累計経営者579人に取材、掲載社数289ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを紹介

著名起業家インタビュー

株式会社アシックス 創業者 鬼塚 喜八郎

著名起業家一点突破、全面展開

株式会社アシックス 創業者 鬼塚 喜八郎

敗戦直後の神戸にひとり降り立った鬼塚喜八郎。非行に走る少年、売春婦になる少女。そんな光景を見た鬼塚は、自分の一生を「日本の青少年の育成」に捧げることを決意する。世界的メーカー「アシックス」の創業者である鬼塚喜八郎は、起業の極意は「私心なき素直な心」だと言う。そして、取材の当日。85歳を過ぎた鬼塚に、起業家の気迫はいまだ健在だった。

※下記はベンチャー通信10号(2004年6月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

―敗戦直後の神戸に出てきて、どんなことを感じたんですか。

鬼塚:当時の神戸は、国際都市だった。無秩序に多くの外国人が入ってきて、街としては荒廃していた。治安も悪かった。空襲で家を焼かれた子供たちが、闇市場に流れ込んで、非行に走っていく。アメリカの進駐軍も進駐してきて、日本の少女がパンパンという売春婦になって、彼らの手先になっていましたよ。ひどい有様でした。僕は、そんな神戸を見て愕然としたんです。なんということだ。戦死していった戦友たちは、何のために死んでいったんだと。平和な日本をつくるために、子供たちを守るために、死んでいったはずなのに、なんてざまだと。
 そこで僕は決心したんです。日本の将来を担っていく日本の青少年のために一生を尽くすぞと。青少年を立派に育てて、健全な国民にしていくことが、自分の使命だと考えるようになった。

―青少年の健全な育成のために、なぜスポーツが大事だと考えたんですか。

鬼塚:スポーツの重要さは、そもそも堀という戦友に教えてもらったんです。教育の原点は、「健全なる身体に健全なる精神が宿る」ということだと。心身ともにバランスよく育ってはじめて立派な人格形成ができる。そしてスポーツには、スポーツマンシップがあるということを。
 1つ目に、スポーツにはルールがある。ルールを守らなければ、スポーツはできない。スポーツを通して、ルールを守る大切さを知る。ルールを守るのは、人間のいちばん基本的なことです。そして、2つ目に礼儀。スポーツマンは礼儀を重んじる。やはり人間は、一人では生きていけない。人と人との交わりの中で成長していく。相手に礼儀を尽くして、相手に認めてもらって、初めて相手が心を開いてくれる。

 3つ目に、スポーツマンはベストを尽くして闘う。ベストを尽くすとは、積極的に情熱を持って取り組むこと。それにより新しい技術を習得していく。時には負けることがあっても、ベストを尽くして闘ったら、負けても悔いは残らない。逆に今度は絶対に勝ってやるぞと、ハングリー精神が沸いてくるんです。そして、4つ目にチームワーク。実はこれがいちばん大事です。チームワークというのは、時には自分が犠牲になることもある。自分がみんなの踏み台になってチームを勝利に導くことだってある。
 むかし読売巨人軍に川上という有名な監督がいたんです。その川上監督に、いちど会って話を聞いたことがあった。なぜ巨人軍を強いチームに育てることができたのかと。その時に監督の口から出たのが、「チームワークの大切さ」だったんです。野球には、優秀な投手や優秀なバッターが必要だ。でも、それだけじゃ、勝てないんだと。みんながチームワークを組んで、はじめてその力が発揮される。そんな話を聞いたんです。

 また、こんな話も聞きました。4番バッターにバントを指示したことがあった。しかし、彼は監督の指示を無視して、バントをせずに三振してしまった。その試合は結果として負けた。その晩に川上監督は彼を呼んだんです。「お前は野球が分かっていない。プロじゃない!野球というのは、みんながチームワークを組んで初めて勝てるんだ。お前は明日から二軍へ行け!」。そうやって彼を諭した。

 でも彼は、「くそっ!監督は俺の実力を知らない!」とブツブツと文句を言った。それを聞いたコーチが、彼のもとに行って言ったんです。「おい、お前はなんて奴だ!さっき俺が監督のところに行ったら、監督が泣いていたぞ。なんであんなに素晴らしい能力を持った選手が、チームワークの大切さを分かってくれないんだ。あんなに素晴らしい能力を持っていても、チームの一員には加えられない。本当にもったいないと。残念でしょうがないと。そう言って監督が泣いていたぞ」。それを聞いた彼は、凍りついた。「俺が間違えていた。俺が悪かったんだ」と。そして、彼は川上監督のところに行って謝り、その次の日から一軍に復帰したんです。そんな話を聞きました。いい話でしょ。

 そして5つ目は、スポーツマンというのは、いつも自分と向き合って、自分自身を磨き続ける。また目標を立てて、その目標に向かって、練習を重ねる。スポーツとは、ただ体を動かすだけじゃなくて、精神鍛錬でもあるんです。

その他の著名起業家の記事

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

ベンチャー通信

ベンチャー通信
ベンチャー情報雑誌

「ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを取材」をコンセプトに編集している、2000年創刊のベンチャー情報雑誌です。

ベンチャー通信への掲載・取材希望の方

ベンチャー企業の採用力強化、自社の成長性・知名度アップのため、ベンチャー通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

  • ベストベンチャー100
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • 人財力100 人材採用と育成に力を入れている100社
  • 活躍しているエンジニアの職場を取材!Tech通信ONLINE
  • INOUZ Times

ベンチャー通信メールマガジン

ベンチャー通信注目の企業や、ビジネスニュースなどの情報をお知らせします。

ご登録はこちら

pagetop