累計経営者579人に取材、掲載社数327ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを紹介

著名起業家インタビュー

著名起業家逆風が吹いている今だからこそ、ベンチャーにチャレンジしてほしい

株式会社サイバーエージェント 代表取締役社長 藤田 晋

※下記はベンチャー通信28号(2007年11月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

―藤田さんは会社を経営する上でも直感を重視していますか。

藤田:そうですね。社長業というのは、まじめにコツコツ働いていけば、必ず成功するというものでもありません。時代の流れを読んで、「ここは力を入れるときだ」とか「ここは手を出してはいけない」と勝負勘を働かせたりすることも時として必要です。また、こういう勝負勘や場の流れを読むといったものは、大学時代に熱中していた麻雀で養われたのかもしれません(笑)。麻雀でポーカーフェイスの心理戦を経験したおかげで、勝負勘が磨かれたと思いますね。

―これから5年先、10年先のインターネットはどうなっていくと思いますか。

藤田:5年先、10年先のことは私も分からないし、誰にも分からないと思います。よく新卒採用の場なんかで、「将来のネットビジネスはこうなります」と言う人がいますが、それはある種すごく無責任な発言だと思います。変化の激しいネット業界での予測は不可能に近い。 なので、当社としてはあくまで予測できる範囲内で事業を展開し、等身大のサービスをつくっていきたいと思っています。

―最後に読者にメッセージをお願いします。

藤田:最近、起業志望の若者が減っていると思います。おそらく有名なベンチャー企業が相次いで不祥事を起こした影響だと思います。しかし、それは星の数ほどあるベンチャー企業のわずかな例に過ぎません。起業への風当たりが強まり、それが原因で若者の起業意欲が失われるのは惜しいことです。ベンチャー企業に追い風が吹いたり、逆風が吹いたりするのは、何年も前から繰り返されてきたことです。ベンチャーブームが訪れ、ブームが去る。この繰り返しです。

 また不思議なことに、成功するベンチャー企業は逆風の時期に起業したケースが多い。サイバーエージェントが設立された1998年もちょうどベンチャー企業に対して逆風が吹いていた時期でした。だから現在のような逆風が吹いている時期にこそ、若い人にはあえて起業にチャレンジしてほしいと思います。

藤田 晋(ふじた すすむ)プロフィール

1973年、福井県生まれ。青山学院大学経営学部を卒業後、株式会社インテリジェンスに入社。そのわずか一年後、株式会社サイバーエージェントを設立し、代表取締役に就任。2000年3月には当時の史上最年少(26歳)で東証マザーズに上場を果たす。著書に『渋谷ではたらく社長の告白』など。ブログ『渋谷ではたらく社長のアメブロ』http://ameblo.jp/shibuya/も人気。

企業情報

設立 1998年3月18日
資本金 67億4,514万7,584円(2007年6月末現在)
売上高 601億1,519万1,000円(2006年9月期実績)
従業員数 1,696名(2007年6月末時点)
事業内容 インターネットメディア事業、インターネット広告代理事業、投資育成事業
URL http://www.cyberagent.co.jp/

その他の著名起業家の記事

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

ベンチャー通信

ベンチャー通信
ベンチャー情報雑誌

「ニッポンを創るビジョナリーベンチャーを取材」をコンセプトに編集している、2000年創刊のベンチャー情報雑誌です。

ベンチャー通信への掲載・取材希望の方

ベンチャー企業の採用力強化、自社の成長性・知名度アップのため、ベンチャー通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

  • ベストベンチャー100
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • 人財力100 人材採用と育成に力を入れている100社
  • 活躍しているエンジニアの職場を取材!Tech通信ONLINE
  • INOUZ Times

ベンチャー通信メールマガジン

ベンチャー通信注目の企業や、ビジネスニュースなどの情報をお知らせします。

ご登録はこちら

pagetop