累計経営者579人に取材、掲載社数245ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを紹介

ベンチャー通信編集部注目の起業家インタビュー

セルプロモート株式会社 代表取締役 林 亮太

注目新領域の技術に挑み続け、理想のキャリアを歩んでほしい

セルプロモート株式会社 代表取締役 林 亮太

2,000社を超える強固な顧客基盤のもと、SI事業を展開するセルプロモート。多岐にわたる業界で培った最先端の開発実績を武器に、業績を着実に伸ばし、4年後の10期目には売上高100億円の大台を目指す。「エンジニアのスキルアップを通じたキャリアデザイン支援」に注力する同社代表の林氏に、エンジニアの技術力を高める体制づくりや今後の成長ビジョンなどを聞いた。

※下記はベンチャー通信79号(2020年4月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

高い技術力を武器に、クライアントは2,000社超

―事業内容を教えてください。

 SI事業を主力としています。同事業は2014年に私が以前在籍していた会社で立ち上げ、2019年1月に、事業部ごと独立して新たな会社として設立しました。事業部が発足した2014年をスタートにすれば現在6期目で、売上高は前期を5億円ほど上回る22億円に達する見込みです。来期は30億円、4年後の10期目には100億円の売上高を目指しています。

―成長の原動力はなんでしょう。

 クライアントの要求に応えられる、高い技術力をもった経験豊富なエンジニアがいることです。当社のエンジニアのスキルは、2,000社を超すクライアントとのつながりのなかでつねに磨かれています。自動車、電気・電子のほか、出版、不動産・建築、飲食、金融など多岐にわたる業界で活躍の場が広がっているため、新たな領域の技術習得を目指せる環境にあるのです。クライアントのなかには業界のトップ企業も多く名を連ねており、最新技術を学べるシステム開発の依頼なども多数あります。

 そういった最先端の開発現場で新たなナレッジを積み上げたエンジニアたちに、私が求めているのは、「迅速な対応」。クライアントのオーダーに、素早く的確に対応できてこそ、真のプロフェッショナルだと思うのです。今後、会社の成長を見すえた場合には、自社でそういったエンジニアを育成していくことが必要だと考えています。

―なぜ自社で育成することにこだわるのでしょうか。

 1社に所属しながら、さまざまな産業の第一線の現場で働ける環境は、ほかにはなかなかないからです。以前は、クライアントから技術提供の依頼をたくさんいただいた場合、ほかのSI事業会社に協力をお願いしていたこともありました。しかし、当社のエンジニアとくらべると、技術力に差があると感じるケースが多々あったのです。この差はどこから生まれるのかといえば、「どんな環境でも、安定した力を発揮できるキャリアを積んでいるかどうか」ということ。当社のエンジニアは、2,000社を超すクライアントとのつながりを背景に、基幹システム開発のほか、データベースやネットワーク構築の業務に携われ、さらに、開発工程のなかでも、「要件定義」「基本設計」「詳細設計」「プログラミング」などさまざまな工程で経験を積めます。私は、世の中の多くのエンジニアに、当社のこの環境をぜひ活用し、スキルを高めてほしいと考えているのです。

趣味のゲームが高じて、新たな事業部を立ち上げた

―どのような人材であれば、セルプロモートで活躍できるでしょう。

 好奇心が旺盛で、成長意欲を高くもつ人材ですね。たとえば、当社のあるWebデザイナーは、趣味のゲームを仕事にできないかと考え、「e-Sports業界向けのプラットフォームを開発したい」と私に相談してきました。あいにくそのとき、クライアントからそういった技術提供の依頼はなかったのですが、「どうしてもやりたい」と、マネタイズを考えてスポンサーつきのゲーム大会を開催する企画書までもってきました。「すごい熱意だな」と感心しましたね。最終的には、彼を責任者にして、e-Sports事業部を社内で新たに立ち上げました。彼はゲーム大会の運営をしながら、無我夢中でプラットフォームの開発に明け暮れています。

 社内のエンジニアには、「やりたいことがあれば、遠慮なく相談するように」と伝えています。自身のスキルを本気で高めたいと考えているのであれば、私は全力でそれを応援します。

キャリア形成を徹底支援し、輝くエンジニアを輩出したい

―エンジニアとして活躍を目指す若者にメッセージをお願いします。

 技術力の向上をつねに意識し、どのような環境でも活躍できるエンジニアを目指してほしいですね。その点、当社には、優れた技術やノウハウを身につけられる環境が整っているため、理想とするキャリアを歩むことができるはずです。さらに、キャリアデザインにそったスキルアップのあり方を考える「コーチング支援」や、起業したい場合は「バックオフィス業務をサポートする体制」まで整えています。

 「イキイキと輝いて働くエンジニアを生み出す」ことにこだわる当社で、ぜひ働いてみませんか。

林 亮太(はやし りょうた)プロフィール

1987年生まれ、埼玉県出身。2011年、法政大学経営学部市場経営学科卒業後、株式会社ネオキャリアに入社し、IT業界を中心とした人材紹介事業に従事する。2014年、モバイル向けコンテンツプロバイダのセルプロモート株式会社とフリーランス契約を結び、同社内にSI事業を立ち上げる。2019年1月、事業譲渡により新生・セルプロモート株式会社を設立、代表取締役に就任。

企業情報

設立 2019年1月
資本金 884万円
売上高 22億円(2020年6月期見込み)
従業員数 90名(2020年1月現在)
事業内容 SI事業、HR事業、OA事業、e-Sports事業
URL https://cellpromote.biz/

その他の注目起業家の記事

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

ベンチャー通信

ベンチャー通信
ベンチャー情報雑誌

「ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを取材」をコンセプトに編集している、2000年創刊のベンチャー情報雑誌です。

ベンチャー通信への掲載・取材希望の方

ベンチャー企業の採用力強化、自社の成長性・知名度アップのため、ベンチャー通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

  • ベストベンチャー100
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • 人財力100 人材採用と育成に力を入れている100社
  • 活躍しているエンジニアの職場を取材!Tech通信ONLINE
  • INOUZ Times

ベンチャー通信メールマガジン

ベンチャー通信注目の企業や、ビジネスニュースなどの情報をお知らせします。

ご登録はこちら

pagetop