想」。これは、最初の頃にもっていた心を引き起こすため。日本語では「初心」というのでしょう。初心を取り戻すことは非常に重要で、革新というのは日本の哲学からくると考えているのです。

 多くの偉大なアメリカの革新的起業家、たとえばスティーブ・ジョブズもそうでした。私の友人も龍安寺に行きます。そのなかには、ヨーロッパやアメリカのアーティストもいます。アメリカの映画ディレクターもそうですね。みんな同じ課題を抱えています。「もっと革新的でいるには、どうしたらいいか」ということです。革新について学ぶ最良の場所が日本であり、我々は龍安寺に行くのです。

革新的な人と話しあうそれが刺激につながる

三木谷:普段から革新的に取り組むためには、どうすればいいでしょう。

ベニオフ:もちろん、我々は革新的な文化をもっています。まず、失敗を評価すること。人は失敗します。しかし、チャンスにかけることはいいことです。ですから、失敗は革新の一部なんです。

 それから、先に話しましたが、初心に帰ること。ただ、古いアイデアにとらわれるのではなく、心をクリアにするのです。過去と未来は同じではありません。心をクリアにすれば、革新的なアイデアが生まれるのです。

 さらに、自分の周りに革新的で創造的で、ワクワクさせてくれる人がいる環境を意識的につくること。ですから私自身、いまこうしてお互いに話をしています。私たちはともに起業家であり投資家で、ビジネスで互いに敬意を表しています。そのため、互いにさまざまなことを話し、刺激しあっているのです。

―モバイルテクノロジー分野のさらなる成長に注目せよ

三木谷:そうした革新的に取り組むことに対して、日本人はあまり積極的だとはいえません。私たち日本人に、必要なものがおわかりでしょうか。

ベニオフ:いいえ。それはなんでしょう。

三木谷:楽観主義です。我々に必要なのは、より楽観的な心構えなんです。

ベニオフ:ええ。そう思います。

三木谷:多くの人は「なぜさらに事業を行うのか?」と尋ねてくるのですが、私の答えはつねに「なぜやらないのですか?」です。

ベニオフ:そのとおりですね。たとえば、モバイルテクノロジーの分野はいま大きな移行期を迎えています。まだ、モバイル革命の初期段階ですが、今後はどんどん進歩していくため、より革新的な取り組みが求められます。それを考えると、非常にワクワクします。日本にも、そのチャンスはありますよ。

三木谷 浩史(みきたに ひろし)プロフィール

1965年、神戸市生まれ。1988年に一橋大学商学部を卒業後、株式会社日本興業銀行(現:株式会社みずほ銀行)に入行。1993年、ハーバード大学にてMBAを取得。1995年に株式会社クリムゾングループを設立。1997年に株式会社エム・ディー・エム(現:楽天株式会社)を設立し、代表取締役に就任。インターネット・ショッピングモール『楽天市場』を成長させ、2000年に日本証券業協会へ株式を店頭登録。2004年にJリーグ・ヴィッセル神戸のオーナーに就任し、さらにプロ野球界にも参入。50年ぶりの新規球団・東北楽天ゴールデンイーグルスを誕生させた。2012年に一般社団法人新経済連盟の代表理事に就任。現在は楽天株式会社の代表取締役会長 兼 社長のほか、公益財団法人東京フィルハーモニー交響楽団理事長や東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会顧問なども務める。

マーク・ベ二オフ プロフィール

1964年、米カリフォルニア州生まれ。1986年、南カリフォルニア大学にて経営学の学士号を取得。AppleやOracleでプログラマとして活躍した後、1999年にセールスフォース・ドットコムを設立。企業向けのクラウドコンピューティング専業企業として、世界最大手に育て上げた。同社はいまや、世界でもっとも早く成長したトップ5のエンタープライズソフトウェア企業にまで発展。ベニオフ氏は、『Forbes』による「Innovator of the Decade」や、『Fortune』による2017年度の「今年の最優秀ビジネスパーソン」のリストで3位を獲得したほか、『Fortune』が選ぶ「世界のもっとも偉大なリーダー50人」や『ハーバードビジネスレビュー』が選ぶ「20 Best-Performing CEOs」に選ばれている。また、世界経済フォーラム評議員会のメンバーとして名を連ね、サンフランシスコにおける第4次産業革命の世界経済フォーラムセンターの会長を兼務している。

その他のイベントレポートの記事

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

ベンチャー通信

ベンチャー通信
ベンチャー情報雑誌

「ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを取材」をコンセプトに編集している、2000年創刊のベンチャー情報雑誌です。

ベンチャー通信への掲載・取材希望の方

ベンチャー企業の採用力強化、自社の成長性・知名度アップのため、ベンチャー通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

  • ベストベンチャー100
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • 人財力100 人材採用と育成に力を入れている100社
  • 活躍しているエンジニアの職場を取材!Tech通信ONLINE
  • INOUZ Times

ベンチャー通信メールマガジン

ベンチャー通信注目の企業や、ビジネスニュースなどの情報をお知らせします。

ご登録はこちら

pagetop